史跡 武田氏館跡(躑躅ヶ崎館跡)

躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)~武田信虎が築城し、信玄、勝頼と3代続いた戦国大名武田氏の中心地です。

【躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)】躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)は、山梨県甲府市古府中(甲斐国山梨郡古府中)にあった戦国期の居館(または日本の城)です。宝永2年(1705年)に甲府に入封した柳沢吉保は、それまで「古城」と…

山本勘助春幸屋敷

山本勘助晴幸屋敷~隻眼・片足不自由だが摩利支天のようだと称えられた軍師の屋敷跡。

土屋惣蔵昌恒の墓 入り口

土屋惣蔵昌恒~出自は金丸氏で武田家最後の家臣にて忠臣、子供は大名になります。

土屋右衛門昌続屋敷跡

土屋右衛門昌続とその屋敷跡~武田24将の一人で武田信玄死後3年間遺体を隠した場所とのことです。

要害山城 甲府

積翠寺にある武田信玄公産湯の井戸跡と背後の要害山城、続日本100名城です。

湯村山城

湯村山城~躑躅ヶ崎館の西の守りの詰めの城として武田信虎が築城しました。

清道院(武田信成館跡・赤甲城)

武田信成~武田信時の系統で安芸守護武田氏から甲斐国守護武田宗家となりました。

冷川不動尊 不動の滝

冷川(ひえかわ)不動尊~高源寺の不動院と伝わる場所~優しい雰囲気の滝があります。

【冷川不動尊(不動の滝)】不動明王のような強さを連想する名ですが、実は絹のような細い糸となって岩肌を伝い落ちる滝です。そのため、別名「絹の滝」の呼び方もされています。水源は箱根山系の八ヶ窪の湿原で、幾つもの絹糸を垂ら…

武田信義館跡

武田信義館跡~甲斐武田氏の祖である武田信義が館を構え、縁の地名も伝えられています。

石橋山合戦 古戦場

石橋山の戦い~源頼朝旗揚げの地!300VS敵3000!大敗するも真鶴から安房へ逃れて再挙を図る。

指月殿

指月殿~伊豆で最古の木造建築~北条政子が我が子である源頼家の菩提所として建立。

渋谷城の石垣のひとつ

渋谷城~都会の繁華街の片隅にひっそりと存在する古城跡~城主は渋谷氏

女塚史跡公園

女塚史跡公園~八重姫の5人の侍女たちの終焉の場所と伝わる処です

【女塚史跡公園】源頼朝との悲恋の末に命を断った八重姫と、侍女達の慰霊碑です。この公園は、源頼朝を慕い悲恋の最期を遂げた八重姫と5人の侍女たちの慰霊碑を中心とした公園です。面積は5500平方メートルで、小鳥や昆虫等の小動物…

伊呂波太夫

伊呂波太夫(いろはだゆう) 2020年NHK大河ドラマ「…

細川ガラシャ・宮津

細川ガラシャ(明智玉・明智珠)父・明智光秀~聡明で気高く…

土田御前

土田御前~織田信長の生母~信長を疎んじた理由とは?信長の…

興禅寺

興禅寺~黒井城の下館~明智光秀の重臣・斎藤利三が治めた春…

ピックアップ記事

  1. 寿福寺 北条政子
  2. 西教寺 総門
  3. 明智一族
  4. 大江広元の墓(西御門)
  5. 願成就院
  6. 明智光秀の妻子まとめ

おすすめ記事

  1. 源範頼~ひそやかに育てられ、兄の源頼朝のために尽力するも嵌められて消えてゆく 源範頼(墓所)
  2. 大胡城跡~上杉氏と小田原北条氏の攻防、そして徳川家康の天下の狭間で紡ぐ歴史 大胡城跡 本丸へ

ピックアップ記事

  1. 岩国城 模擬天守
  2. 鎌形八幡宮
  3. 高山城(安芸高山城)
  4. 峰上城 千葉県富津市
  5. 鶴岡八幡宮 舞殿
  6. 報国寺 竹の庭
  7. 五番領城 八幡宮
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP