武田信玄公の像

武田信玄~風林火山の軍旗のもとに、戦に明け暮れ駆け抜けていった53年の人生でした。

【武田信玄】武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。武田氏は清和源氏の中の河内源氏系の新羅三郎義光を祖とする甲斐源氏の棟梁です。武田氏は甲斐守護…

福井城 御廊下橋

結城秀康~徳川家康の次男、父から冷遇され兄の信康の計らいで対面を果たし、秀吉、結城氏の養子となる。

姫路城

池田輝政~徳川家康の婿殿で寡黙ながら大活躍し、姫路城を現在ある姿にしました。

駿府城

督姫~徳川家康の次女、和睦の為に北条氏直に嫁ぎ、その後は池田輝政と再婚して5男2女を授かりました。

相模湾 三浦半島 富士山

本多正信~一度は袂を分かつも盟友として家康を支え、徳川政権樹立の陰の立役者とされています。

蒲郡 三河湾

西郡局~家康の次女で北条氏直及び池田輝政の妻となった督姫の生母で姉妹にはお田鶴の方(椿姫)がいます。

椿姫観音

お田鶴の方(椿姫)~今川一族で祖母は寿桂尼、夫亡き後の城を守り緋威の甲冑を纏い家康と最期まで戦った烈女。

三浦義明公

三浦義明と衣笠城合戦~長老は自らの命を盾に三浦一族の未来を守りました。

【三浦義明】三浦 義明(みうら よしあき)は、平安時代末期の相模国三浦郡衣笠城の武将です。三浦荘(現神奈川県横須賀市)の在庁官人でした。桓武平氏の平良文を祖とする三浦氏の一族です。相模介・三浦義継の子です。和田義…

一幡之君袖塚

一幡~一幡之君袖塚~源頼家の長男として誕生するもわずか6歳で人生の幕を閉じる。

源頼家 墓所 修善寺

源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。

上時国家 出入り口

時国家(本家・上時国家)~能登平家の郷~祖先は平大納言時忠。源義経との関係は??

相良城跡

相良城跡~相良氏館⇒相良古城⇒相良御殿⇒相良陣屋⇒老中・田沼意次の近世相良城。

竹の径

郷御前(里)~父は河越重頼で祖母は比企尼、源義経に寄り添い最期を共にした正妻です。

【里(郷御前)】郷御前(さとごぜん、仁安3年〈1168年〉⇒文治5年閏4月30日〈1189年6月15日〉)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の女性です。武蔵国の豪族、河越重頼の娘です。母は源頼朝の乳母である比企尼の次女(河越…

丹後局 供養塔(横浜市戸塚)

丹後局(丹後内侍)、源頼朝の妻妾で比企一族ともされていま…

英勝寺 竹藪と小径

実衣(阿波局)(北条時政の娘)、梶原一族滅亡の火付け役?…

光秀と信長

お妻木~明智光秀の妹(義妹の説あり)~明智光秀と織田信長…

小田原城三の丸外郭 相模湾

糸(早川殿)~政略結婚で今川氏真の正室になりましたが、最…

ピックアップ記事

  1. 願成就院
  2. 寿福寺 北条政子
  3. 明智光秀の妻子まとめ
  4. 西教寺 総門
  5. 小見の方 (おみのかた)
  6. 明智一族

おすすめ記事

  1. 明智光秀について、駆け足で手短にわかる明智光秀の生涯。 伝・明智光秀の肖像画
  2. 木曽福島関所~中山道にあった関所で東海道の今切関所や箱根関所と同等の扱いでした。 木曽福島関所跡

ピックアップ記事

  1. 田代砦
  2. 肥田城跡
  3. 長浜城 本丸跡
  4. 下田城址(下田公園)
  5. 大原観音寺 石田三成の井戸
  6. 井伊直政
  7. 鎌形八幡宮
  8. 山吹城跡 登城口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP