鎌倉殿の13人

阿波局(北条時政の娘)~梶原一族滅亡の火付け役?夫は源頼朝の弟で源実朝の乳母だが姉同様に我が子を失う

英勝寺 竹藪と小径




【阿波局】

阿波局(あわのつぼね、
生年未詳⇒ 嘉禄3年11月4日(1227年12月13日))は、
鎌倉時代初期の北条氏の女性です。
初代執権北条時政の娘です。本名は不明です。

【阿波局の生涯】
異母姉妹に源頼朝の妻の北条政子がいます。
母は、伊東入道の娘で、
北条宗時北条義時の同母兄妹に当たります。
義兄である源頼朝の異母弟である
阿野全成に嫁ぎ、四男の阿野時元をもうけます。
その後、甥である源頼朝の次男の源源実朝の乳母となります。
なお、「吾妻鏡」には阿野全成の「妾」と記されています。

梶原景時の変の火付け役?】
源頼朝が死去し、嫡男である源頼家が跡を継いで
数ヶ月後の正治元年(1199年)10月25日、
御家人の一人である結城朝光が
侍所の詰め所で在りし日の
源頼朝の思い出を語ります。
「『忠臣、二君に仕えず』というが、
自分も出家してそうするべきだったと
悔やまれる。
なにやら今の世は薄氷を踏むような思いだ」
と述べたそうです。

その翌々日の27日、
阿波局が結城朝光に
「梶原景時が、先日の発言が
謀反心のある証拠だとして讒訴し、
あなたはすでに殺される事になっている」
と告げたそうです。
驚いた結城朝光が御家人たちに呼びかけ、
梶原景時を糾弾する御家人66名の
連判状を作成し、源頼家に提出します。
11月13日、
梶原景時は鎌倉を追放され、
翌年の正月に都へ向かう道中で
一族もろとも滅ぼされたのでした。

【阿野全成と源頼家の死】
梶原景時滅亡の3年後、
北条氏と2代将軍源頼家との争いが激化。
建仁3年(1203年)5月19日に
北条氏側と見られた夫の阿野全成が
源頼家の手の者により謀反人として
捕らえられて殺害されました。
源頼家は阿波局も逮捕しようとしましたが、
北条政子が引き渡しを拒否します。
その後源頼家は北条氏が中心となって
鎌倉を追放され、幽閉されたのち
北条義時の手の者に殺害されました。

【北条政子に源実朝の危機を知らせる】
阿波局はその後も源実朝に仕えました。
比企能員の変の直後に
「時政邸に若君(実朝)を置いておくのは、
その妻牧の方に悪意があって、
乳母としては危険を感じる」と
姉の北条政子に伝え、
源実朝の身柄を北条政子邸に引き取らせています。





源氏の血筋の阿野時元が誅殺される】
源実朝が暗殺された後、
息子である阿野時元が謀反の疑いで
北条義時の命により誅殺されてしまいましたが、
その際に阿野時元を弁護したなどの記録はなく、
その後の動向は明らかにはなってはいません。
源実朝死後、清和源氏嫡流の血筋を引く
男子が複数存命でしたが、
北条政子や北条義時は
親王将軍の迎え入れを
後鳥羽上皇院政下の朝廷に要請し、
源氏の血統が次々と粛清されています。
阿野時元の事件もその一環として
起こったという見方があります。

嘉禄3年に亡くなったときには伯母に
当たるという理由で北条泰時が30日の喪に服しています。
阿波局の墓所は判明していません。

2022年NHK大河ドラマ
鎌倉殿の13人」では
宮澤エマ(みやざわえま)さんが演じられます。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

北条時政~先見性を持ち才腕を振るって幕府の実権を掌握するが暴走して寂しく去る。

北条政子~いちずに恋した乙女は幾多の悲しみと困難を乗り越え尼将軍となった。

源実朝~3代将軍にて天才歌人~繊細で思慮深く秘めた志あり、やがて雪の中に散っていく。

阿野全成~源頼朝の異母弟で源義経の同母兄~妻の実家側について甥の源頼家とやがて対立する。

北条義時~鎌倉幕府2代執権・冷酷無情なリアリスト?現実を客観視して行動できる理想家なのか?

北条時子~足利義兼の正室で北条政子の同母妹、身の潔白の為に自害。お腹が膨れた原因は寄生虫の可能性あり。

北条泰時~道理の人~北条執権政治の中興の祖で御成敗式目を制定した。

牧の方~北条時政を操り?陰謀を巡らせジャマな将軍や御家人たちを消したヤバすぎる人

北条宗時~北条時政の嫡男であったが石橋山の戦いで散る~異説有り。

源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。

梶原景時~鎌倉ノ本体ノ武士~文武両道で実務能力の高さ故に疎まれやがて滅ぶ。

比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕府創立の陰の功労者。

比企能員~源頼朝を支え有力御家人として権勢を握るも北条氏に嵌められ1日で滅ぶ。

伊賀の方~北条義時の継室で7代執権の北条政村の生母、伊賀氏の変は政子との女性の戦か?

関連記事

  1. 鶴岡八幡宮 源氏池 結城朝光~誇り高く抜け目ない政治力と巧みな弁舌で鎌倉幕府に重きを…
  2. 音無神社 頼朝と八重姫 音無神社~源頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた伝承の地~ひぐらしの森で…
  3. 梶原御霊神社 梶原景時~鎌倉ノ本体ノ武士~文武両道で実務能力の高さ故に疎まれや…
  4. 修善寺 竹林 牧の方~北条時政を操り?陰謀を巡らせジャマな将軍や御家人たちを消…
  5. 厳島神社 鳥居(周防大島) 平宗盛~最後の平家の棟梁~偉大なる父の跡はいばらの道だらけ、イク…
  6. 鑁阿寺 鐘楼 北条時子~足利義兼の正室で北条政子の同母妹、身の潔白の為に自害。…
  7. 五所八幡宮(中村荘司御殿跡付近) 中村宗平~中村党の祖で源頼朝を支えてきた武士団で、鎌倉党とは大庭…
  8. 源範頼(墓所) 源範頼~ひそやかに育てられ、兄の源頼朝のために尽力するも嵌められ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 柴田源左衛門勝定~明智光秀家臣~勝定と勝全は同一人物か別人か?柴田氏の出目は尾張? 柴田勝定

ピックアップ記事

  1. 道三塚・石碑
  2. 伊藤氏の館跡 物見塚公園
  3. 長宗我部元親の像
  4. 満江御前屋敷跡(大屋敷)
  5. 修善寺城跡
PAGE TOP