城跡

周防瀬田城、大内氏に属していましたが、毛利氏に従った小方氏の城でした。

周防瀬田城




【周防 瀬田城】

築城年代は定かではありませんが、
小方氏によって築かれたと云われています。
小方氏は安芸国小方(現在の大竹市)の
土豪でしたが、
文明8年(1476年)、
小方盛康が子の小方與康に与えた譲状に
周防国玖珂郡内とあります。
この時にはすでに玖珂郡内に
所領を持っていたと考えられます。

瀬田城主の小方氏は大内氏に属していました。
弘治元年(1555年)、
陶晴賢が厳島合戦で敗れると、
毛利の軍勢は周防へと侵攻してきます。
蓮華山城主の椙杜隆康、鞍掛山城主の杉隆泰、
瀬田城主の小方元康も毛利氏に降伏しましたが、
杉隆泰は大内義長に内通していたことから、
毛利氏に攻められ
鞍掛山合戦となりました。
この戦いで小方元康は
杉隆泰を討ち取っています。小方元康,小方隆忠
瀬田城は島田川に面した微高地に築かれていました。
現在は交益会館が建っており
遺構はなくなってしまっています。
もともとは標高63m、
比高20m程の丘陵があったとのことですが、
現在は平地になっており、
入口に塚状に取り残した土盛の上に祠があります。

周防瀬田城 祠

同族と考えられる小方氏として、
厳島神領の代官職を務めていた、
安芸・藤掛尾城の小方加賀守がいます。
その子である小方隆忠は、
藤懸ノ城の戦いでも活躍したとのことです。

【所在地】
所在地: 〒742-0315 山口県岩国市玖珂町瀬田4619−1

鞍掛山城と鞍掛合戦千人塚~毛利氏の防長経略・鞍掛合戦の舞台となった処です。

蓮華山城 ~毛利家臣となった椙杜氏の本拠地、 ご先祖様は初代問注所執事の三善康信です。

安芸草津城~古代から水運の重要拠点であり、児玉氏が城代となって毛利水軍の基地となった城です。

関連記事

  1. 安芸高木山城 安芸高木山城について・沼田荘の開発領主であった沼田氏の居城であり…
  2. 熊野城跡(島根県) 熊野城~尼子十旗のひとつで月山富田城の防衛の要
  3. 宇都宮城址 宇都宮城~800年の歴史を誇る関東七名城~宇都宮氏が築城し本多正…
  4. 相良城跡 相良城跡~相良氏館⇒相良古城⇒相良御殿⇒相良陣屋⇒老中・田沼意次…
  5. 鐙摺山と小浜海岸 鐙摺山(鐙摺城址)とは?小坪合戦(畠山VS三浦)・伊東祐親終焉の…
  6. 宿毛城(松田城)跡 宿毛城跡(すくもじょう)~長宗我部氏の西の拠点となった城
  7. 大見城跡 伊豆 大見城跡(伊豆)~鎌倉御家人の大見氏はやがて越後に行き、水原氏か…
  8. 鳶ケ巣城(出雲) 鳶ケ巣城~宍道湖の水運を押さえる戦略的重要性のある要害。登山口に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 逸見昌経(祖は甲斐源氏)が築いた高浜城・足利義満も訪れた「八穴の奇勝」で策を練る 高浜城 明鏡洞

ピックアップ記事

  1. 筒井順慶墓所
  2. 明智光秀公の像と南郷池
  3. 能登・野崎城(砦)跡
  4. 高浜城 明鏡洞
  5. 伊平次
PAGE TOP