城跡

上野・諸城~峠の番所と街道の物見を兼ねた城か?築城者は不詳で武田氏?今井氏?

諸城(上野国)



スポンサーリンク



【諸城(上野国)】

諸城は、神流川を挟んで
上野村役場の東側に
そびえている比高80mほどの山稜にあります。
「道の駅うえの」の西側に
そびえる山の北の鞍部です。

諸城(上野国)

南側の比高110mの地点に
ピーク部がありますが、
城郭は山頂ではなく
北側に降りた鞍部にあります。
かなり破壊されてはいますが、
主郭周囲には三日月状の堀切や
主郭前後の土塁があるそうです。
主郭手前にはこちらもかなり
削り取られてはいますが、
土橋と土橋と主郭の間には
半分くらい削られた郭跡があるそうです。

【地理地形】
諸城は、桧峠の南の尾根の
標高600m付近に築かれています。
この尾根にはハイキングコースが
整備されており、、
いくつかの登り口があるようです。

【構造】
城の中心部は、北側に櫓台を設け、
その南に堀切と主郭、
主郭の南辺に土塁と堀切が
確認できるとのことです。
さらに櫓台北側の尾根上の縦長の曲輪跡と
その先端の堀切脇の竪堀が、辛うじて残っています。
峠の番所と街道の物見を兼ねた
城であったとみられています。

【築城・城主】
城の構造を鑑みると
おそらくは戦国期だろうと
推測されますが詳細は不明です。
城主や城代も不詳です。
「日本城郭体系」では、
諸城の築城時期を
永禄年間としているとのことです。
また三日月状の堀切などが
あることから武田氏の関与も
指摘されているそうですが不明です。
あるいは武田氏に備えての築城や整備の
可能性もあります。

また一方で木曽義仲討伐後に
移り住んだ「今井氏」の一族の
子孫の関与もあるそうですが、
詳細は不明です。

現在、子孫の方は
「今井家旅館」を経営なさっています。

【所在地】
〒370-1613 群馬県多野郡上野村勝山238

徳音寺にある木曽(源)義仲公之墓と小枝御前・巴御前・樋口兼光・今井兼平の墓、義仲館と巴淵

今井城(今井砦)~木曾義仲家臣で巴御前とは兄弟である今井四郎兼平の居城という伝承があります。

千石墻の砦~小幡信真の配下であった浅香播磨守重明が秩父地方の攻略時に築いた砦とのことです。

尾附城 ~山中衆の土屋山城守高久が築城、武田の武将小幡氏の重臣である熊井土氏の配下です。

関連記事

  1. 神岡城 模擬天守 神岡城跡(東町城)~築城は飛騨の国人である江馬氏~父は武田、子は…
  2. 西尾城址(三河国) 西尾城~城独自の特徴として二ヶ所の屏風折れがある土塀があります。…
  3. 下野 藤沢城址 下野・藤沢城~下野の島津氏~佐野氏家臣、鍋山衆としての小曾戸氏
  4. 北条氏邸跡(円成寺跡) 北条氏邸跡(円成寺跡)~北条氏の本拠地で鎌倉幕府滅亡後は尼寺とし…
  5. 史跡 武田氏館跡(躑躅ヶ崎館跡) 躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)~武田信虎が築城し、信玄、勝頼と3代続い…
  6. 鹿島城址(常陸国) 鹿島城(常陸国)~平安時代末期に鹿島氏によって築城されました。築…
  7. 岩津城跡 松平信光 松平信光と岩津城~三河松平氏3代目当主で戦国大名・松平氏の基礎を…
  8. 三好長慶像 三好長慶~最初に天下統一を成し遂げた武将~大阪一帯を見渡せる飯盛…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 明智光秀の死因は?「明智光秀の最後を特集」 明智光秀の死因は

ピックアップ記事

  1. 源頼朝公の像
  2. 岡崎城 辰巳櫓
  3. 桜並木 河原
  4. 静岡 渋川館付近
  5. 伝源経基館跡 六孫王碑
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP