鎌倉殿の13人

徳音寺にある木曽(源)義仲公之墓と小枝御前・巴御前・樋口兼光・今井兼平の墓、義仲館と巴淵

徳音寺(木曽)山門



スポンサーリンク



【徳音寺】

徳音寺(とくおんじ)は、
長野県木曽郡木曽町日義にある
臨済宗妙心寺派の寺院です。
山号は日照山。

徳音寺(木曽)山門 説明

【概要】
源義仲一族の菩提寺です。
元は、上流の巴淵近く、
山吹山の麓の集落に栢原寺がありましたが、
土石流の被害により、現在地に移し、
徳音寺としたということです。
栢原寺があった集落の地区名は
徳音寺というそうです。
天正7年(1579年)大安和尚が中興し、
現在の堂宇は幕末の再建であるとのことです。

境内には源義仲、
源義仲の母小枝御前
巴御前樋口兼光
今井兼平の墓、
源義仲の遺品などを展示した
宣公資料館があるとのことです。
また、隣接して義仲資料館の義仲館があります。

【所在地】
〒399-6101 長野県木曽郡木曽町日義124−1

木曽(源)義仲公ご霊廟>
木曽(源)義仲公ご霊廟

<木曽(源)義仲公の墓>
中央です。
木曽(源)義仲公の墓

小枝御前・今井兼平の墓>
小枝御前・今井兼平の墓

<樋口兼光・巴御前の墓>
樋口兼光・巴御前の墓

<巴御前の像とつらぬき石>
巴御前の像とつらぬき石

<義仲館>
(営業)
午前9時~午後5時

義仲館

(休館日)
月曜日(祝日の場合は、その直後の祝日でない日)
年末年始(12/29ー1/3)

(入館料)
大人:300円
中学生以下:無料

<義仲館・木曽義仲公と巴御前の像>
義仲館・木曽義仲公と巴御前の像

<義仲館・遊具>
義仲館・遊具

【駐車場】
徳音寺と義仲館共通の駐車場があります。

【トイレ】
義仲館の遊具付近に
男女別の水洗トイレがあります。

【自販機】
トイレの近くにあります。
水分補給や休憩にどうぞ。

<巴淵>
巴淵

<巴淵・東屋>
巴淵・東屋

<巴淵・説明>
巴淵・説明

<所在地>
〒399-6101 長野県木曽郡木曽町日義
※木曽川にかかる「ともえ橋」付近です。旧中山道です。

<駐車場>
5台くらい駐車できます。

木曾義仲(源義仲)河内源氏の一族で源頼朝とは従兄弟、美男子で信義と情を備えていたが武骨で公家文化には疎かった

木曽義仲公館跡(旗挙八幡宮)~治承4年(1180年)千余騎を従え平家打倒の旗挙をした地です。

今井城(今井砦)~木曾義仲家臣で巴御前とは兄弟である今井四郎兼平の居城という伝承があります。

巴御前~強弓の名手で荒馬乗りの美貌の女武者、常に木曾義仲の傍にいたが最期の時だけは叶わず。

興禅寺にある木曽義仲公之墓、木曾義康・木曽義昌父子、山村氏歴代の墓地もあります。

善栄寺(小田原市)~北条氏康夫人・木曾義仲・巴御前・二宮尊徳のお墓があります。

須原城~木曽氏が築城し須原宿として栄え馬籠宿から洗馬宿までの街道を整備しました。

木曽小丸山城~応永年間(1394年~1428年)に築かれた山城です。

上之段城~小丸山城に代わる居城として木曽義在によって築城されました。

木曽福島城~天文年間に木曽義康が築城、後に小笠原氏に攻め込まれました。

木曽福島関所~中山道にあった関所で東海道の今切関所や箱根関所と同等の扱いでした。

馬籠宿~中山道・木曽路

妻籠宿~中山道・木曽路

奈良井宿~中山道34番目の宿場で最も標高が高く日本最長の宿場町。C12静態保存(デフ付)あり。

三留野 SL公園~かつての三留野宿にD51351が腕木式信号機と共に静態保存されています。

赤沢自然休養林(日本三大美林)の森林鉄道に乗車しました。森林浴発祥の地です。

臨川寺~天下の奇勝「寝覚めの床」があり、浦島太郎が住み着いた地との伝説があります。

関連記事

  1. 柴田勝家像 柴田勝家~鬼柴田~武骨で勇猛果敢、幾多の戦を潜り抜け、潔く北ノ庄…
  2. 伊東祐親公の像 伊東佑親~源頼朝の配流地の監視役で八重姫の父であり、北条義時・曽…
  3. 長井道利 長井道利~中濃衆~義龍に父との決別を促し明智を滅ぼす・出自も最期…
  4. 報国寺 竹の庭 伊賀の方~北条義時の継室で7代執権の北条政村の生母、伊賀氏の変は…
  5. 草戸稲荷神社 草戸稲荷神社~広島県で2番目に参拝者が多い神社で有名、門前町とし…
  6. 寿福寺 北条政子 北条政子~いちずに恋した乙女は幾多の悲しみと困難を乗り越え尼将軍…
  7. 比企一族の墓 妙本寺 比企能員の妻~「鎌倉殿の13人」では道、渋河氏、三浦氏と比企氏、…
  8. 鑁阿寺 鐘楼 北条時子~足利義兼の正室で北条政子の同母妹、身の潔白の為に自害。…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 武田勝頼~甲斐源氏・戦国大名としての甲斐武田氏最後の当主、素質と環境が合わず悲劇が訪れます。 武田勝頼公

ピックアップ記事

  1. 鵜丸城 温泉津
  2. 高天神城址 高天神社
  3. 新井城址碑
  4. 向井羽黒山城(遠景)
  5. 常栄寺 ぼたもち寺
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP