史跡・城跡

石橋城(慈昌院)~石橋奥平氏の居館跡で奥平貞勝に対して謀反を企むも逆に討ち取られる。

石橋城(慈昌院)



スポンサーリンク



【石橋城(慈昌院)】

石橋城は奥平家2代当主・奥平貞久の次男、
石橋弾正久勝の居城です。
石橋久勝の子である繁昌は主家である
奥平貞勝が二十代前半の若さで
当主になったことに不満を持ち、
謀反を企みましたが事前に露見し、
奥平貞勝の命を受けた
土佐定雄によって攻められ討ち死にしました。
現在城址には石橋山慈昌院が建てられており、
遺構として土塁を確認できます。

石橋城(慈昌院)

【縄張形態】
居館

【築城主】
石橋久勝

【築城年】
応永年間(1394年〜1428年)

【主な城主】
石橋奥平氏

【遺構】
曲輪、土塁、空堀

現在は慈昌院。
遺構は境内奥の土塁が一番分かりやすいです。
単郭の城(居館)でした。

【所在地】
〒441-1414 愛知県新城市作手清岳寺屋敷3

【交通アクセス】
(電車)
JR飯田線「新城」駅からバスに乗り
「つくで手作り村」バス停下車、徒歩1分
※バスの運行については最新の情報をご確認下さい。
(車)
新東名高速道路「新城IC」から30分程度

【駐車場】
●慈昌院駐車場
●道の駅「つくで手作り村」駐車場

亀山城~群馬からやってきた奥平氏が築城し、やがては山家三方衆と呼ばれる有力土豪になった。

奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏と戦国の世を渡り歩き84歳まで生きた。

塞之神城~古宮城に隣接する山城で築城は奥平氏とも奈良時代の米福長者とも武田氏とも云われています。

古宮城 (日本続100名城)~武田信玄が三河侵攻の拠点として築城させ、徳川・奥平氏によって 攻められ落城。

亀姫(徳川家康の長女)、母は築山殿で夫の奥平信昌との間には4男1女を授かりました。

設楽城跡~鎌倉時代初期に設楽氏が築城した愛知県で最も古い城跡であるそうです。

関連記事

  1. 瀬田城址 瀬田城~琵琶湖の浮城~甲賀衆を祖とする山岡景隆。本能寺の変後、光…
  2. お雪供養塔 お雪供養塔~一条兼定の想い人~
  3. 下時國家 時國家(下時国家)~能登平家の郷~ご先祖様は平大納言時忠
  4. 新選組殉難の地 如来堂・斉藤一本陣跡、新選組殉難の地~斎藤一は会津に残り、土方歳…
  5. 天橋立・九世戸 天橋立~九世戸~明智光秀が細川藤孝・細川忠興の招きで訪れた日本三…
  6. 皆鶴姫の碑(会津) 皆鶴姫の碑~源義経に恋した悲恋の姫の墓、源義経が逃亡中に馬を繋い…
  7. 善栄寺 木曾義仲・巴御前墓 善栄寺(小田原市)~北条氏康夫人・木曾義仲・巴御前・二宮尊徳のお…
  8. 五所八幡宮(中村荘司御殿跡付近) 中村宗平~中村党の祖で源頼朝を支えてきた武士団で、鎌倉党とは大庭…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 柴田源左衛門勝定~明智光秀家臣~勝定と勝全は同一人物か別人か?柴田氏の出目は尾張? 柴田勝定

ピックアップ記事

  1. 神田藏屋敷稲荷神社(大宮城跡)
  2. 城前寺(小田原)
  3. 太田道灌 銅像(越生駅)
  4. 疋田城跡
  5. 音無神社 頼朝と八重姫
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP