史跡・城跡

石橋城(慈昌院)~石橋奥平氏の居館跡で奥平貞勝に対して謀反を企むも逆に討ち取られる。

石橋城(慈昌院)



スポンサーリンク



【石橋城(慈昌院)】

石橋城は奥平家2代当主・奥平貞久の次男、
石橋弾正久勝の居城です。
石橋久勝の子である繁昌は主家である
奥平貞勝が二十代前半の若さで
当主になったことに不満を持ち、
謀反を企みましたが事前に露見し、
奥平貞勝の命を受けた
土佐定雄によって攻められ討ち死にしました。
現在城址には石橋山慈昌院が建てられており、
遺構として土塁を確認できます。

石橋城(慈昌院)

【縄張形態】
居館

【築城主】
石橋久勝

【築城年】
応永年間(1394年〜1428年)

【主な城主】
石橋奥平氏

【遺構】
曲輪、土塁、空堀

現在は慈昌院。
遺構は境内奥の土塁が一番分かりやすいです。
単郭の城(居館)でした。

【所在地】
〒441-1414 愛知県新城市作手清岳寺屋敷3

【交通アクセス】
(電車)
JR飯田線「新城」駅からバスに乗り
「つくで手作り村」バス停下車、徒歩1分
※バスの運行については最新の情報をご確認下さい。
(車)
新東名高速道路「新城IC」から30分程度

【駐車場】
●慈昌院駐車場
●道の駅「つくで手作り村」駐車場

亀山城~群馬からやってきた奥平氏が築城し、やがては山家三方衆と呼ばれる有力土豪になった。

奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏と戦国の世を渡り歩き84歳まで生きた。

塞之神城~古宮城に隣接する山城で築城は奥平氏とも奈良時代の米福長者とも武田氏とも云われています。

古宮城 (日本続100名城)~武田信玄が三河侵攻の拠点として築城させ、徳川・奥平氏によって 攻められ落城。

奥平信昌~攻防最前線である奥三河の国人、徳川家康の娘婿となり、武田軍猛攻の中長篠城を死守する。

亀姫(徳川家康の長女)、母は築山殿で夫の奥平信昌との間には4男1女を授かりました。

設楽城跡~鎌倉時代初期に設楽氏が築城した愛知県で最も古い城跡であるそうです。

関連記事

  1. 三舟山(三船山)古戦場 千葉県富津市 三舟山(三船山)古戦場~北条氏政VS里見義弘の激闘の結果、里見氏…
  2. 能満寺 能満寺(遠州臨済の三名寺)と能満寺の大ソテツ~国の天然記念物で日…
  3. 藤原秀郷公墳墓 藤原秀郷公墳墓と藤原秀郷~関東武士の憧れであり平将門の乱を平定し…
  4. 将門塚(平将門首塚) 将門塚~平将門公の首を祀る塚で大都会の超一等地に鎮座し、現在も静…
  5. 武田信義館跡 武田信義館跡~甲斐武田氏の祖である武田信義が館を構え、縁の地名も…
  6. 怒田城(横須賀) 怒田城・大矢部城・小矢部城~三浦一族の本拠地である衣笠城の支城で…
  7. 熊川城 熊川城~沼田麝香(細川マリア)の出身地・細川藤孝正室で細川ガラシ…
  8. 日向薬師(神奈川県伊勢原市) 日向薬師~日本三大薬師の一つで開山は奈良時代、薬師如来の霊場とし…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 笠木館~笠木御所とも呼ばれ北畠氏の一門である坂内氏の居館、県内屈指の中世の居館跡となります。 笠木館(三重県)

ピックアップ記事

  1. 勝浦城址 安房
  2. 桃林寺(石垣島) 本堂
  3. 西郷頼母
  4. 三河黒川城跡
  5. 富士塚城址
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP