城跡

塞之神城~古宮城に隣接する山城で築城は奥平氏とも奈良時代の米福長者とも武田氏とも云われています。

塞之神城



スポンサーリンク



【塞之神城】

塞之神城の詳細は不明です。
元亀年間に武田信玄と和睦した奥平氏
文殊山城とともに築いたとされています。
元々は奈良時代に三河三大長者のひとりで
作手郷開拓の祖といわれる
米福長者によって築かれたとする説もあります。
武田方の拠点として築かれた古宮城と
連携して作手往還を防衛する
出城として使用されたと考えられています。
虎口や堀切などの遺構からは
武田氏によって改修された跡が伺えます。

文殊山山頂中央には地元有志により
奉納された文殊菩薩石像があり、
台石には「西須山村東市場村」と刻まれ
当時の村界だった事が分かります。
宝篋印塔の左手に足助町有志が奉納した
笠付きの円柱石塔があり、
この山は近世から近代にかけた
信仰の山であったのでした。

作手街道を挟んだ古宮城の隣の山城です。
複雑な縄張りで遺構はよく残り、
特に主郭周りの土塁は高いです。
文殊山城より尾根道を通って攻城、
古宮城西に下山することができます。
案内板と標識があります。

眺望はありません。
文殊山から20分程です。

【別称】
塞神城・塞ノ神城・本城山砦・本城・砦城

【縄張形態】
山城

【標高(比高)】
828m( 80m )

【築城主】
奥平氏か?
武田氏か?

【築城年】
元亀年間(1570年~1573年)か

【主な改修者】
武田氏か

【主な城主】
武田氏か

【遺構】
曲輪、土塁、堀切、井戸

【指定文化財】
市史跡

【交通アクセス】
<電車>
JR飯田線「新城」駅から
新城市Sバス作手線に乗り
「つくで手作り村」バス停下車、徒歩43分
※バス運行については最新の情報を入手ください。

文殊山城から尾根伝いの
遊歩道を利用して徒歩約20分

<車>)
新東名高速道路「新城IC」から47分
東名高速道路「豊川IC」から53分
東名高速新城IC⇒国道151号線⇒
国道301号線⇒林道

【駐車場】
文殊山城の駐車場を利用(3台)

【所在地】
愛知県新城市作手清岳字本城

亀山城~群馬からやってきた奥平氏が築城し、やがては山家三方衆と呼ばれる有力土豪になった。

石橋城(慈昌院)~石橋奥平氏の居館跡で奥平貞勝に対して謀反を企むも逆に討ち取られる。

奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏と戦国の世を渡り歩き84歳まで生きた。

古宮城 (日本続100名城)~武田信玄が三河侵攻の拠点として築城させ、徳川・奥平氏によって 攻められ落城。

亀姫(徳川家康の長女)、母は築山殿で夫の奥平信昌との間には4男1女を授かりました。

関連記事

  1. 津幡城跡(物見砦) 津幡城~平維盛が砦を築き、富樫氏が戦い、上杉謙信が布陣、前田利家…
  2. 石見城 石見城~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」、芋代官「井戸平…
  3. 湯村山城 湯村山城~躑躅ヶ崎館の西の守りの詰めの城として武田信虎が築城しま…
  4. 修善寺城跡 修善寺城~南北朝時代の関東管領及び伊豆守護であった畠山国清の乱
  5. 勝間田城跡 説明 勝間田城跡~かつての名門一族の支配地は茶畑が広がる丘陵地
  6. 渋谷城の石垣のひとつ 渋谷城~都会の繁華街の片隅にひっそりと存在する古城跡~城主は渋谷…
  7. 高部屋神社 糟屋有季~糟屋(糟谷)氏の所領は伊勢原市一帯で横山党とも繋がりが…
  8. 西方城 西方城~宇都宮一族の西方氏~皆川氏との激戦が繰り広げられた城



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 修善寺城~南北朝時代の関東管領及び伊豆守護であった畠山国清の乱 修善寺城跡

ピックアップ記事

  1. 勝浦城址 安房
  2. 井田城址 神社
  3. 日牟禮八幡宮
  4. 鏡石鹿嶋神社(南高久田館)
  5. 熊川城
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP