城跡

離室城~築城は室町時代で城主の君島氏は千葉氏族である大須賀氏の一族でした。

離室城跡



スポンサーリンク



【離室城】
離室城跡(はなれむろじょうあと)

康暦2年(1380年)、
宇都宮氏の著しい躍進と
外交手段により塩原に進入してきた
君島信濃守(きみしましなののかみ)は
塩原温泉を守護するため、
新たに出城を造り「離れ室」と称しました。
この城は、前方を箒川に巻かれ、
後ろには山を背負い、
眼下に塩原の盆地を一望することができ、
守りに堅く、攻めるに困難な「地の利」を
しめた地勢であったとのことです。

城郭は東西約50メートル、
南北約36メートルです。
本丸を中心に北西には
箒川の流れに沿って外堀を、
東は緩やかな地形に沿って
土塁と空堀(からぼり)を、
南は富士山に対して
土塁と空堀を設けており、
規模は小さいながら
山城の形態をよく残しています。

【構造】
山城

【築城主】
君島信濃守

【築城年】
康暦2年(1380年)

【主な城主】
君島氏

【遺構】
曲輪、土塁、横堀(空堀)

【指定文化財】
市史跡(離室城跡)

【所在地】
〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原1450−1
※城跡は私有地の為、立ち入りは不可、とのことです。

離室城跡(一部)

【君島氏】
系図によりますと、
桓武平氏千葉氏から分かれた
大須賀氏の一族となっています。
宝治元年(1247年)、
北条氏と三浦氏が合戦におよんだ
「宝治合戦」では三浦一族と親戚であったため、
三浦氏側について北条氏と敵対しました。
敗戦後は、鎌倉を出奔して
下野の宇都宮頼綱を頼り、
下野国芳賀郡君島村に住んで
「君島」と改めたとのことです。

以後、君島氏は下野国に定住し、
代々宇都宮氏などと縁組みを重ねて
強固な地盤を築きあげ、
黒磯方面にまで勢力を
拡げていったとのことです。
南北朝の頃は新田義貞に属していましたが、
北朝の足利尊氏に寝返っています。
そして宇都宮氏家中において
千葉氏流大須賀党を形成し、
やがては宇都宮家中に
重きをなしていったとのことです。

文明7年(1475年)、
戦場(せんば)の戦いで、
南山・長沼氏(小山氏)の一族とされる
橘伊勢守に敗れました。
その後は茗荷沢に移り、
子孫は温泉旅館を経営しているとの事です。

塩原城(塩原要害)~築城は平安時代末期で約420年間続いた城郭でした。

関連記事

  1. 鐙摺山と小浜海岸 鐙摺山(鐙摺城址)とは?小坪合戦(畠山VS三浦)・伊東祐親終焉の…
  2. 伊勢崎城址の裏 伊勢崎城跡・築城者の那波氏について
  3. 三春城址(舞鶴城址) 三春城(続100名城)~仙道地域の拠点として戦国時代に田村氏が築…
  4. 米子城跡 米子城 (続日本100名城) ・国指定史跡~2つの天守がかつて存…
  5. 小机城址 小机城跡~長尾景春の乱と豊島氏の滅亡、小田原北条氏の時代へ~戦国…
  6. 掛川城 天守閣 太鼓櫓 掛川桜 掛川城 (日本100名城)~東海の名城と謳われた程で日本初の本格…
  7. 津幡城跡(物見砦) 津幡城~平維盛が砦を築き、富樫氏が戦い、上杉謙信が布陣、前田利家…
  8. 慶元寺(喜多見城・喜多見陣屋跡) 喜多見城及び喜多見陣屋跡~23区に存在した唯一の藩、須賀神社や慶…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 池田輝政~徳川家康の婿殿で寡黙ながら大活躍し、姫路城を現在ある姿にしました。 姫路城

ピックアップ記事

  1. 法然寺・並河城
  2. 伊勢盛時(北条早雲)公の像
  3. 梅花山成就院(笹下城) 横浜
  4. 安芸高木山城
  5. 北条氏邸跡(円成寺跡)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP