城跡

水巻城~天竜川の河岸段丘上にあった奥山氏の一族が築城したと伝わる城です。

水巻城跡(推定地)



スポンサーリンク



【水巻城】

天竜川の河岸段丘上に築かれた城です。
「遠江国風土伝記」によりますと、
水巻城は奥山氏の一族である
奥山美濃守定之が住すると言われていますが、
確証はないとのことです。

久頭郷(高根)城主奥山氏の一族である
奥山定茂が拠点としていました。
創建年代についてはあきらかになってはいません。
なお、城山の水巻というのは、
天竜川がこの附近で流れが
曲がることからきたということです。
城址は宥泉寺附近といわれていますが、
そこは十四世紀の代官屋敷跡と考えられており、
城址は諏訪神社より
高い地点にあったものと推定されています。
  
水巻城跡は江戸時代前期である
寛永の時代までは
存在していたらしいのですが、
寛永5年(1628年)、
宥泉寺の和尚琴充の時代に
古城跡に宥泉寺を移したと
書かれているとのことです。
けれども奥山由緒書には
天正4年(1576年)正月、
中部城主奥山美濃守をはじめ右馬助、
大隈守、左近将監が潰れ、
美濃守は子供と共に信州へ退却したと
いわれています。
また、徳川家康から
奥山惣十郎に宛てた所領安堵状に
「就今度忠節之儀、中部領三ヶ一並西手之内雲名村
(中略)只今取来候間(後略)」とあるとのことです。
中部領三ヶ一、只今取来候間とあるのは
中部奥山美濃守の所領の内
三分の一を惣十郎に宛てたのであり、
他の三分の二は片桐家正の所領とされたとみられています。

城跡とされている現地は、
現在道路工事中のエリアでもあり、
数年前まであった案内板が
撤去されてしまっています。

多分、このあたりだったと思われる場所を
撮影しました。

【所在地】
〒431-3908 静岡県浜松市天竜区佐久間町中部

二俣城~水運に恵まれた街道上の要衝で武田VS徳川の激しい攻防の舞台となり、徳川信康が切腹を遂げた城です。

設楽城跡~鎌倉時代初期に設楽氏が築城した愛知県で最も古い城跡であるそうです。

吉岡城~下條氏が7代112年間に渡って居城し、下條村の文化の中心地でありました。

三河黒川城~熊谷氏が築城したと伝わる古城跡で、麓には国指定重要文化財である熊谷家屋敷があります。

見付天神社(矢奈比売神社)~東海道・見附宿の守護で霊犬悉平太郎伝説、ゆるキャン△にも登場しています。

関連記事

  1. 石浜神社(石浜城跡候補) 石浜城跡~武蔵千葉氏の拠点の城~所在地候補は二つあります。
  2. 大宮城(塩谷町) 大宮城(塩谷町)~千葉常胤の子孫である大宮胤景が築城、その後は城…
  3. 小山田城址 小山田城址・築城は小山田氏の祖である小山田有重、小山田神社に小山…
  4. 造海城 千葉 造海城~真里谷氏が築城、里見水軍の拠点として活用、灯籠坂大師の切…
  5. 下野 藤沢城址 下野・藤沢城~下野の島津氏~佐野氏家臣、鍋山衆としての小曾戸氏
  6. 松江城 天守 松江城~天守は国宝、城跡は国の史跡。天守からは宍道湖が見えます。…
  7. 刈谷城跡 刈谷城~元は「刈屋城」、水野忠政が築城、信元が後を継ぎ於大の方は…
  8. 武蔵・戸倉城 武蔵・戸倉城~築城は小宮氏で後に八王子城の支城として大石定久の隠…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 藤原詮子~藤原道長の姉、国母となりやがて日本最初の女院となって、権力を握り政治に介入する。 女雛

ピックアップ記事

  1. 法隆寺 建屋内部
  2. 東伊豆の海 豆州
  3. 飛山城跡(宇都宮市)
  4. 真下城跡(上野国)
  5. 飯盛山(玉県児玉郡神川町下阿久原)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP