その他

斎藤義龍 (斎藤高政) 1分でわかりやすく紹介

斎藤義龍




斎藤義龍(さいとう-よしたつ)は、美濃のマムシと称された斎藤道三(斎藤利政)の長男で、1527年に生まれました。
母は側室の三芳野(みよしの)で、はじめ斎藤高政と称しています。
織田信長は1534年生まれですので、斎藤義龍(斎藤高政)のほうが7歳ほど、年上になります。
1554年に父・斎藤道三が隠居したため、斎藤義龍が稲葉山城主となって斎藤家の家督を継いだとされます。
正室は、近江・小谷城主である浅井久政の養女(浅井亮政の娘)で、近江の方と呼ばれていました。





なお、斎藤義龍の母・深芳野は、もともと美濃守護・土岐頼芸の愛妾であったとされ、1526年に、その時、家臣であった斎藤道三(長井規秀)に譲られた美女であったと言います。
一説では、この時、すでに深芳野は土岐頼芸の子を宿していたともされ、よく時代劇やドラマでは、その子が斎藤義龍であるとされます。

このような話もあるくらい、斎藤義龍と斎藤道三の親子は仲が悪くなり、家中を巻き込む争いとなりました。
弟である斎藤孫四郎(母は小見の方)、斎藤喜平次を、父・斎藤道三が溺愛するようになり、危機感を募らせた斎藤義龍は、ついに動きます。

1555年、斎藤義龍は叔父とされる長井道利と共に、弟の孫四郎・喜平次らを呼び出すと、日根野弘就に命じて殺害しました。
斎藤道三は山深い大桑城へ逃れて兵をまとめ、1556年、長良川にて対峙しました。
しかし、斎藤道三に味方する家臣は少なく、旧土岐氏の家臣らの支持を受けた斎藤義龍が有利に戦い、長良川の戦いにて斎藤道三は討死しました。
このとき、明智光安などは、斎藤道三に味方していたため、攻略されており、明智光秀ら越前に落ち延びたとされます。
また、織田信長は、帰蝶(濃姫)の父・斎藤道三を救援しようと軍勢を出していましたが、間に合いませんでした。





こうして、宿老制度・貫高制など改革を行った斎藤義龍は足利幕府の相伴衆にも列しました。
しかし、織田信長の侵攻にて押される中、1561年に急死しています。享年35。
家督は、子の斎藤龍興が継ぎましたが、愚案ともされる戦国大名で斎藤家は滅亡します。

斎藤義龍~斎藤道三の嫡男として斎藤家を率いるも・・
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
小見の方 (おみのかた)  斎藤道三の正室になった明智家の女性
明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

関連記事

  1. 佐和山城跡 丹羽長秀~米五郎左~及び石田三成が城主となった佐和山城跡・龍潭寺…
  2. 三好長慶像 三好長慶~最初に天下統一を成し遂げた武将~大阪一帯を見渡せる飯盛…
  3. 今川義元 今川義元~祝・生誕500年~足利一門の名門・海道一の弓取りと称さ…
  4. 伊平次 伊平次とは【麒麟がくる】国友鉄砲鍛冶
  5. 三淵藤英 三淵藤英とは 細川藤孝の異母兄・足利幕府の奉公衆の立場を貫く
  6. 佐藤忠能 佐藤忠能・佐藤忠康父子と娘の八重緑と加治田城攻防~織田信長の東美…
  7. 長良川と岐阜(稲葉山)城 斎藤孫四郎~斎藤道三の次男~斎藤道三が後継ぎにしようとするも兄の…
  8. 稲葉良通 稲葉良通~稲葉一鉄・頑固一徹の語源である西美濃三人衆~多才な人物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 鎌刃城跡~攻防の境目の城~最後の城主は堀秀村、家老は樋口直房。 鎌刃城遠景

ピックアップ記事

  1. 膳所城
  2. 米子城跡
  3. 足利宅跡
  4. 渋沢栄一記念館
  5. 福光城(不言城)(物不言城)
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP