城跡

藤倉舘~三浦一族の佐原盛蓮の三男・藤倉盛義の居館と伝えられています。

藤倉舘(会津)




【藤倉舘】

(ふじくらたて)
藤倉館跡。

【形態】
平城

【築城年】
建久3年(1192年)

【築城者】
藤倉盛義

【遺構】
土塁、空堀、堀

藤倉舘(会津) 堀

藤倉舘は、建久3年(1192年)に
会津の守護であった
佐原義連の孫であり、
佐原盛蓮の三男である
藤倉盛義が築いて居館としたと伝えられています。

藤倉氏は建長4年(1252年)、
藤倉盛弘の時、
金上館へ移封され
金上氏を名乗ったと伝えられていますが、
詳しいことはわかってはいません。

館は方形居館で周囲に土塁と濠があり、
現在でもはっきりと確認できます。
南には虎口があります。
東側には庭園があったとのことです。

<庭園について>
なお、案内板には「遠州流」と記されていますが
時代が異なる????
平安時代末期から鎌倉時代の庭園は
先の平安時代の庭園と同じく
浄土式の池泉庭園でありながら、
初期の段階では池泉舟遊式であったものが、
後に回遊式となっていったとのことです。
広い池庭に蓬莱島や鶴島、
亀島などを配し、三尊石組の手法が
でてきたりという変化がでていったともあります。
そうした変化を遂げながら、
次の室町時代の庭園手法に
繫がっていったとされています。
平安時代の庭園は陸奥ならば
何と言っても毛越寺
鎌倉時代の代表的な庭園としては
西芳寺庭園(通称”苔寺”)が挙げられます。
ちょっと想像してみると楽しいですね。
それなりの風流な暮らしを
なさっていたのでしょう。

<近くの史跡>
なお、この藤倉舘の東側には
源義経と恋仲になったという
皆鶴姫の碑と墓があります。
更に源義経が奥州へ逃れる際に、
馬(駒)を繋いだとされている
「駒繋石」があります。
(鏡山地区からの移転)

また時代は異なりますが
暦応5年(1342年)12月敬白と
観音菩薩の梵字が刻まれた
「暦応の碑」があります。

【所在地】
〒969-3463 福島県会津若松市河東町倉橋藤倉208

猪苗代城 ~三浦一族で蘆名氏と同族の猪苗代氏が築城し約400年間支配、江戸時代は会津藩の重要拠点でした。

会津・北田城跡~三浦一族・佐原盛蓮の次男の佐原広盛が築城し、北田氏を名乗り7代続きました。

会津新宮城跡~三浦一族の佐原盛蓮の六男である新宮氏が築城、国の史跡です。

皆鶴姫の碑~源義経に恋した悲恋の姫の墓、源義経が逃亡中に馬を繋いだ駒繋石・暦応の碑

延命寺地蔵堂(藤倉二階堂)~国の重要文化財、創建は平安時代初期となります。

関連記事

  1. 富山城~築城は畠山氏家臣の神保氏、上杉氏や佐々氏との攻防を経て富…
  2. 白川城(福島県白河市) 白川城(搦目城) ~国の史跡で築城は伝・結城祐広であり、白河結城…
  3. 神指城跡(会津) 神指城跡~上杉景勝が新たな城下町を築こうとした幻の城、大ケヤキが…
  4. 大田和城址 横須賀 大田和城址~大多和氏は三浦一族。
  5. 神西城址 神西城~尼子十旗・城主の神西氏は武蔵七党の小野氏が先祖です。最後…
  6. 和田城址 石碑 和田城址~和田義盛の居城跡~三浦半島にある平城
  7. 北条氏邸跡(円成寺跡) 北条氏邸跡(円成寺跡)~北条氏の本拠地で鎌倉幕府滅亡後は尼寺とし…
  8. 江田館跡 江田館跡~江田行義の館~築造時の姿を留める遺跡、湊川の戦いとは?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 斎藤孫四郎~斎藤道三の次男~斎藤道三が後継ぎにしようとするも兄の義龍(高政)に謀殺される 長良川と岐阜(稲葉山)城

ピックアップ記事

  1. 小金城址 土塁跡
  2. 勝間田城跡 説明
  3. 苗木城跡・石碑
  4. 陸奥・本宮城
  5. 金ケ崎城 小道
PAGE TOP