城跡

湯村山城~躑躅ヶ崎館の西の守りの詰めの城として武田信虎が築城しました。

湯村山城



スポンサーリンク



【湯村山城】
湯村山城は武田信玄の父である
武田信虎によって築かれた城です。
武田信虎は永正16年(1519)に
石和から躑躅ヶ崎館に居城を移し、
翌年詰の城として要害山城を築いていますが、
さらに躑躅ヶ崎館の西の守りとして
湯村山城を築きました。
現在は山麓の緑ヶ丘スポーツ公園から
主郭までのハイキングコースが
整備されており、
土塁や石積などの遺構が確認できます。
緑ヶ丘スポーツ公園から登る道があります。

湯村山城

【標高(比高)】
449m(150m)

【築城主】
武田信虎

【築城年】
大永3年(1523年)

【主な城主】
武田氏

【遺構】
土塁、石塁

【交通アクセス】
(電車)
JR中央本線「甲府」駅から徒歩50分
JR中央本線「甲府」駅から
山梨交通バス「饅頭森入口行き」⇒
「湯村」バス停下車、徒歩10分程度。

(車)
中央自動車道「甲府昭和」ICから15分程度。

【駐車場】
緑が丘スポーツ公園体育館駐車場

【所在地】
〒400-0073 山梨県甲府市湯村3丁目8−478−153

【注意事項】
季節によっては猪やクマが出る可能性があるので
クマよけの鈴やラジオなどを持参しましょう。
また足場が良くない箇所があるそうなので
トレッキング用のシューズがよろしいかと思います。

躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)~武田信虎が築城し、信玄、勝頼と3代続いた戦国大名武田氏の中心地です。

武田義清(源義清 (武田冠者))~常陸国出身で配流となった先の土地に根差して甲斐源氏の祖となりました。

武田信義~甲斐源氏であり武田氏の初代当主となり、武田信玄の遠いご先祖様です。

積翠寺にある武田信玄公産湯の井戸跡と背後の要害山城、続日本100名城です。

甘利氏館と扇子平山城~甘利氏は甲斐源氏で、戦国時代には武田家臣の譜代家老を務めました。

武田信成~武田信時の系統で安芸守護武田氏から甲斐国守護武田宗家となりました。

甲斐・上野城(甲斐・椿城)~築城は小笠原氏の子供の上野氏でその後に秋山氏、大井氏の居城となります。

土屋右衛門昌続とその屋敷跡~武田24将の一人で武田信玄死後3年間遺体を隠した場所とのことです。

土屋惣蔵昌恒~出自は金丸氏で武田家最後の家臣にて忠臣、子供は大名になります。

山本勘助晴幸屋敷~隻眼・片足不自由だが摩利支天のようだと称えられた軍師の屋敷跡。

関連記事

  1. 富山城~築城は畠山氏家臣の神保氏、上杉氏や佐々氏との攻防を経て富…
  2. 守山城(福島県郡山市) 石垣 守山城(福島県郡山市)~築城は坂上田村麻呂、蒲生氏時代の野面積み…
  3. 下野 藤沢城址 下野・藤沢城~下野の島津氏~佐野氏家臣、鍋山衆としての小曾戸氏
  4. 三太刀城跡 三太刀(みたち)城跡~小早川氏の祖である土肥遠平の御館か?~相模…
  5. 鹿野岡城 鴨川富士 鹿野岡城~鴨川富士に築かれ、近年になって城址と判明された城跡で登…
  6. 安芸・鎮海山城 鎮海山城、能島村上氏の当主である村上武吉の城、嫡男の村上元吉の墓…
  7. 岡豊城 長宗我部元親像 岡豊城跡~四国を統一した長宗我部氏の本拠地の城~
  8. 小田山城跡 小田山城~蘆名氏が築城し詰城として数百年機能、戊辰戦争時には会津…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 満願寺城・松江~城主の湯原春綱は毛利水軍の将、目の前には宍道湖が広がります。 満願寺城 松江

ピックアップ記事

  1. 鹿野岡城 鴨川富士
  2. 江田館跡
  3. 班渓寺
  4. 日暮八幡神社
  5. 渋沢栄一記念館
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP