史跡・城跡

山本勘助晴幸屋敷~隻眼・片足不自由だが摩利支天のようだと称えられた軍師の屋敷跡。

山本勘助春幸屋敷



スポンサーリンク



山本勘助晴幸屋敷】

山本勘助晴幸は三河国牛窪出身の牢人で、
諸国を遍歴し兵法や
築城術を会得しましたが、隻眼となり、
片足も不自由になったのでした。
天文5年(1536年)に、
駿河国今川義元に仕官しようとしますが、
実現はしませんでした。
天文12年(1543年)、
山本勘助の噂を聞きつけた板垣信方の推薦で、
武田信玄に召し抱えられ、足軽大将となりました。
戸石城攻防戦などの合戦で、
目覚ましい活躍をし、
武田家中では、
軍神摩利支天のようだと
称えられたとのことです。

山本勘助春幸屋敷

内政、軍略、築城術に関する
武田信玄の諮問に答え、
さまざまな意見を具申する軍師として、
重用されたのでした。
武田信玄の出家とともに剃髪して、
道鬼 斎(どうきさい)と称しました。
山本勘助の築城術は、
後に馬場信春に伝授され、
甲州流、山本勘助道鬼流と
呼称されたということです。
永禄4年(1561年)の川中島の戦いで、
上杉謙信撃滅の秘策として
「啄木鳥の戦法」を進言しましたが失敗し、
責任を痛感して、
戦乱の中に身を投じて戦死しました。

2007年NHK大河ドラマ
「風林火山」の主人公としてその生涯が
ドラマ化されました。

【所在地】
〒400-0014 山梨県甲府市古府中町第2公園

【駐車場】
公園専用の駐車場はありません。

【トイレ】
公園内にあります。

躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)~武田信虎が築城し、信玄、勝頼と3代続いた戦国大名武田氏の中心地です。

甘利氏館と扇子平山城~甘利氏は甲斐源氏で、戦国時代には武田家臣の譜代家老を務めました。

湯村山城~躑躅ヶ崎館の西の守りの詰めの城として武田信虎が築城しました。

積翠寺にある武田信玄公産湯の井戸跡と背後の要害山城、続日本100名城です。

土屋右衛門昌続とその屋敷跡~武田24将の一人で武田信玄死後3年間遺体を隠した場所とのことです。

土屋惣蔵昌恒~出自は金丸氏で武田家最後の家臣にて忠臣、子供は大名になります。

関連記事

  1. 岩殿観音正法寺 観音堂 岩殿観音正法寺 ・開基1300年の古刹、源頼朝の庇護の下比企能員…
  2. 明智城 石碑 明智城址と天龍寺と明智一族、築城主の明智頼兼(土岐頼兼)とは?
  3. 館山城址 安房里見氏 館山城と八遺臣の墓~安房里見氏最後の城であり、南総里見八犬伝のモ…
  4. 通化寺 風景 通化寺~天野隆重夫妻の墓・天野元嘉の墓・繁沢元氏の墓(毛利元氏の…
  5. 熊川城 熊川城~沼田麝香(細川マリア)の出身地・細川藤孝正室で細川ガラシ…
  6. 比叡山延暦寺 根本中堂 明智光秀・織田家臣初の築城許可の功績~比叡山延暦寺焼き討ち~
  7. 硯山長福寺 仁王門 硯山長福寺~開山1200年の歴史を持つ古刹で源頼朝伝説と伊八彫刻…
  8. 曽我城址(曽我氏館跡) 曾我城跡~曾我兄弟が育った曽我氏の館。北条氏康に滅ぼされたが嫡流…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 三太刀(みたち)城跡~小早川氏の祖である土肥遠平の御館か?~相模から安芸国沼田荘へ。 三太刀城跡

ピックアップ記事

  1. 高岡城
  2. 大福寺(崖観音) 観音堂
  3. 勝間田城跡 説明
  4. 坂本城跡 明智光秀 石像
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP