城跡

上之段城~小丸山城に代わる居城として木曽義在によって築城されました。

上之段城址



スポンサーリンク



【上之段城】
上之段城は小丸山城に代わる居城として
木曽義在によって築かれた城です。
木曽義在のあと、義康、義昌と
三代にわたる居城として使われました。
武田氏滅亡のきっかけをつくった
木曽義昌は「天正壬午の乱」で
当初は北条氏直に従っていましたが、
徳川家康に寝返り、さらに
天正12年(1584年)には
徳川家康と対立した羽柴秀吉に調略されています。
このとき徳川家康の命を受けた
小笠原貞慶が木曽へ侵攻し、
木曽義昌の居館は焼き払われました。
現在城址は「関山公園」として整備されていますが、
遺構は残っていません。
木曽義昌の居館跡とされる大通寺には、
武田信玄の娘で木曽義昌に嫁いだ
真理姫の供養塔があります。
なお、真理姫は晩年は木曽に戻り、
98歳の長寿を全うしたとのことです。

関山公園からその下にある
(旧)木曽高校第二グラウンドから
大通寺付近が城域とされています。
遺構はほとんど残っていないとのことです。

<大通寺・所在地>
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島4926−26

【縄張形態】
山城

【標高(比高)】
812m(62m)

【築城主】
木曽義在

【築城年】
永正6年(1509年)

【主な城主】
木曽氏

【交通アクセス】
(電車)
JR中央本線「木曽福島」駅から
徒歩約25分。

(車)
中央自動車道「中津川」ICから1時間25分程度。

【駐車場】
関山公園駐車場

【所在地】
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島4688

須原城~木曽氏が築城し須原宿として栄え馬籠宿から洗馬宿までの街道を整備しました。

木曽小丸山城~応永年間(1394年~1428年)に築かれた山城です。

木曽福島城~天文年間に木曽義康が築城、後に小笠原氏に攻め込まれました。

徳音寺にある木曽(源)義仲公之墓と小枝御前・巴御前・樋口兼光・今井兼平の墓、義仲館と巴淵

興禅寺にある木曽義仲公之墓、木曾義康・木曽義昌父子、山村氏歴代の墓地もあります。

木曽義仲公館跡(旗挙八幡宮)~治承4年(1180年)千余騎を従え平家打倒の旗挙をした地です。

木曽福島関所~中山道にあった関所で東海道の今切関所や箱根関所と同等の扱いでした。

赤沢自然休養林(日本三大美林)の森林鉄道に乗車しました。森林浴発祥の地です。

臨川寺~天下の奇勝「寝覚めの床」があり、浦島太郎が住み着いた地との伝説があります。

三留野 SL公園~かつての三留野宿にD51351が腕木式信号機と共に静態保存されています。

関連記事

  1. 万喜城(上総国) 万喜城~築城は上総土岐氏と伝えられており、本多忠勝が一時居城して…
  2. 赤見城(栃木県佐野市) 赤見城~藤姓足利氏である足利俊綱が平安時代末期に築城、戦国期は赤…
  3. 大手虎口からスタンプ設置場所付近 新田金山城跡~日本百名城~関東地方にある石垣の山城、築城主は岩松…
  4. 勝間田城跡 説明 勝間田城跡~かつての名門一族の支配地は茶畑が広がる丘陵地
  5. 小机城址 小机城跡~長尾景春の乱と豊島氏の滅亡、小田原北条氏の時代へ~戦国…
  6. 会津新宮城 会津新宮城跡~三浦一族の佐原盛蓮の六男である新宮氏が築城、国の史…
  7. 慶元寺(喜多見城・喜多見陣屋跡) 喜多見城及び喜多見陣屋跡~23区に存在した唯一の藩、須賀神社や慶…
  8. ウエンベツチャシ ウェンベツチャシに行ってきました。



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 離室城~築城は室町時代で城主の君島氏は千葉氏族である大須賀氏の一族でした。 離室城跡

ピックアップ記事

  1. 疋田城跡
  2. 三人官女
  3. 成東城跡(千葉県)
  4. お市
  5. 望月東庵
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP