史跡・城跡

竹之下合戦古戦場~足利尊氏が新田義貞に大勝した地~時代は南北朝へ!

竹之下合戦古戦場碑




箱根・竹ノ下の戦い】

箱根・竹ノ下の戦い
(はこねたけのしたのたたかい)は、
建武の新政時代の1336年1月24日
(建武2年12月11日)に、
足利尊氏の呼びかけに応じた足利軍と、
後醍醐天皇の宣旨を受けた新田義貞に、
参集した軍勢との間で行われた合戦です。
後醍醐天皇が建武政権に
反旗を翻した足利尊氏を討つために
新田義貞を派遣しましたが失敗。
建武政権崩壊の第一幕となったのでした。
現在の静岡県小山町竹之下周辺で行なわれました。

【きっかけ】
1333年(元弘3年/正慶2年)、
鎌倉幕府を打倒して成立した
建武政権でしたが、
現実から乖離した政策の数々に
武士は不満を募らせたのでした。
1335年(建武2年)、
発覚した西園寺公宗と北条泰家の陰謀は
失敗に終わりましたが、
これをきっかけに全国の旧北条氏所領で
北条残党の蜂起が相次いだのでした。
特に7月信濃で諏訪氏の支援のもと
蜂起した北条高時の遺児である
北条時行は、
各地の反建武政権勢力を吸収し、
足利直義を追い出し、
鎌倉を占領する勢いを見せたのでした。

【中先代の乱】
中先代の乱(なかせんだいのらん)と読みます。
これに対し、足利尊氏は
北条時行を討つために自分を派遣するように
後醍醐天皇に再三要請しましたが、
足利尊氏が自立することを怖れた
後醍醐天皇はそれを許可しませんでした。
けれども足利尊氏は無断で関東に出兵。
後醍醐天皇は追認で
足利尊氏を征東将軍に任じました。
結局、北条時行の反乱は鎮圧されたのでした。
中先代の乱を鎮めた足利尊氏は
其の後も鎌倉を占拠し続けました。
足利尊氏の自立を恐れた後醍醐天皇は
新田義貞に足利尊氏の追討の宣旨を下します。

11月、新田義貞は尊良親王を奉じ、
軍を率い東海道を下りました。
足利尊氏追討軍には
多数の公家も参加しています。
朝敵となることを恥じた足利尊氏が
出家するなど
足利側の士気が上がらなかったため、
足利尊氏軍は足利直義が中心となって
作戦行動に出ます。
新田義貞は三河矢作川、遠江の鷺坂、
駿河の手越河原の戦いで迎撃に出た
足利直義軍を次々と打ち破りました。
新田義貞軍は投降してきた軍勢を吸収し、
伊豆国府(三島)を占領し、
鎌倉へ着々と軍を進めました。
新田義貞が箱根に迫ったとの報に接し、
一時出家していた足利尊氏が
足利直義の説得に応じ、戦線に復帰しました。





京側は 新田義貞が三島で軍を集結させると
軍を二方面に分け、
自らは搦め手軍の大友・菊池など
7万騎を率いて箱根峠に進み、
大手軍は実弟の脇屋義助を副将軍に 
竹ノ下へ中務卿親王(尊良)、
諸庭の輩、北面の輩(500余騎)ら
7千騎が向かい足柄峠へ進軍させたのでした。

足利尊氏軍は足利直義が箱根に布陣。
足利尊氏は竹ノ下前面の足柄峠に布陣。
京側は箱根には新田義貞・大友・菊池など
7万騎が向かったのでした。

12月11日両軍は激突。
箱根方面では新田義貞軍が
足利直義軍を押し気味に戦局が展開。
足利尊氏と新田義助の主戦場は
足柄峠のすぐ西にある竹ノ下となりました。
足利尊氏の参陣で志気が上がる
足利尊氏軍が押し気味に戦局が展開し、
さらに翌日になって大友貞載と塩冶高貞が
足利尊氏軍に寝返ったため、
新田義助軍は総崩れとなり敗走。
その報を受けた新田義貞は、
箱根口の戦いでは大勝しながらも、
退路を断たれるおそれが出たため、
軍を撤退させました。
この情勢を見て手越河原の戦いで
投降し新田義貞軍に加わっていた
佐々木道誉も足利尊氏軍に寝返り、
新田義貞軍も総崩れとなりました。
この時に尊良親王の近侍であった
中将二条為冬が戦死。
13日には伊豆国府を足利尊氏軍が奪回し、
新田義貞軍は東海道を総崩れで敗走しました。

交戦勢力
新田軍(京方)VS足利軍

新田義貞・脇屋義助
VS
足利尊氏・足利直義

【所在地】
〒410-1313 静岡県駿東郡小山町竹之下227
※碑がある場所です。

【停車スペース】
碑がある付近の路肩に停車できます。
停車は短時間でお願いします。

篠村八幡宮「旗立楊」ここから鎌倉幕府打倒が始まった足利尊氏出陣の地

井出の沢古戦場跡~中先代の乱~南北朝黎明期、足利直義と北条時行が激突した合戦の場

明智神社と称念寺(新田義貞公の墓所)~あけっつぁまと妻の黒髪~明智光秀の越前時代の居住地

生品神社~新田義貞公鎌倉幕府倒幕の旗揚げの地~新田庄遺跡

湯船城跡~平安時代の築城と伝わるも、宝永の富士山大噴火の遺跡として有名となった城。

生土城跡~大森氏が築城した支城~鎌倉公方・足利持氏が滞在したと伝わる中世の城。

金時公園~伝・坂田金時の誕生の地、静岡県駿東郡小山町~源頼光に見いだされて四天王となる。

深沢城跡~今川氏が築城し、北条氏と武田信玄の攻防最前線となった要害

相模沼田城~波多野氏の一族の沼田氏が築城し、後に大森氏の所領となる。

藤原範茂卿~墓所は範茂史跡公園~承久の乱の勝利で鎌倉武家政権は盤石となる。

河村城跡~平安時代から鎌倉時代、南北朝、戦国の世に在り続けた山城と河村氏。

関連記事

  1. 若き長宗我部元親像 戸ノ本古戦場 (長浜の戦い)・長宗我部元親の初陣
  2. 金ケ崎城 小道 織田信長の撤退戦である金ケ崎退き口・古墳もあり平安時代から繰り返…
  3. 玄蕃尾城 玄葉尾城~賤ケ岳の戦いの柴田勝家の本陣~築城は柳ヶ瀬氏?朝倉方?…
  4. 越前大野城 越前大野城址~雲海に浮かぶ天空の城~一向一揆平定の恩賞として金森…
  5. 明智城 石碑 明智城址と天龍寺と明智一族、築城主の明智頼兼(土岐頼兼)とは?
  6. 聖衆来迎寺 表門 聖衆来迎寺・森可成の墓~織田家の重臣で森乱丸(森蘭丸)の父~
  7. 義景史跡 朝倉義景の墓~義景清水~孤独を纏う朝倉家最後の当主・戦よりも芸事…
  8. 大桑城の遠景 大桑城~美濃国守護である土岐氏の最後の居城~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 藤原範茂卿~墓所は範茂史跡公園~承久の乱の勝利で鎌倉武家政権は盤石となる。 藤原範茂の墓

ピックアップ記事

  1. 日牟禮八幡宮
  2. 熊川城
  3. 筒井順慶墓所
  4. 小金城址 土塁跡
  5. 大伴家持の像
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP