城跡

久野城~築城は久野宗隆、戦国時代の戦の為の城から周辺を統治する城へと変化しました。

久野城址 駿河



スポンサーリンク



【久野城】

久野城(くのじょう)は久野宗能の居城として知られています。
久野氏はもともと今川氏の家臣でしたが、
久野宗能の兄・元宗が
桶狭間の戦い」で討死すると、
家督を継いだ久野宗能は徳川家康に従い、
各地で戦功を立てました。
天正18年(1590年)に
徳川家康が関東に転封すると、
久野宗能は下総佐倉へと移り、
松下之綱が城主となりましたが、
慶長8年(1603年)に
ふたたび久野宗能が城主となり、
久野宗能の孫の宗成が
徳川頼宣の家老として
紀州入りに従い田丸城に移ると、
北条氏重が城主となりました。
寛永17年(1640年)に
北条氏重が関宿へ転封になると、
横須賀藩預かりとなり、
正保元年(1644年)に廃城となりました。
現在城址は公園として整備されており、
土塁や竪堀などの遺構が残っています。

久野城址案内板

【縄張形態】
丘城(平山城)

久野城址 案内図

【標高(比高)】
34m

【築城主】
久野宗隆

【築城年】
明応年間(1492年〜1501年)

【廃城年】
正保元年(1644年)

【主な城主】
久野氏、松下氏、北条氏重

【遺構】
曲輪、土塁、空堀、竪堀、井戸

<北の丸>
久野城址 北の丸
※北側駐車場の上が北の丸です。

<大土塁>
久野城址 大土塁

<東の丸・本丸及び二の丸分岐>
久野城址 東の丸・本丸及び二の丸分岐

<三の丸>
久野城址 三の丸

<本丸>
久野城址 本丸

<本丸からの眺め>
久野城址 本丸からの眺め

<二の丸~高見>
久野城址 二の丸~高見

<二の丸>
久野城址 二の丸

【指定文化財】
市史跡

城跡は整備されトイレのある
駐車場は北側にあります。
パンフレットもあります。
綺麗に草が刈られており、
とても歩きやすいです。
階段も登りやすくなっています。

<北側駐車場>
久野城址 北側駐車場

【交通アクセス】
(電車)
JR東海道本線「袋井」駅から
タクシーで15分程度。

(車)
新東名高速道路「森掛川IC」から20分程度。

【駐車場】
久野城址駐車場(無料:15台)

【所在地】
〒437-0017 静岡県袋井市鷲巣1281

頭陀寺城跡~松下氏の居館跡、若き豊臣秀吉が仕え、井伊直政が養子に入り徳川家康に出仕。

関連記事

  1. 岩国城 模擬天守 岩国城~築城は毛利氏一族の吉川広家で日本100名城、錦帯橋とお城…
  2. 網代城(あきる野市) 遠景 網代城~戸倉城と高月城を結ぶ 烽火台として築城された支城の可能性…
  3. 桜井城(千葉県旭市) 桜井城~千葉常胤の六男・東胤頼の最初の居城と伝わる城跡で廃城は江…
  4. 上ノ郷城(蒲郡市) 上ノ郷城 と鵜殿長照~伯父は今川義元、その子らは築山殿・松平信康…
  5. 宇都宮城址 宇都宮城~800年の歴史を誇る関東七名城~宇都宮氏が築城し本多正…
  6. 万喜城(上総国) 万喜城~築城は上総土岐氏と伝えられており、本多忠勝が一時居城して…
  7. 相良城跡 相良城跡~相良氏館⇒相良古城⇒相良御殿⇒相良陣屋⇒老中・田沼意次…
  8. ウエンベツチャシ ウェンベツチャシに行ってきました。



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 足立遠元~十三人の合議制のメンバー、平治の乱で活躍し、東国武士ながらも文官の素養を持つ人物でした。 鶴岡八幡宮 境内

ピックアップ記事

  1. 与一塚(佐奈田霊社)
  2. 延命寺地蔵堂(藤倉二階堂)
  3. 戸定邸
  4. 西浦温泉 松島
  5. 藤波畷古戦場碑
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP