城跡

高崎城跡~井伊直政が築城し改修は安藤重信~元は鎌倉時代から存在し戦国時代を耐えた和田城

高崎城址




高崎城

高崎城(たかさきじょう)(旧名:和田城)は日本の城。
所在地は上野国群馬郡(現:群馬県高崎市高松町) 
江戸時代は高崎藩の藩庁となっていました。

【別名】
和田城
【形態】
輪郭梯郭複合式平城
【天守構造】
御三階櫓
(独立式層塔型3重3階、非現存)
【築城主】
井伊直政
【築城年】
1597年
【主な改修者】
安藤重信
【主な城主】
井伊氏、諏訪氏、松平氏、安藤氏
【廃城年】
1871年
【遺構】
乾櫓・東門(移築)、土塁、水堀
【指定文化財】
群馬県重要文化財(乾櫓)

【概要】
高崎城は烏川に沿って築城された
輪郭梯郭複合式の平城です。
本丸には御三階櫓(天守)と
乾(いぬい/北西)、艮(うしとら/北東)、
巽(たつみ/南東)、坤(ひつじさる/南西)の
4基の隅櫓がありました。
現存するのは乾櫓(県重文指定)のみだけです。
本丸を囲むように、
西の丸、梅の木郭、榎郭、西曲輪、瓦小屋があり、
二の丸、三の丸が梯郭式で構えられていました。
城の周りは土塁で囲まれ、
石塁はほとんど造られませんでした。
かつて城内には本丸門など16の門があり、
通用門として使われていた東門(市の重要文化財)だけが
移築復元されて現存しています。
また、三の丸土塁と水堀は
現在の町並みにも活きており、
当時の面影を今に伝えています。

お堀の周辺は高崎城址公園として、
約4.9haが整備されており
春には約300本のソメイヨシノや
ツツジが満開となります。
城を囲む土塁の上は遊歩道になっています。

【和田城時代】
高崎城の地には古くは
和田城と呼ばれる城がありました。
和田城の創建は古く、
鎌倉時代初期に遡り、
この地の豪族である和田義信が
築城したと伝えられています。
但し、和田義信は和田合戦で戦死したともいわれております。
この地の和田氏の始祖は
和田義信の末の弟である和田義国ともいわれており、
諸説あるようです。





室町時代になり関東管領の支配するところとなると、
和田氏は管領の上杉氏に帰属していました。
永禄4年(1561年)当時の城主和田業繁
帰属していた上杉謙信に反旗を翻し、
武田信玄につきました。
和田城は上杉勢の度々の侵攻によく耐えていました。
その子、和田信業は、北条氏に属しました。
天正18年(1590年)の
豊臣秀吉小田原征伐の際には小田原城に籠城しました。
和田城の留守を預かる和田信業の子である和田兼勝は、
前田利家上杉景勝等の連合軍に大軍をもって包囲され、
4月19日(新暦5月22日)に落城し、廃城となりました。

和田信業は北条氏直と共に高野山に入りましたが、
程なく北条氏直は死去します。
其の後は徳川旗下の小笠原忠政を頼って配下になり、
大坂の陣で活躍したそうです。

また落ちのびた和田兼勝は成人後は、
保科氏に仕え、その子孫は保科から松平と改めた
会津松平氏に仕えたという事です。

【高崎城】
小田原征伐の後、
関東には徳川家康が入部しました。
徳川家康の関東入部とともに
箕輪城主となっていた井伊直政は、
慶長2年(1597年)、
徳川家康の命により、
和田故城の城地に近世城郭を築きました。
この地は中山道と
三国街道の分岐点に当たる交通の要衝であり、
その監視を行う城が必要とされた為です。
翌年の慶長3年(1598年)、
井伊直政は箕輪城から築城中の高崎城に移りました。
井伊直政は入城に際し、
当地を「高崎」と名付けしました。
これには、箕輪城下に井伊直政が創建した
恵徳寺の開山龍山詠譚和尚の
「松は枯れることがあるが、高さには限りがない」
との進言があったとのことです。
そして箕輪より町家や社寺を移して城下町を築きました。

【井伊直政の移封】
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、
井伊直政は近江国佐和山城に移封となりました。
その後は、諏訪氏、酒井氏、戸田氏、松平(藤井)氏、
安藤氏、松平(長沢・大河内)氏、間部氏、
松平(長沢・大河内)氏と
譜代大名が目まぐるしく入れ替わりました。

徳川忠長の自害】
元和5年(1619年)に入城した
安藤重信は城の改修に着手しました。
以後、3代77年間をかけて大改修され
近代城郭が整備されていきました。
寛永10年(1633年)には、
実兄である3代将軍徳川家光の命により、
この城に幽閉されていた徳川忠長が当城で自害しています。

やがて明治維新を迎えました。
最後の藩主は輝声(てるな)でした。
松平(長沢・大河内家)は歴代幕府要職に
就くものが多かったとのことです。

【明治維新以後】
明治6年(1873年)、
廃城令により存城となり、
第3師官官内分営所が置かれました。
以後建造物は移築もしくは破却され、
跡地の大半は歩兵第15連隊の駐屯地として使用されました。

【遺構】
堀と土塁がほぼ残っています。
高崎市立中央図書館の正面玄関付近には
調査の際に発見された石垣水路と
石樋の一部が移築再現されています。

建築物は昭和49年(1974年)、
乾櫓が市内の農家に払い下げられ
移築されて納屋として利用されていましたが、
群馬県指定重要文化財に指定されたのを期に
三の丸模擬石垣上に移築復元されました。





また、東門も同じく農家に払い下げられていましたが、
昭和55年(1980年)に
乾櫓近くに移築復元されました。
市内の長松寺には徳川忠長が自刃したという
書院が移築され、庫裡となっています。

<乾櫓>
高崎城 乾櫓

<東門>
高崎城 東門

<堀と土塁>
高崎城 堀と土塁

<石垣>
高崎城 石垣

【所在地】
〒370-0829 群馬県高崎市高松町

【交通アクセス】
【電車】
JR高崎線高崎駅より徒歩約15分、バス約5分

【車】
関越自動車道高崎ICより約15分

【駐車場】
周辺に有料駐車場有

<場所>
青印は乾櫓付近です。

木俣清三郎守勝~三河出身~明智光秀と徳川家康に仕えた武将、その正体は??

和田義盛と和田合戦~三浦一族~鎌倉幕府創始の功臣だが北条義時に嵌められる

渋谷城~都会の繁華街の片隅にひっそりと存在する古城跡~城主は渋谷氏

尾高惇忠生家及び尾高惇忠について

関連記事

  1. 国府台城跡 里見広次亡霊の碑 国府台城~下総国の大激戦の地~国府台合戦、里見氏VS小田原北条氏…
  2. 小泉城址 小泉城~結城一族である富岡氏の居城~土塁や水堀が良好に残っている…
  3. 和田城址 石碑 和田城址~和田義盛の居城跡~三浦半島にある平城
  4. 女渕城・水堀 女渕城址~城主は真田昌幸の策略で謀殺された沼田景義~上杉VS北条…
  5. 葛西城址公園 葛西城~葛西氏が築城し、遠山綱景へ~鎌倉時代から下総国への拠点の…
  6. 伊勢崎城址の裏 伊勢崎城跡・築城者の那波氏について
  7. 渋谷城の石垣のひとつ 渋谷城~都会の繁華街の片隅にひっそりと存在する古城跡~城主は渋谷…
  8. 毒島城 遠景 毒島城跡~沼の小島にあった城~大蛇伝説あり

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 明智光秀の墓と産湯の井戸~桔梗塚~もう一つの光秀生存説、生誕地伝説と土岐四郎元頼(基頼) 桔梗塚

ピックアップ記事

  1. 大阪方面
  2. 源頼朝と北条政子の像
  3. 大溝城跡
  4. 土岐頼武・頼純VS頼芸
  5. 一條神社(中村御所跡)
  6. 京都 白川
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP