明智家

明智光継とは 明智光秀のおじいさん?美濃・明智城主

明智光継



スポンサーリンク



明智光継(あけち-みつつぐ)は、明智頼尚の子として1468年に生まれました。
母は揖斐基春の娘です。
この明智家は、土岐氏の一族で、美濃・明智城(明智長山城)主でした。

1342年、美濃源氏の土岐一族である土岐頼兼(とき-よりかね)が、美濃国可児郡明智庄を知行して「明智」と改名したことから始まります。
室町時代になると、明智氏は足利将軍に直接仕えた奉公衆になっていました。




スポンサーリンク



明智光継は、明智頼典とされる武将と同一人物と考えられており、正室は武田信豊の娘とされます。
1508年には、従五位下駿河守になっていますので、家督を継いだのかも知れません。
斎藤道三が美濃の守護大名土岐頼芸のもとで実力をつけてくると、明智光継は、いち早くその斎藤道三に臣従したようです。
そのため、娘・小見の方を斎藤道三に預けました。
まあ、明智氏に関しては、詳しくわかっていないため、年代に関しても、話に関しても、諸説あると言う事はご理解願います。

明智光継は、1525年に、出家して明智一関斎宗善と号しています。
1535年に、斎藤道三が美濃・明智城を攻めたともあり、このとき、嫡男・明智光綱が討死したともされます。
この嫡男・明智光綱の正室は武田信豊の娘で、その間に生まれていた幼子が、明智光秀とする説があります。

そして、明智光継は、1538年に死去したと言う事になります。
本来であれば、明智光秀が家督を継ぐところを、まだ幼少であったことから、父・明智光綱の弟である明智光安が、後見したとされています。




スポンサーリンク



以上、とにかく、よくわかりません。
ただし、明智光継から系譜は、天皇(今上天皇)に繋がっています。

斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
明智光綱とは 明智十兵衛(明智光秀)の父親とされる武将
明智光安 幼いころから明智光秀を後見した叔父
小見の方 (おみのかた)  斎藤道三の正室になった明智家の女性
明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

関連記事

  1. 望月東庵 望月東庵 駒・菊丸 実在したのか? 大河ドラマ「麒麟がくる」
  2. 天橋立・九世戸 天橋立~九世戸~明智光秀が細川藤孝・細川忠興の招きで訪れた日本三…
  3. 濃姫 濃姫(帰蝶)~織田信長のナゾ多き正室で明智光秀の従兄妹~
  4. 山崎合戦古戦場 山崎の戦い(天王山の戦い)、天下分け目の山崎合戦で明智光秀は何故…
  5. 明智光忠 明智光忠とは 父・明智光久も【麒麟がくる】
  6. 坂本城跡 明智光秀 石像 坂本城・要所かつ豪壮華麗な明智光秀の居城~琵琶湖の浮城~
  7. 近江・田中城 近江・田中城、明智光秀・文献初登場の舞台とされる城
  8. 明智光秀の死因は 明智光秀の死因は?「明智光秀の最後を特集」



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 臼井城~築城は平安時代で千葉氏の一族の臼井氏、上杉謙信が攻め落とせなかったお城です。 臼井城

ピックアップ記事

  1. 石見城
  2. 泉中央公園の泉
  3. 頭陀寺(頭陀寺城跡)
  4. 五人囃子
  5. 祐傳寺(岡崎市)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP