明智家

明智光綱とは 明智十兵衛(明智光秀)の父親とされる武将

明智光綱






明智光綱(あけち-みつつな)は、明智光継の嫡男として1497年に生まれました。
母は、若狭守護・武田信豊の娘と推測されます。
明智家は、美濃・土岐氏の一族であり、美濃・明智城(明智長山城)が本拠だったと考えられています。

1342年、美濃源氏の土岐一族である土岐頼兼(とき-よりかね)が、美濃国可児郡明智庄を知行して「明智」と改名したことから始まりました。
明智氏は、室町時代になると、足利将軍家を支えた奉公衆になっていました。





明智光綱の名前は、他にも明智光隆、明智光国とする場合根あり、史料では一致していません。
そして、明智光綱自身も、若狭守護・武田信豊の娘を正室に迎えたと言い、その間に生まれた子が「明智光秀」であった可能性があります。
ただし、明智家に関しては、よくわかっていないため、諸説あります。
明智十兵衛(明智光秀)は、1528年に生まれたとする説もあります。

なお、明智家は、斎藤道三が美濃の守護大名・土岐頼芸のもとで実力をつけてくると、早い時期から斎藤道三に従っていました。
そのため、明智光継の娘とされる、小見の方を斎藤道三に人質としても出しています。

父・明智光継は、1525年に、出家して明智一関斎宗善と号したようです。
そして、1535年に、斎藤道三が美濃・明智城を攻めたともあり、このとき、明智光秀の父・明智光綱は討死したとする説が有力になっています。





そのため、明智家の本家(宗家)の家督は、明智十兵衛(明智光秀)になったとされますが、まだ幼かったため、祖父・明智光継は、弟である明智光安に後見をさせたと言う事になります。
いずれにせよ、明智光秀の出自に関しても、よくわかっていないのが実情ですので、父や祖父に関しては、もっと、わかっていません。

斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
明智光安 幼いころから明智光秀を後見した叔父
小見の方 (おみのかた)  斎藤道三の正室になった明智家の女性
明智光継とは 明智光秀のおじいさん?美濃・明智城主
明智光秀とは?数奇なその生涯
美濃・明知城と千畳敷砦にある光秀産湯の井戸~明智光秀誕生の地なのか?
明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

関連記事

  1. 明智光安 明智光安 幼いころから明智光秀を後見した叔父
  2. 大溝城跡 大溝城・打下城~城主は津田信澄(織田信澄)、岳父は明智光秀 京極…
  3. 妻木城と崇禅寺 妻木城と士屋敷と崇禅寺~明智光秀の正室・煕子の出身と妻木築城主の…
  4. お牧の方(於牧の方) お牧の方(於牧の方) 若狭武田氏からの出自を追ってみた
  5. 京都 東山 白川 明智光秀の墓所~京都府~
  6. 朽木谷城跡 朽木元網~信長の窮地を助けた武将~高島七頭の一族の名門、現在も系…
  7. 天橋立・九世戸 天橋立~九世戸~明智光秀が細川藤孝・細川忠興の招きで訪れた日本三…
  8. 明智光秀公の像と南郷池 亀山城(丹波国)~明智光秀の丹波経営の拠点~やがて本能寺へ向かう…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 福知山城~初代城主は明智光秀~領民に慕われた証の御霊会、城代は婿で重臣の明智秀満 福知山城

ピックアップ記事

  1. 金山城址・石碑
  2. 柴田勝家像
  3. 伊呂波太夫
  4. 長井道利
  5. 一乗谷 朝倉氏館跡
  6. 比叡山延暦寺 根本中堂
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP