鎌倉殿の13人

時国家(本家・上時国家)~能登平家の郷~祖先は平大納言時忠。源義経との関係は??

上時国家 出入り口




【時国家(本家・上時国家)】

ときくにけ(ほんけ・かみときくにけ)

祖先は、800年前に能登に流された
「大納言・平時忠 ・・・平清盛の義弟」と伝えられ、
子の「平時国」を初代として現在で25代目とのことです。

【屋敷構え】
江戸初期から300石の豪農として天領大庄屋を務め、
江戸後期(170年前)に、
名工「安幸」が28年かけて完成させた巨大民家です。
入母屋萱ぶきの大屋根の高さは18メートル、
正面玄関は総欅の唐破風造りになっています。 

国の重要文化財となっている主家は、
近世木造民家では最大級、
高さ18メートルの茅葺き大屋根が
巨木の松の間に立っています。

大屋根を支える巨大な梁は、
周囲が2メートルの松の芯材を使用しています。 
内部は、表向きに大庄屋様式の公務用座敷、
裏向きに私用部屋を配した構造になっています。

<建物(国の重要文化財)>
上時国家 建物

現存する近世木造民家では最大級です。
大庄屋屋敷として公用部分と私用部分を分割した構造で、
公用部分の中心に大納言格式を示す
「縁金折上格天井」の
「大納言の間(別名 御前の間)」を配しています。

大納言の間(別名 御前の間)

広間の襖には、
家紋でもある平家定紋の
「丸に揚羽蝶」を金箔で描いて連ねています。 

<丸に揚羽蝶>
丸に揚羽蝶

座敷の境上部には両面彫りの欄間を飾り、
御前の間の欄間は蜃気楼を描いた珍しいものです。
広い空間を占める土間は、
この巨大な建物を支える柱・梁組と、
萱ぶき大屋根の内側構造を見ることができます。
総欅造り唐破風の正面玄関も民家では珍しいとのことです。

<土間と籠>
上部のはりは、松の芯材のみを使って、
その周囲は約2mとなるそうです。
この場所から屋根最頂部の内側を
見ることができるとの事です。
上時国家 土間と籠

私用部分の部屋には、現在は展示品を陳列しています。
大庄屋の公務用品、千石船用品、日用品などで、
極初期の輪島塗の器は美術品として評価が高いとのことです。

<展示品1>
展示品1

<展示品2>
展示品2

<展示品3>
展示品3

鎌倉風の池泉回遊式庭園は、
背後の山を自然に組み込んだ巧みな構成で、
素朴ではありますが力強い作風であり、
国の名勝に指定されています。

<池泉回遊式庭園1>
池泉回遊式庭園1

<池泉回遊式庭園2>
池泉回遊式庭園2

【平時忠と源義経の関係】
文治元年(1185年)、
壇ノ浦で源義経軍に敗れた平家軍。
このとき「平清盛」の義弟である
大納言「平時忠」は長門国で源義経に捕らわれます。
が、入洛後に娘「蕨姫」を源義経の嫁として
押収された機密文書を取り戻すことに成功し、
都に留まり朝廷への出入りも許されていたのでした。
その後、平時忠は能登配流と決まり、
9月末ごろ都を出発し、
現在の珠洲市大谷に到着、
仮小屋を建てて住んだということです。





【源義経逃亡の経路】
この直後の11月、
源頼朝は源義経追討を開始します。 
源義経は都落ちして約1年の間、
吉野山、興福寺、比叡山潜伏の後、
文治3年2月ごろに奥州・藤原秀衡を頼り逃亡を開始。
約半年かけて奥州へ到着します。 
この間山伏に変装し、
北陸を通過したといわれていますが、
そのルートは諸説ありまして、
現在では明確にはわかってはいません。 
けれども能登を通過し、
大谷で平時忠と再会した可能性はあるとのことです。

【二つの「時国家」】
「ときくにけ」には本家と分家(下時国家)の2軒があります。
本家は分家より300m程川上側の高台にあります。

時國家(下時国家)~能登平家の郷~ご先祖様は平大納言時忠

同名での混乱を防ぐため、
現地の看板や表示等は本家を「上時国家」としています。

【所在地】
〒928-0204 石川県輪島市町野町南時国
【電話】
0768-32-0171
休館日:なし
【料金】
<1~10名>
大人550円・高校生440円・小中学生330円
<11~29名>
大人520円・高校生350円・小中学生270円
<30~49名>
大人500円・高校生350円・小中学生270円
<50~59名>
大人470円・高校生350円・小中学生270円
<100名以上>
大人450円・高校生330円・小中学生250円

【営業時間】
<12月6日~3月14日>
冬季閉館
<3月15日~12月5日>
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分迄)

<建物内部の見学について>
※マスク着用でないと中には入れません。
※アルコール消毒のご協力をお願いします。
※靴を脱いで入ります。

所要時間:20~30分程度

【駐車場・トイレ】
上時国家の出入り口の坂の下にあります。
トイレと自動販売機もその場所にあります。

蛭ヶ小島~源頼朝が20年間過ごし北条政子と夫婦となった配流地~

七尾城跡~国史跡の日本五大山城~能登畠山氏の本拠地。上杉謙信、前田利家も登場する能登の歴史攻防の城。

津幡城~平維盛が砦を築き、富樫氏が戦い、上杉謙信が布陣、前田利家が末森城の合戦の軍議を開いた城。

穴水城跡~畠山七人衆で、加賀八家である長一族の元々の本拠地~ご先祖は長谷部信連

能登・野崎城(野崎砦)~天野氏が築城~能登天野氏とは?先祖は承久の乱で活躍した天野政景。

金沢城~加賀百万石の城~歴史的建造物と再建造物の素晴らしさを堪能できるお城です。

和倉温泉~開湯1200年~白鷺が癒し、畠山氏が保護、前田利常公が整備した湯の湧く浦

和倉港より出発!七尾湾イルカウオッチング&クルーズ、ミナミバンドウイルカの家族に会いに行こう!!動画あり。

恋路海岸~えんむすビーチ~悲恋伝説がある能登の海岸、動画あり。

見附島(軍艦島)~えんむすビーチ~能登半島のシンボルの一つです。

空中展望台スカイバード&青の洞窟&聖域の岬~能登半島~日本三大パワースポット、動画あり!

垂水の滝~冬は「吹き上げの滝」で水が落ちてこない不思議な事が起きる!

窓岩(石川県)、窓岩ポケットパーク~曽々木海岸にある天然のアート岩

白米千枚田~日本初の世界農業遺産~日本の原風景

機具岩(はたごいわ)~能登二見~女神が海に落としたはたごが岩になりました。

ゴジラ岩 (石川県)

能登金剛~遊覧船で巌門を観光できます!奇岩、奇勝、断崖が連続する能登を代表する景勝地

千里浜なぎさドライブウェイ~日本で唯一砂浜をドライブできる道路~動画あり!

須曽蝦夷穴古墳~能登島の古墳~国の史跡です。

関連記事

  1. 河村城跡 本丸跡 河村城跡~平安時代から鎌倉時代、南北朝、戦国の世に在り続けた山城…
  2. 高幡城跡  高幡城跡~新選組・土方歳三の菩提寺である高幡不動尊~分倍河原の戦…
  3. 近江・田中城 近江・田中城、明智光秀・文献初登場の舞台とされる城
  4. 有岡城跡 荒木村重と残された女性や家臣たちの悲惨な最期~有岡城の戦い~
  5. 稲毛神社 河崎氏館 河崎氏館について~渋谷氏の祖でありやがて近江源氏の佐々木氏を援助…
  6. 和田義盛 旧里碑 和田義盛と和田合戦~三浦一族~鎌倉幕府創始の功臣だが北条義時に嵌…
  7. 敦賀城 眞願時 蜂屋頼隆~美濃出身、信長の天下布武に貢献した家臣~大谷吉継も城主…
  8. 源頼朝と北条政子の像 蛭ヶ小島~源頼朝が20年間過ごし北条政子と夫婦となった配流地~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 浦戸城跡~桂浜の丘陵にある長宗我部氏の最後の城~浦戸一揆で旧臣が壮絶な抵抗をした場所 浦戸城跡

ピックアップ記事

  1. 渋沢栄一記念館
  2. 金時神社・金時公園
  3. 一乗谷 朝倉氏館跡
  4. 槇島城(現:槇島公園)
  5. 筒井順慶墓所
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP