鎌倉殿の13人

寒河尼(網戸尼)~源頼朝の乳母で結城朝光の母、女地頭となり長寿を全うしました。

報国寺 プロムナード



スポンサーリンク



【寒河尼】

寒河尼/寒川尼(さむかわのあま/さむかわに、
保延3年(1137年)⇒
安貞2年2月4日(1228年3月11日))は、
平安時代末期、鎌倉時代初期の女性です。
八田宗綱の娘とされています。
下野国の豪族である小山政光の後妻で、
結城朝光の母となります。
源頼朝乳母も務めました。
本名は不詳です。
「吾妻鏡」で「寒河尼」と
記されています。
寒川郡の他にも地頭として
補任された地である
阿志土郷(小山市網戸)から
網戸尼(あじとに)とも
称されていました。

【寒川尼の生涯】
宇都宮氏や小田氏の祖、
八田宗綱の娘で
京都で生まれたと見られています。
女房として近衛天皇に
仕えた経歴をもっていたとのことです。
(「老士雑談」)。
源頼朝の乳母の一人となり、
やがて小山氏の祖で、
下野国・国府周辺に
広大な所領を有し
下野最大の武士団を率いていた
小山政光の後妻となったと
考えられています。

【源頼朝を訪ねる】
治承4年(1180年)8月、
源頼朝による反平家の挙兵時、
大番役で当主である
小山政光が在京中であったため、
寒河尼はその年の10月に
当時14歳の大切に育てていた
末子(結城朝光)を伴って
武蔵国隅田宿の
源頼朝の宿所を訪れました。

【のちの結城朝光の元服】
寒河尼は源頼朝と往事を語り、
末子を側近として
奉公させたいと願い、
源頼朝は自ら烏帽子親となって
元服させたのでした。
末子は小山七郎宗朝と
名乗りました。
のちに小山朝光に改名しています。。

【武士団小山氏が味方となる】
夫の不在中は妻が
その権限を取り仕切るのが
当時の慣習でした。
この尼の行動によって
下野国最大の武士団小山氏が
源頼朝方についたことになりました。
小山政光も、
息子達と共に源頼朝の御家人となりました。
そしてこのことが
北坂東の武士団の去就に
決定的な影響を与えたものと
見られています。

寿永2年(1183年)2月、
小山氏の参戦により、
源頼朝方は野木宮合戦で勝利しました。

【女地頭になる】
文治3年(1187年)12月、
寒河尼は「女性たりといえども、
大功あるによる也」として
下野国寒川郡ならびに
網戸郷の地頭職に任ぜられ、
女地頭となりました。
これらの地域は
小山に隣接していますが、
これ以前に小山氏が
支配していたことを
裏付ける証拠がなく、
単なる所領安堵では
「大功」に相応しくないことから、
新恩による所領であったと
考えられています。

【長寿を全う】
安貞2年(1228年)、
91歳という長寿を全うして永眠しました。
墓所は小山市網戸にある称念寺です。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

八田知家~小田氏の始祖であり十三人の合議制の一人で源氏4代に仕えた人物です。

結城朝光~誇り高く抜け目ない政治力と巧みな弁舌で鎌倉幕府に重きを成していきます。

鴫山城~約600年前に築城された長沼氏の城跡、自然の地形を巧みに利用した山城です。

関連記事

  1. 与一塚(佐奈田霊社) 佐奈田霊社~石橋山の戦いで壮絶な死を遂げた真田(佐奈田)与一を祀…
  2. 與一堂(真誠殿) 真田城~神奈川県平塚市にある真田の郷、真田與一義忠(佐奈田義忠)…
  3. 高崎城址 高崎城跡~井伊直政が築城し改修は安藤重信~元は鎌倉時代から存在し…
  4. 浜松城 於愛の方(西郷局)~徳川家康の側室で2代将軍となる徳川秀忠の生母…
  5. 城願寺 城願寺~神奈川県指定文化財となっている土肥一族のお墓と国指定天然…
  6. 熊野川 源行家~平治の乱から熊野に隠れて20年、交渉力はあるが戦下手で、…
  7. 安達盛長の墓所(修善寺) 安達盛長~源頼朝を流人時代からの側近で生涯に渡って支え続け厚い信…
  8. 大庭城址公園 芝生広場 大庭景親~坂東八平氏の鎌倉氏の一族~最期まで平家に忠誠を尽くした…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 大弐局 ~加賀美遠光の娘で兄弟には小笠原氏・南部氏がおり、源頼家・源実朝の養育係を務めた女性です。 法善護国寺 二天門

ピックアップ記事

  1. 慶音寺
  2. 岩津城跡 松平信光
  3. 明智光秀公の像と南郷池
  4. 一條神社(中村御所跡)
  5. 扇谷上杉管領屋敷跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP