鎌倉殿の13人

安楽寺(吉見観音)、比企三山の一つで源範頼が身を隠したと伝わる名刹です。

安楽寺(吉見観音)境内




【安楽寺(吉見観音)】

安楽寺(あんらくじ)は、
埼玉県比企郡吉見町にある
真言宗智山派の寺院です。
山号は岩殿山で院号は光明院です。
本尊は聖観世音菩薩で、
坂東三十三箇所11番札所、
関東八十八箇所75番札所、
東国花の寺百ヶ寺埼玉5番です。
吉見観音とも称されています。

また、第9番慈光寺、第10番正法寺とともに
比企三山とも言われています。

【寺の歴史】
岩殿山安楽寺は坂東11番の札所で
古くから吉見観音の名で親しまれてきました。
本尊は聖観世音菩薩です。
吉見観音縁起によりますと、
今から約1200年前に行基菩薩が
この地に観世音菩薩の像を彫って
岩窟に納めたことが
始まりとされているとのことです。
平安時代の末期には、源頼朝の弟である
源範頼がその幼少期に
身を隠していたと伝えられています。
安楽寺の東約500メートルには
「伝範頼館跡」と呼ばれている場所があり、
現在は息障院があります。
この息障院と安楽寺は、
かつては一つの大寺院を
形成していました。
天文6年(1537年)、
小田原北条氏が松山城を攻めた際に、
その戦乱によって全ての伽藍が消失し、
江戸時代に本堂・三重塔・仁王門が
現在の位置に再建されたと伝えられています。
毎年6月18日は
「厄除け朝観音御開帳」が行われており、
この日は古くから「厄除け団子」が売られています。
現在でも、6月18日は安楽寺の長い参道に
出店が立ち並び、深夜2時ごろから
早朝にかけて大変な賑わいとなるとのことです。

【安楽寺本堂】
<埼玉県指定文化財>
安楽寺(吉見観音) 本堂

奥州征伐のとき、この地に立寄った
坂上田村麻呂によって領内の総鎮守となり、
その後、源平の合戦で名高い源範頼が
吉見庄を領するに及び、
本堂・三重塔を建立したとのことです。
戦国時代に入って
小田原北条氏との戦いですべて消失しました。
現在の本堂は今から約350年前の
寛文元年、秀慶法印によって
再建されたものです。
その様式は禅宗様に和様を交えた
典型的な五間堂の平面を持つ密教本堂です。
内部各部材に施された
華麗な色彩文様と共に
江戸時代前期の様式を
保持しているとされています。
屋根は元々は柿葺でしたが、
大正12年の改修の際に
銅瓦棒葺に改められました。





【安楽寺三重塔】
<埼玉県指定文化財>
安楽寺 三重塔

現存する三重塔は今から
約380年前の寛永年間に
杲鏡法印によって建築されたものです。
本堂・三重塔・仁王門・大仏等の中では
最も古い建造物となります。
総高約24.3メートルの三重塔で
基壇は設けられず、
心柱は初重天井上の梁で
支えられているとのことです。
屋根は柿葺でしたが、
現在は銅板葺に改められています。
初重の面積は高さに比較して非常に大きく、
また各重の面積の縮減も程よく、
これに加え軒の出が
非常に深いので
塔全体にどっしりとした
安定感を感じさせるとのことです。

【安楽寺仁王門】
<埼玉県指定文化財>
本建造物は、境内の入口に南面して立つ
三間一戸の八脚門です。
規模は、表三間のうち
両側の仁王像安置の間が
約2.38メートルあり、
中央は約2.94メートルです。
側面は二間とも約2.38メートルです。
正面両端間には金剛棚を廻めぐらし
内部に「阿」「吽」の
密迹金剛力士二体が安置されています。
屋根は元々は瓦葺でしたが、
現在は銅板葺に改められています。

安楽寺仁王門及び仁王像

【仁王像】
<吉見町指定文化財>
仁王像の造立は息障院文書から
元禄15年(1702年)と考えられています。
平成8年~平成10年にかけて実施された
解体修理では、元禄年間の
造立時の寄進者を列記した
幅六寸、長五尺二寸の板が
胎内から11枚発見されたとのことです。

【交通アクセス】
東武東上本線 「東松山駅」よりタクシー10分程度
関越自動車道 「東松山」ICから
北東へ約8km・20分程度

【駐車場】
100台程度

【所在地】
埼玉県比企郡吉見町御所374

【トイレ】
男女一緒ですがあります。

源範頼~ひそやかに育てられ、兄の源頼朝のために尽力するも嵌められて消えてゆく

比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕府創立の陰の功労者。

北条氏康~小田原北条3代目~相模の獅子 ・関東八州にその名を轟かした猛将は戦国随一の民政家。

岩殿観音正法寺 ・開基1300年の古刹、源頼朝の庇護の下比企能員が再興し北条政子の守り本尊となる。

関連記事

  1. 大庭城址公園 芝生広場 大庭景親~坂東八平氏の鎌倉氏の一族~最期まで平家に忠誠を尽くした…
  2. 熊川城 熊川城~沼田麝香(細川マリア)の出身地・細川藤孝正室で細川ガラシ…
  3. 葛見神社 境内 工藤佑経~復讐の連鎖の果てに~曽我兄弟の仇討の相手で後見人の伊東…
  4. 伝堀越御所跡 伝堀越御所跡~堀越公方が居住していた場所と伝わる。伊勢盛時に攻め…
  5. 丹後局 供養塔(横浜市戸塚) 丹後局(丹後内侍)、源頼朝の妻妾で比企一族ともされています。供養…
  6. 若き長宗我部元親像 戸ノ本古戦場 (長浜の戦い)・長宗我部元親の初陣
  7. 津幡城跡(物見砦) 津幡城~平維盛が砦を築き、富樫氏が戦い、上杉謙信が布陣、前田利家…
  8. 千葉常胤 千葉常胤~桓武平氏の流れをくむ千葉氏の中興の祖~鎌倉幕府成立に大…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。 源頼家 墓所 修善寺

ピックアップ記事

  1. 大田原城 天守閣
  2. 皆川城跡
  3. 真珠院八重姫御堂
  4. 明智光秀 桔梗
  5. 鐙摺山と小浜海岸
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP