鎌倉殿の13人

金子家忠~大剛勇の強者として活躍した武蔵七党・村山党の金子一族で入間に墓と屋敷跡があります。 




スポンサーリンク



金子家忠

金子家忠(かねこ いえただ)は、
平安時代末期・鎌倉時代初期の
武蔵国入間郡の武将です。
武蔵七党村山党金子氏の一族。
父は金子家範です。
兄弟に金子親範がいます。

金子十郎家忠宝篋印塔 入口

【生誕】
保延4年(1138年)

【死没】
建保4年2月17日(1216年3月6日)

【別名】
十郎

【墓所】
瑞泉寺跡
(埼玉県入間市大字木蓮寺874)

【幕府】
鎌倉幕府御家人

【主君】
源義朝⇒平清盛源頼朝
源頼家源実朝

【氏族】
桓武平氏村山党金子氏

【父】
金子家範

【兄弟】
親範、家忠

【妻】
畠山重忠の姉・重子

【子】
家高、多賀谷家政、家広、家親

【生涯について】
19歳の時、保元の乱が起こり初陣します。
同じ村山党の仙波家信らと共に
後白河天皇方の源義朝に従い、
源為朝が守る白河の御殿を攻め、
高間兄弟を一騎討ちで倒しました。
平治の乱では源義平のもとで活躍しました。

治承4年(1180年)には
衣笠城合戦に平家方として
畠山重忠などとともに参加し、
21本の矢を受けましたが
一歩も退かずに戦い、
敵の三浦義明も感嘆したということです。
けれども和田義盛
あごの下を射られ退却しました。

その後は源頼朝に従い、
源義経の平氏追討軍に属しました。
その功績により武蔵国金子や
伊予国新居や播磨国鵤荘
ほかの地頭となりました。

<金子家忠公 宝篋印塔>
金子家忠公 宝篋印塔

上段中央に金子十郎家忠の印号法名、
右に弟親範、三男高範、
左に長男家広、嫡男家繁、
下段には家忠の妹のほか高範を除く
4人の夫人の法名が記されているとのこと。
またそれぞれの名の右には
没年と俗名と続柄が記されています。
金子家忠公と一族 宝篋印塔 説明

<金子一族の位牌堂>
金子一族の位牌堂

<金子家忠公屋敷跡>
金子家忠屋敷跡 入間
瑞泉院の南側約300mの一帯
である模様です。




スポンサーリンク



【瑞泉院】
金子家忠の正室は、
秩父庄司・畠山重忠の姉「重子」でした。、
建仁元年(1201)3月23日死去。
それで妻のために寺院を建立。
「木蓮院殿標室榜大姉」の院号により、
開基当初は「木蓮寺」と称していましたが、
建保4年(1216)2月17日
金子家忠が死去します。
「瑞泉院殿翁道英大居士」の院号により、
寺の名を「瑞泉院」と改めたとのことです。
また、木蓮寺は地名として残っているとのこと。

瑞泉院 入間市

瑞泉院は
天明(1781~1789)と
元治(1864~1865)の
2回にわたり大火に見舞われ、
七堂伽藍がことごとく焼失となりました。
現在は寺院の建物はありません。

入間霊園となっています。

【交通アクセス】
(電車)
JR八高線「金子」駅より徒歩20~25分程度。

(電車・バス)
西武池袋線「入間市」駅より
西武バス「入市32」河辺駅北口行
「入間霊園」バス停下車(20分程度)

JR青梅線「河辺」駅より
西武バス「入市32」入間市駅行
「入間霊園」バス停下車(15分程度)

(車)
国道16号線「富士原」から8分程度。
国道299号線「小谷田」から10分程度。
圏央道「青梅」ICより5分程度。

【駐車場】
入間霊園の駐車場があります(無料)。

【トイレ】
男女別の水洗トイレがあります。

【金子氏】

金子氏(かねこし)は、
平安時代後期から鎌倉時代
室町時代にかけて
武蔵国(現在の東京都、埼玉県、神奈川県の一部)
を中心として近隣諸国にまで
勢力を伸ばしていた武蔵七党の
村山党から派生した支族です。
桓武平氏の流れをくみ、
武蔵国入間郡金子
(現在の埼玉県入間市金子)
を拠点にその周辺地域を領しました。

武蔵国多摩郡村山を領した
平頼任が村山党の祖となり、
その孫の家範が入間郡金子に住み
金子を名乗ったのが始まりとなります。
現在でも埼玉県入間市から
東京都清瀬市周辺にかけて
金子の姓が多く見られるとのことです。

金子家範の子である金子家忠は
保元の乱・平治の乱などで活躍し、
その功績により伊予国新居
(現在の愛媛県新居浜市)等の
地頭となりました。
豊臣秀吉の四国征伐に抵抗して
名を馳せた金子元宅など、
金子家忠の孫である
金子家広の子孫は
伊予金子氏として
約300年もの長きにわたり繁栄しました。

金子家忠公と一族 位牌堂

武蔵金子氏
金子氏嫡流はそのまま
代々入間郡金子を領しました。
南北朝時代、武蔵平一揆が起こると
金子家祐は河越氏に従い敗北します。
その後は関東管領上杉氏家臣の
武蔵守護代大石氏に従いました。
戦国時代になり、
河越夜戦で上杉氏が小
田原北条氏に敗れ没落すると、
金子家長は逸早く
天文15年(1546年)には
北条氏康に属しました。
以後は八王子城北条氏照に従い
下野国進出などで活躍しました。

金子家忠公と一族 宝篋印塔 

天正18年(1590年)の
小田原征伐前田利家上杉景勝
軍勢が攻めてくると、
松山城留守居を勤めていた
金子家基は城代の山田直安以下
難波田憲次・若林氏らと共に
前田・上杉勢に降伏しました。
金子家基は直江兼続軍の
先兵となって八王子城を攻めました。

小田原北条氏が滅亡すると
金子政熙はその後も
上杉景勝に属しましたが、
慶長5年(1600年)の
徳川家康による会津征伐によって、
上杉景勝の領地が削減されたとき
浪人の身となりました。
その後は京都所司代板倉勝重に仕え、
子の金子政景は板倉氏の老臣として
重用されましたが、後に自害しました。
金子政景の妻は長州藩士の
宍戸元真(毛利氏一門宍戸氏)
の娘であったため、
子どもを連れて実家のある長州藩へ戻り、
子ども達は長州藩士として仕えたということです。




スポンサーリンク



【伊予金子氏】
伊予金子氏(いよ-かねこ-し)は、
金子家忠の保元の乱・平治の乱
などでの功績による恩恵を受け、
建長年間に金子氏祖である
金子家範の曾孫である
金子広家が伊予国新居郡の
領地に移り住んだことに始まります。
金子広家は領地を金子と名付け、
平野を遠く見渡せる
丘陵地(金子山)に
金子城を築いてその基礎を固めました。
新居一帯は伊予国の有力豪族河野氏と
讃岐国の細川氏がせめぎ合う激戦地でした。
南北朝時代に将軍 足利義満によって
和睦が成立し、
金子氏は細川氏配下になったと
見られています。
その後、戦国時代になると
石川氏が新居・宇摩を治めるようになり、
金子氏はその有力武将として
石川氏を支えて発展したということです。

戦国時代後期に
土佐の長宗我部元親
四国制覇に乗り出した時には
石川氏は弱体化して名目上の領主でしかなく、
金子元宅(金子備後守元宅)が
事実上の支配者であったものと
見られています。
長宗我部元親は
金子元宅を通じて石川氏と結び
この一帯の覇権を手にしました。
けれどもそれも束の間で、
羽柴秀吉による
全国統一へ向けた四国攻めが開始。
天正13年(1585年)秀吉配下の
小早川隆景率いる毛利軍は
瀬戸内海を渡り新居に上陸し、
これを金子元宅は配下の武将を従えて
迎え撃ちますが(天正の陣)、
圧倒的な兵力の差の前に
野々市ヶ原の戦いで討ち死にしました。
弟の対馬守元春に託された
金子城も落とされ、
約330年にわたる
伊予金子氏の新居郡における歴史は
幕を閉じたのでした。

金子氏居館跡には元和4年(1618年)に、
天正の陣を生き延び出家した
金子元春により
歴代城主や武将を弔う菩提寺として
慈眼寺が建立され、
今に至るまで守られ続けています。
また僅かに残った一族は
長宗我部元親に保護され、
徳川幕府による大坂夏の陣において
豊臣方につきましたが敗れ、
その後は九州天草の地に
根付いたとも云われています。
また、土佐山内氏に仕え、
後に商人となった一族の末裔に
鈴木商店の番頭として
辣腕を振るった金子直吉が出ているとのことです。

【村山党】

村山党(むらやまとう)とは、
平安時代から鎌倉時代にかけて、
武蔵国多摩郡村山郷
(現在の狭山丘陵付近)に
勢力のあった武士団の事です。
武蔵七党の一つであり、
野与党と同族であるとのことです。

【村山党の歴史】
平安時代、平頼任が北多摩郡村山に住み、
村山氏と名乗ったと言うことです。
村山頼任の子孫とされる
一族を村山党と呼びます。
主な一族には金子氏、宮寺氏、
山口氏、仙波氏などがあります。
子孫は狭山丘陵の北部の
武蔵野の台地上に広がっています。
金子十郎・山口六郎は
共に台地上の畑地を占め、
仙波七郎の居も川越市仙波で
台地上で前面には
荒川の低地の水田が広がっています。
三条町の条里地域の
西北方約十キロメートルの地点となります。
条里の遺構は不明瞭です。
彼らの名字の地(本貫)は
現在でも地名として入間市金子、
入間市宮寺、川越市仙波、
所沢市山口などに残っています。




スポンサーリンク



【鎌倉幕府樹立前後】
保元の乱では後白河天皇方として
金子家忠や仙波家信が活躍しました。
治承・寿永の乱では、
当初村山党は他の
武蔵の武士団のほとんどと同じく
平家方でした。
吾妻鏡によりますと、
治承4年、
武蔵の平氏方の中心的存在である
秩父党畠山氏の畠山重忠に従い、
村山・金子氏の一党も
相模国の三浦氏を攻撃しています
(衣笠城合戦)。
その後畠山氏と同じく
源頼朝の傘下に入ったのでした。

衣笠城跡 物見台

【鎌倉時代】
鎌倉時代以降、村山党には
金子氏や仙波氏など
伊予国を初めとする西国に
所領を得たものも多かったのですが、
武蔵では秩父党棟梁の
河越氏に従っていました。
鎌倉時代末期には
河越高重に従い
新田義貞の倒幕軍に加わり、
分倍河原の戦いなど
倒幕の原動力となりました。

瑞泉院跡 入間霊園

【室町期】
室町幕府が成立すると、
鎌倉公方や関東管領の支配が強くなり、
応安元年(1368年)1月、
河越直重を中心に武蔵平一揆を
起こしましたがあえなく鎮圧されました。
山口高清などは自害し
村山党諸氏は没落しました。
以降村山党諸氏は
関東管領上杉氏家臣の大石氏に従います。

【戦国時代~江戸時代】
戦国時代になり上杉氏が
小田原北条氏に敗れ没落しますと、
主家を失った大石定久
北条氏康の三男である
北条氏照を娘婿に迎えて家督を譲りました。
以降、小田原北条氏の支配下となりました。
小田原征伐で小田原北条氏が滅亡し
徳川家康が関東に入ると、
その支配体制に組み込まれていきます。
村山党の子孫の一部は、
徳川氏の旗本となって存続したのでした。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

後白河院(後白河院天皇)(後白河法皇)「治天の君」の地位を保持した「日本一の大天狗」の異名をとる人物。

源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。

源実朝~3代将軍にて天才歌人~繊細で思慮深く秘めた志あり、やがて雪の中に散っていく。

菅谷館跡と鶴ヶ峰・二俣川の古戦場散策~畠山重忠公の足跡を訪ねて。

三浦義明と衣笠城合戦~長老は自らの命を盾に三浦一族の未来を守りました。

和田義盛と和田合戦~三浦一族~鎌倉幕府創始の功臣だが北条義時に嵌められる

武蔵・村山城~福正寺の境内は武蔵七党・村山党の城跡・推定地、最後の当主村山土佐守義光。

金鑚神社~武蔵国五宮、社名は砂鉄からとの伝承があり、神体山を祀る古代祭祀の面影を残す神社です。

中山家範館~武蔵七党の丹党、中山家範は八王子城で戦死、子の中山信吉は水戸藩附家老に出世。

北条氏照~北条氏政の同母弟、文武両道で外交手腕に長けており、兄を補佐し盛衰を共にしました。

八王子城~日本100名城で日本遺産となった関東屈指の山城、城主は北条氏照でした。

毛呂山城跡(毛呂氏館跡)と毛呂一族の墓~源頼朝に仕えた在地領主で、戦国時代まで存続しました。

越生館(越生神社)と高取山城~武蔵七党の一つ児玉党の一族であった越生氏が築城。

花園城~築城は平安末期、猪俣党の一族で山内上杉氏の重臣を代々務めた藤田氏の居城です。

北条氏康~小田原北条3代目~相模の獅子 ・関東八州にその名を轟かした猛将は戦国随一の民政家。

長宗我部元親について~手短にわかるその生涯と四国統一~

扇谷上杉管領屋敷跡~扇谷上杉氏の遠祖は足利尊氏の叔父、鎌倉公方を補佐する関東管領家として鎌倉に居住しました。

足利公方邸跡(鎌倉)、鎌倉時代初期に足利義兼が構えた屋敷は足利尊氏も住みやがて激動の室町時代を迎えます。

横山党館~八幡八雲神社(八王子)・横山党は武蔵七党の一つで関東最大勢力の武士団です。

伏見広綱~源頼朝の有能な右筆、のハズが頼朝の兄嫁への恋文の使いと亀の前を匿って遠江に流罪となりました。

関連記事

  1. 国吉城・上の道 国吉城~難攻不落の落ちない城~朝倉攻防10年間・粟屋勝久守りぬく…
  2. 音無神社 頼朝と八重姫 音無神社~源頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた伝承の地~ひぐらしの森で…
  3. 造海城 千葉 造海城~真里谷氏が築城、里見水軍の拠点として活用、灯籠坂大師の切…
  4. 明智城 石碑 明智城址と天龍寺と明智一族、築城主の明智頼兼(土岐頼兼)とは?
  5. 久々利城・登城口 久々利城跡~土岐久々利氏・遺構がわかりやすい土の城~斎藤正義を暗…
  6. 椎の木屋敷(愛知県刈谷市) 椎の木屋敷~徳川家康の生母である於大の方が松平広忠との離縁後に住…
  7. 館山城址 安房里見氏 館山城と八遺臣の墓~安房里見氏最後の城であり、南総里見八犬伝のモ…
  8. 國王神社(坂東市岩井) 國王神社~平将門公終焉の地に三女如蔵尼によって創建されたと伝わる…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 明智神社と称念寺(新田義貞公の墓所)~あけっつぁまと妻の黒髪~明智光秀の越前時代の居住地 明智神社 祠

ピックアップ記事

  1. 大田原城 天守閣
  2. 西浦温泉 松島
  3. 武家屋敷 塩見縄手
  4. 四天王政孝・政実
  5. 宇佐美の海
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP