鎌倉殿の13人

藤原秀康~承久の乱での朝廷側の大将軍ですが、後鳥羽上皇に見捨てられ京で斬られます。

モネの池(岐阜県)



スポンサーリンク



【藤原秀康】

藤原 秀康(ふじわら の ひでやす)は、
鎌倉時代前期の武将。
承久の乱での後鳥羽上皇側の大将軍でした。

【死没】
承久3年10月14日(1221年10月30日)

【官位】
下野守、河内守、備前守、能登守

【氏族】
藤原北家秀郷流

【父】
藤原秀宗

【母】
源光基娘

【兄弟】
秀康、秀能、秀澄

【子】
藤原有能室?

【生涯】
尊卑分脈によりますと、
藤原北家秀郷流の
藤原秀宗の長男となります。
父である藤原秀宗、
祖父である藤原秀忠の業績は
伝えられてはいません。
尊卑分脈においては、
父の藤原秀宗については
「実は和田三郎平宗妙の子なれども、
秀忠外孫のため嫡男とし、姓藤原を相続」
と注記されているとのことです。

けれども、和田義盛
藤原秀康の弟である藤原秀能の
年齢差からいって、
藤原秀康が和田義盛の弟である
和田宗実の孫という説には
かなりの無理があるとのことです。
越後和田氏の関係史料に藤原秀忠や
藤原秀康がまったく出てこないため、
和田三郎平宗妙は和田宗実と
別人ではないかとの意見もあるほどです。

【富裕な経歴】
北面武士、西面武士として
院に仕える畿内近国の武士の一族で、
下野守、河内守、備前守、
能登守など国司を歴任し、
富裕並びなき者とされていました。

三浦胤義を味方につける】
後鳥羽上皇の討幕計画に参与し、
有力御家人の三浦義村の弟である
三浦胤義を説得して味方に引き入れました。

【承久の乱での働き】
承久3年(1221年)の承久の乱では
挙兵の際に京都守護である
伊賀光季(伊賀の方の兄弟)を攻め殺します。
所従の押松に有力御家人へ宛てた
北条義時討伐の院宣を持たせ
使者として鎌倉へ送りますが、
押松は幕府方に捕らえられます。




スポンサーリンク



「吾妻鏡』によりますと、
北条政子が御家人を説得するために
鎌倉で行った演説で秀康は
三浦胤義と共に上皇に讒言した
逆臣として名を挙げられており、
幕府からは京方の中心人物と
目されていたことがうかがえます。
京方の大将軍として
弟である藤原秀澄と共に美濃国と
宇治川で幕府軍と戦いますが敗北しました。

【後鳥羽上皇に見捨てられる】
後鳥羽上皇は藤原秀康らを見捨てて、
乱を引き起こした謀臣として
逮捕の院宣を出してしまいます。
藤原秀康は奈良に潜伏するが、
10月に河内国で捕らえられ、
藤原秀澄と共に京で斬られました。

なお優れた歌人であった
弟の藤原秀能は出家して許され、
後に遠島された後鳥羽法皇を慕い
隠岐島へ渡っています。

2022年NHK大河ドラマ
鎌倉殿の13人」では
星 智也(ほし・ともや)さんが演じられます。

北条義時~鎌倉幕府2代執権~冷酷無情・現実を客観視して行動できる理想家なのか?

北条政子~いちずに恋した乙女は幾多の悲しみと困難を乗り越え尼将軍となった。

北条泰時~道理の人~北条執権政治の中興の祖で御成敗式目を制定した。

北条時房~初代連署で六波羅探題南方、北条義時の弟で甥の北条泰時とは最高の相棒であり好敵手でした。

後鳥羽院(後鳥羽上皇)、承久の乱を起こし文武両道多芸多能で怨霊伝説もあるスゴイ人物。

源頼茂~摂津源氏で在京御家人で鎌倉と朝廷を仲介する立場、後鳥羽院に追討され自害。

三浦義村~鎌倉幕府の創設期から執権政治の確立まで仕え権謀術数に優れた策略家

三浦胤義~三浦義村の弟で妻は源頼家の側室、承久の乱では京方として三浦一族と激闘の末、自害します。

大江広元~四男の毛利季光は毛利氏の祖となりやがて戦国大名の毛利氏へと続きます。

伊賀の方~北条義時の継室で7代執権の北条政村の生母、伊賀氏の変は政子との女性の戦か?

関連記事

  1. 静岡 渋川館付近 渋川館について~梶原景時及び梶原一族と合戦になり自害に追い込んだ…
  2. 岩殿観音正法寺 観音堂 岩殿観音正法寺 ・開基1300年の古刹、源頼朝の庇護の下比企能員…
  3. 高崎城址 高崎城跡~井伊直政が築城し改修は安藤重信~元は鎌倉時代から存在し…
  4. 相良城跡 相良城跡~相良氏館⇒相良古城⇒相良御殿⇒相良陣屋⇒老中・田沼意次…
  5. 日暮八幡神社 日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮…
  6. 慶音寺 仁田館跡~慶音寺に今も残る土塁と堀。仁田忠常について。
  7. 問注所跡(鎌倉) 三善康信~鎌倉幕府の初代問注所執事で母は源頼朝の乳母の妹です。問…
  8. 清光寺(北区豊島) 清光寺~豊島清元(豊島清光)開基で居館が近くにあり豊島氏発祥の地…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 鹿沼城~宇都宮家臣の壬生氏が支配を任された場所 鹿沼城址

ピックアップ記事

  1. 東伊豆の海 豆州
  2. 寿福寺 北条政子
  3. 安芸木村城
  4. 渋沢平九郎
  5. 伝通院 於大の方の墓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP