城跡

越中・朝日山城跡(氷見城跡)~築城は南北朝~畠山七頭の争いに身を投じてしまった鞍川清房・鞍川清経。

越中・朝日山城跡



スポンサーリンク



【朝日山城 (越中)】

越中の朝日山城(あさひやまじょう)は、
富山県氷見市幸町朝日山公園にかつてあった
日本の城跡で平山城です。

【別名】
(旧)氷見城

【城郭構造】
平山城(標高48m(比高30m))

【天守構造】
不明

【築城主】
不明

【築城年】
南北朝時代

【主な改修者】
不明

【主な城主】
鞍川氏?

【廃城年】
天文19年(1550年)
あるいは
天文22年(1553年)

【遺構】
郭、堀切

【指定文化財】
未指定

【再建造物】
なし

【朝日山城について】
南北朝時代に築かれた砦跡とされています。
別名は「氷見城」とも呼ばれていますが、
こちらの築城は南北朝であり、
別名の氷見城は他にもあるので、
(旧)氷見城、となります。

戦国時代には、
神保長職の家臣の鞍川氏とされていますが、
詳細は不明です。

鞍川氏は、現在の氷見市鞍川一帯を治めていた豪族でした。
なお、鞍川氏の本拠地は北西方向の1km位にあった
「鞍川城」とされており、
こちらは支城であった可能性があります。
やがて鞍川清房・鞍川清経は、
神保長職から離反し、七尾城畠山氏に寝返ります。
けれどもやがて守護・畠山氏に不満が募っていきます。
天文19年(1550年)、
第8代当主の畠山義続(よしつぐ)の政治に
不満を持った家臣たちが
温井総貞遊佐続光を大将として反乱を起こします。
ふたりを含めて反乱を起こした家臣のうち、
主要な者は「七頭」(畠山七人衆)と呼ばれ、
後に「七頭の乱」と呼ばれるようになります。
遊佐続光は鞍川清房・鞍川清経を味方に引き入れ、
鞍川清房・鞍川清経は遊佐続光側として戦います。
そして同年11月24日、能登に進軍します。
翌日、天神河原に布陣した末吉城の平重冬に加わり、
戦ったのち、鞍川清房・鞍川清経は討ち死にして
鞍川氏はどうやら滅んでしまい、
朝日山城もやがて廃城になった模様です。




スポンサーリンク



なお、天文22年(1553年)に起きた
畠山七人衆(畠山七頭)のリーダーであった
遊佐続光と温井総貞の争いである大槻一宮合戦で
討ち死にしたともいわれています。

現在は朝日山公園として整備され、
富山湾を見渡すことが出来て、
眺めがよく大変すばらしいです。
富山県立氷見高校が隣接しており、
この高校の敷地内に、遺構があるとのことです。

<朝日山公園の眺め>
朝日山公園の眺め

<展望台(眺望台)>
朝日山公園 展望台(眺望台)

<駐車場2>
展望台近くの駐車場の他にも駐車場があります。
朝日山公園 駐車場2

【鞍川氏の後の支配者】
其の後、氷見周辺を支配したのは
菊地武勝ですが、本拠地は阿尾城でした。
阿尾城も、別名を氷見城としており、
こちらの氷見城の方が有名かもしれません。

【所在地】
富山県氷見市幸町朝日山公園

【駐車場】
あり、無料

【交通アクセス】
JR「氷見」駅より徒歩25分程度。
公園の頂上まで車で上がれます。

七尾城跡~国史跡の日本五大山城~能登畠山氏の本拠地。上杉謙信、前田利家も登場する能登の歴史攻防の城。

穴水城跡~畠山七人衆で、加賀八家である長一族の元々の本拠地~ご先祖は長谷部信連

能登・野崎城(野崎砦)~天野氏が築城~能登天野氏とは?先祖は承久の乱で活躍した天野政景。

富山城~築城は畠山氏家臣の神保氏、上杉氏や佐々氏との攻防を経て富山加賀藩として明治まで存在。

蜷川館跡~蜷川氏の発祥の地~蜷川氏とはアニメ「一休さん・蜷川新右エ門」のモデル、明智光秀の家臣など。

越中国守館跡~越中国~大伴家持が赴任し暮らした館、万葉集を中心に良く歌に詠まれた国 

関連記事

  1. 浦戸城跡 浦戸城跡~桂浜の丘陵にある長宗我部氏の最後の城~浦戸一揆で旧臣が…
  2. 稲村城跡(安房国) 稲村城 (安房国)~天文の内訌の舞台の城、古代以来安房国内で 最…
  3. 大見城跡 伊豆 大見城跡(伊豆)~鎌倉御家人の大見氏はやがて越後に行き、水原氏か…
  4. 十神山城跡 十神山城 、中海の水軍を抑える要害~尼子十砦~
  5. 平作城 城の腹堰の石碑 平作城~衣笠城の支城、三浦義明の弟の孫である平佐古(蘆名)為重の…
  6. 亀穴城址(滝山城址)と宮崎神社 奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏…
  7. 三太刀城跡 三太刀(みたち)城跡~小早川氏の祖である土肥遠平の御館か?~相模…
  8. 桜山城(三原城詰の丸) 備後桜山城(三原市)~三原城の詰城~山頂から三原市街や瀬戸内海が…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 天野遠景~工藤氏の一族で天野氏の祖~初代の鎮西奉行に就任。子孫が各地で根付き繁栄します。 東伊豆の海 豆州

ピックアップ記事

  1. 天橋立・九世戸
  2. 久々利城・登城口
  3. 通化寺 風景
  4. 大見城跡 伊豆
  5. 進士貞連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP