城跡

出雲・鶴ヶ城(別名は田儀城)~築城年が諸説あるも尼子36城の一城でした。

鶴ヶ城(田儀城)島根県



スポンサーリンク



【出雲・鶴ヶ城】
【形態】
山城(147m/135m)

【遺構】
石垣,土塁,郭,堀

【別名】
田儀城

【施設】
トイレ・駐車場有

【概要】
築城年代は不明ですが、
大永年間に小野玄蕃によって
築かれたと云われているそうです。

【落城の経緯】
元亀3年(1572年)、
小野氏の家臣である広瀬右近之丞が守っていましたが、
毛利輝元によって攻められ落城し、
その後は田儀城と改められて、
毛利氏の家臣の大鳥馬田が城主となったということです。

【築城年としての一説】
鶴ヶ城の始まりは、
康和4年(1102年)、
源義家の嫡子である源義親が、
隠岐へ流される途中、清嶽山に柵を作り
鶴ヶ丸と名付けて
弟の水面の義忠とともに守ったそうです。
また、吉野朝のころ(1336年~1392年)、
地頭古荘二郎左衛門が清嶽山へ
築城したことも伝えられています。

尼子氏の時代の築城年】 
室町時代の大永年間(1521年~1528年)、
小野(古荘)玄蕃守が清嶽山に城を築き、
鶴ヶ城と名付け、
尼子36城の一城として1万5千石を領しました。
当時は尼子氏が山陰山陽11か国を
勢力下に治めていたころの事でした。

【毛利氏との攻防】 
元亀3年(1572年)、
小野氏の家老である広瀬右近之丞が
鶴ヶ城をよく守り、防戦していましたが、
銅山師の三島清右衛門の進言を入れた
毛利輝元に攻められて落城しました。
その後は、徳川幕府の武家諸法度により
廃城となりました。

【地形】
 山頂(標高147.4メートル)には
500坪(1650平方メートル)
余の平坦地があります。
その下方南側には
200坪(660平方メートル)程の馬場跡、
その西に弓場跡と思われる平坦地が見られます。
大手木戸口は津戸側であったと
伝えられているとのことです。

月山富田城~出雲国守護の城、170年間尼子氏6代の本拠地で別名は天空の城、日本五大山城です。

関連記事

  1. 岡本城(安房国) 安房里見氏 岡本城(安房国)~里見氏城跡として国の史跡に指定、里見水軍の拠点…
  2. 駿府城本丸跡と晩年の徳川家康公の像 駿府城(日本100名城)~最初は今川氏による領国支配の中心地、そ…
  3. 本佐倉城 本佐倉城~続日本100名城・国指定史跡で千葉氏の最後の拠点、下総…
  4. 関城跡・関親子の宝篋印塔 関城跡(常陸国)~南北朝時代に南朝方であった関宗祐・宗政親子が北…
  5. 猪苗代城 猪苗代城 ~三浦一族で蘆名氏と同族の猪苗代氏が築城し約400年間…
  6. 勝見城(上総国)(千葉県) 勝見城~上総広常の弟の金田頼次が築城と伝えられており、戦国期は庁…
  7. 熊谷家住宅 石見銀山 熊谷家住宅 ~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産…
  8. 女渕城・水堀 女渕城址~城主は真田昌幸の策略で謀殺された沼田景義~上杉VS北条…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 大高城~松平元康(徳川家康)が兵糧を届け守備につき、本多忠勝が初陣及び元服しました。 大高城址

ピックアップ記事

  1. 小浜城跡 小天守
  2. 熊谷家住宅 石見銀山
  3. 岡崎城 辰巳櫓
  4. 一條神社(中村御所跡)
  5. 甲斐・須沢城
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP