城跡

三笠山城・島根県~尼子十砦~山中鹿介が祈った三笠山の月の場所。

三笠山城跡 島根




【三笠山城】

三笠山城は島根県安来市広瀬町広瀬八幡町にある日本の城です。
標高236mの三笠山に築かれており、
比高は約200mになります。

【遺構】
郭、堀

【川向かいには月山富田城
飯梨川を挟んで東側には
尼子氏の本拠地であった月山富田城があります。
駒坂峠及びその南方を抑える要所でした。

【名称の由来】
冨田八幡宮の裏山にあって、
頂上の本三笠を中心にして
四つの峰があるうち、
その三つが重なり合った
「三つの」笠に見えるために、
三笠山と名付けられたそうです。
なお、牛尾氏の出雲・三笠(牛尾)城も
別名として「三笠山城」ともいうので
注意が必要です。

【城の歴史】
最初の築城年代は不明ですが、
明徳2年(1391年)に、
伯耆守護の山名満幸(山名播磨守満幸)が、
後円融上皇の御領であった
出雲・仙洞領の「横田荘」を横領したとあります。
そして、代官となった
石原宗政が築いたのが、出雲・三笠山城と伝わっています。

其の後、足利幕府三代将軍であった足利義満
当時一か国の勢力の守護となっていた山名一族を
抑えるために山名満幸を丹波に追放しました。
やがて山名氏清、山名満幸ら山名氏が
室町幕府に対して反乱を起こします。
この反乱が「明徳の乱」、
別名「内野合戦」とよばれる反乱です。
その結果、山名氏の勢力は減退し、
三笠山城は破却されたとされます。

戦国時代、
西村治右衛門が出雲・三笠山城に入っており、
尼子十砦(あまごじっさい)のひとつになりました。
第一次月山富田城の戦いでは、
毛利元就方の軍勢が布陣したそうです。

またこの三笠山城は
尼子方の武将である山中幸盛(山中鹿之介)が
三笠山にかかる三日月に向かって
「願わくば我に七難八苦を与え給え」
と祈ったと伝わる、月見の名所でもあります。

構造上から月山富田城の支城というよりも、
月山富田城を攻める時に活用した
向城の意味合いが濃厚であるようです。

八幡宮裏手の宮尾から山道がのびているとのことです。

【所在地】
〒692-0404 島根県安来市広瀬町広瀬八幡町

月山富田城~出雲国守護の城、170年間尼子氏6代の本拠地で別名は天空の城、日本五大山城です。

十神山城 、中海の水軍を抑える要害~尼子十砦~

三笠(牛尾)城跡・島根県~尼子十旗で尼子再興軍の拠点の城。城主は牛尾氏。

玉造要害山城・城主の湯氏は、宇多源氏佐々木一族で、戦国の知将にて辣腕大名の亀井茲矩のご先祖です。

熊野城~尼子十旗のひとつで月山富田城の防衛の要

神西城~尼子十旗・城主の神西氏は武蔵七党の小野氏が先祖です。最後の城主は神西元通。

高瀬城(出雲)、鳶ヶ巣城・平田城と同じく宍道湖の水軍の要衝として重用された城で尼子十旗。

宇龍城跡~奥出雲産の鉄の積出港として大変栄えた宇龍の湊。

関連記事

  1. 神西城址 神西城~尼子十旗・城主の神西氏は武蔵七党の小野氏が先祖です。最後…
  2. 米子城跡 米子城 (続日本100名城) ・国指定史跡~2つの天守がかつて存…
  3. 反町館跡 反町館跡~新田義貞公の館の跡~新田庄遺跡
  4. 女渕城・水堀 女渕城址~城主は真田昌幸の策略で謀殺された沼田景義~上杉VS北条…
  5. 高崎城址 高崎城跡~井伊直政が築城し改修は安藤重信~元は鎌倉時代から存在し…
  6. 越中・朝日山城跡 越中・朝日山城跡(氷見城跡)~築城は南北朝~畠山七頭の争いに身を…
  7. 毒島城 遠景 毒島城跡~沼の小島にあった城~大蛇伝説あり
  8. 高津戸城跡  高津戸城~高津戸渓谷、断崖絶壁の城~悲話や不思議な云い伝えあり

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 荒木村重と残された女性や家臣たちの悲惨な最期~有岡城の戦い~ 有岡城跡

ピックアップ記事

  1. 一乗谷 朝倉氏館跡
  2. 明智光秀の死因は
  3. 三の丸外郭 新堀土塁からの相模湾
  4. 大森代官所跡
  5. 山崎の戦い・本陣候補
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP