城跡

赤木城~築城は藤堂高虎で続日本100名城に選定、田平子峠刑場跡と共に国の史跡に指定されています。

史跡 赤木城跡(三重県熊野市)



スポンサーリンク



赤木城

赤木城(あかぎじょう)は、
三重県熊野市にあった日本の城です。
城跡は1989年10月9日に
赤木城跡及び田平子峠刑場跡」の名称で
国の史跡に指定されてます。
赤木城の由来
また、2017年4月6日、
続日本100名城に選定されました。
続100名城スタンプは現在、
道の駅九郎兵衛の里で押印できます。
パンフレットはここでも頂けます。

<道の駅九郎兵衛の里・所在地>
〒519-5413 三重県熊野市紀和町板屋82
<営業時間>
午前10時~午後4時(時短営業)
通常は午後5時まで。
<ランチ>
午前11時~午後2時
(平日・土日祝)
<定休日>
毎月第2・第3火曜日
<トイレ>
24時間利用可能
<駐車場>
普通車:43台
(うち、おもいやり駐車場2台、
大型バス3台が駐車可能)
電気自動車充電「EVスポット」
<電話>
0597-97-0968
<FAX>0597-97-1968

【城郭構造】
平山城

【築城主】
藤堂高虎

【築城年】
天正17年(1589年)頃

【廃城年】
元和元年(1615年)以後

【遺構】
郭(曲輪)・石垣・堀切・土塁

【指定文化財】
国の史跡

【歴史】
紀南の熊野一帯は、
南北朝の時代より入鹿氏など
多くの土豪が勢力を保持していました。
天正13年(1585年)、
豊臣秀吉の紀州攻めの後、
紀伊国の平定を命じられた
弟の秀長(後の和歌山城主)により
検地が始まりますが、
天正14年(1586年)8月、
山本氏ら熊野牢人衆による
天正の北山一揆が起こりました。
この一揆は、秀長の制圧により
10月にはほぼ治まりましたが、
天正16年(1588年)9月から
天正17年(1589年)5月にかけて
徹底的に征伐されました。
鎮圧の後、秀長はこの地で
山(材木)奉行に就かせていた
家臣の藤堂高虎に赤木城の築城を命じ、
天正17年(1589年)頃に
堅固な城が築かれたと考えられています。
赤木城跡 主郭
慶長年間(1596年⇒1615年)
の領主であった浅野氏
(新宮藩主・浅野忠吉)に対して、
慶長19年(1614年)の
大坂冬の陣の出陣の隙を狙って
12月に再び北山一揆が起こり、
総勢およそ3千人が新宮城
侵攻しようとしましたが壊滅し、
363人が処刑されました。
藤堂高虎が赤木城の修築を終えた
翌年の慶長20年(元和元年)1月、
一揆の残党が築城した赤木城の
落成披露の際に捕らえられ、
160人が赤木城の西約1kmにある
田平子峠(たびらことうげ)で斬首されました。
その後、赤木城は元和元年(1615年)の
一国一城令により廃城となったといわれています。
史跡 赤木城跡 登城口
田平子峠刑場跡には、
昭和43年(1968年)10月に
北山一揆殉難者供養塔が建てられています。




スポンサーリンク



1992年より2004年にかけて、
赤木城は文化庁および
三重県の補助により
「赤木城保存整備事業」が行われ、
調査・整備されました。

2015年にテレビ番組の
城跡特集で取り上げられ、
その後、新聞で霧の立ち込める中に
城跡が浮かぶような写真が掲載されたり、
インターネットで城好きの間で
盛んに紹介されたことなどにより、
2014年は2040人であった訪問者が、
2015年には3万3078人に達し、
同年4月だけでも7524人
(2014年の年間訪問者の約3.7倍)
が訪れるようになりました。
注目される前は、湯ノ口温泉の入浴客が
丸山千枚田を見物したついでに
立ち寄る程度であったのでした。

丸山千枚田~白倉山の南西斜面を利用した棚田群、棚田オーナー制があります。

鉱山トロッコ電車(坑内電車)で行く湯ノ口温泉~入鹿温泉ホテル瀞流荘⇔湯ノ口温泉をレトロなトロッコ旅。

【構造】
登城口付近に
鍛冶屋敷があったとの
伝承があり、また、
近隣の入鹿(いるか)は
古くより有数の銅山として
知られています。
赤木城跡 鍛冶屋敷説明

<赤木城跡 鍛冶屋敷>
赤木城跡 鍛冶屋敷

赤木城の麓には、
北山から田平子峠を越えて
入鹿に通じる北山街道が
延びています。
城はその要衝に築かれ、
縄張りの規模は東西90m、
南北120mとなります。
赤木城跡 縄張図
「紀伊続風土記」によりますと、
「村の西にて岡山の上にあり
周5町、高38間、本丸、二の丸、
三の丸、馬場、池等も備わり、
高さ2間の石垣今に存し」
と記されているとのことです。
赤木城跡 石垣

【主郭】
かつて本丸と呼ばれた主郭(曲輪 I)は、
東西33m、南北27mの
ほぼ方形ないし台形となっていました。
赤木城跡 主郭へ 門跡付近
城郭の中心として最高所に位置し、
複雑な二重の枡形虎口を備えていました。
赤木城跡 虎口説明
また、南・北の側面には
横矢掛り(よこやがかり)が認められています。
赤木城跡 主郭 虎口 石垣
石垣は高さおよそ3~4mで、
反りのない野面(のづら)乱積み(らんづみ)
となっています。
北西角は高さ5mで、
四隅は算木積み(さんぎづみ)となります。
東側の下に犬走りがあり、
北郭(付曲輪)および
北の堀切につながっています。
赤木城跡 主郭 北郭

【北郭】
北郭は主郭の北に延びる
尾根にあり石垣が見られますが、
簡素で西側には石垣はありません。
北郭のさらに北方に、
幅およそ9mの堀切が
設けられています。




スポンサーリンク



【東郭】
主郭より南東に延びる
尾根上にある東郭は、
高さ3m近い石垣をもつ
一対の郭(曲輪 II・III)からなっています。
赤木城跡 東郭・門跡の説明
この2つの郭に挟まれた
登城路に門の礎石が残り、
ここに間口2.4m、
奥行1.8mの
四脚の門があったと推定されています。
赤木城跡 東郭 門跡

<礎石>
赤木城跡 東郭 門跡 礎石

また、郭内より建物のものとされる
礎石が認められています。
二の丸の位置は不詳ですが、
この城門を備えた南北25m、
東西8mの東郭が
二の丸であったとも考えられています。
赤木城跡 東郭
(二の丸?)

【西郭】
主郭より南西に延びる細い尾根上に、
西郭と呼ばれる4つの郭
(曲輪 IV・V・VI・VII)があります。
三方に石垣をもつ
上側の郭(曲輪 IV)からは、
2棟の建物の礎石とともに
水溜(みずため)とも考えられる
石組が発掘されました。
赤木城跡 主郭から西郭方面の眺め

【南郭】
東郭と西郭に挟まれた
山裾の谷間に位置し、
3層の平らな段状に削り
整地されています。
この南郭からも建物の礎石が
認められるとともに、
土溜めの石積みも見つかっています。
また、かまど跡も認められており、
かつて付近に4基のかまど跡が
残存したともいわれています。
赤木城跡 主郭から東郭及び南郭の眺め

【交通アクセス】
(電車)
JR紀勢本線「熊野市」駅からタクシーで約30分

(車)
紀勢自動車道「熊野大泊」ICから約40分




スポンサーリンク



【駐車場】
無料(30台)
赤木城跡 駐車場

【トイレ】
男女別の水洗トイレがあります。
清掃が行き届いています。

【所在地】
〒519-5404 三重県熊野市紀和町赤木122

滞在所要時間:30分~

藤堂高虎~渡り奉公人の代表格で主君とは対等に近し、築城三名人と称され藩政も長けていました。

田平子峠処刑場~新領主に抵抗した旧来の北山の国人士豪達が処刑された刑場の跡。

津城址、三重県は近畿?中部?そして帰路へ~奈良旅⑯

川瀬城~赤木城から5km余、立派な城址碑と傍らに小さな五輪塔がある城主不明の城跡。

松坂城~蒲生氏郷が築城し、中でも壮大な石垣が実に見事な日本100名城及び国の史跡です。

尾鷲・中村山城~仲氏の本拠の城でしたが、堀内氏善に攻略され和睦し降伏しました。

金井城(北金井城)~種付千代次秀信の居城、遺構が良好に残っています。

笠木館~笠木御所とも呼ばれ北畠氏の一門である坂内氏の居館、県内屈指の中世の居館跡となります。

浜田城(伊勢国)~田原忠秀が築城し四日市の地名も誕生、後に滝川一益に攻略され落城、子は小牧・長久手の戦いで討死

堀内氏屋敷~堀内新宮城とも呼ばれた熊野水軍の将であった堀内氏善の居城跡です。

新宮城~源行家の姉の丹鶴姫が住んでいた地、続日本100名城で国の史跡。

田丸城~続日本100名城、南朝拠点として北畠親房、北畠顕信が築城、後に同一族の田丸氏が入城し織田信雄に明け渡しました。

鵜殿城~三河の鵜殿長照やお田鶴(椿姫)のご先祖の地、鵜殿氏は熊野別当が出自とされています。

鬼ヶ城本城~有馬忠親の隠居城でしたが攻城され熊野水軍を率いた堀内氏善が治めました。

紀伊・長島城~北畠氏の家臣である加藤氏が南北朝に築城、奥村氏に時を超えて数度裏切られる。

有馬本城~鎌倉時代に熊野別当家の出という有馬氏が築城したと伝わります。

鬼ヶ城~国の名勝で天然記念物、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部の海岸景勝地です。

花の窟神社~伊弉冉尊の葬地と伝わる磐座信仰のある巨岩、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部です。

関連記事

  1. 清洲城(模擬天守) 清洲城~織田信長の天下統一への出発地、「清州同盟」「清州会議」と…
  2. 亀穴城址(滝山城址)と宮崎神社 奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏…
  3. 反町館跡 反町館跡~新田義貞公の館の跡~新田庄遺跡
  4. 佐原城址(相模) 佐原義連と相模・佐原城、一ノ谷の合戦「鵯越の逆落とし」一番乗りの…
  5. 末森城跡(遠景) 末森城跡~末森城攻防戦の地~前田利家VS佐々成政、前田利家の加賀…
  6. 万喜城(上総国) 万喜城~築城は上総土岐氏と伝えられており、本多忠勝が一時居城して…
  7. 大手虎口からスタンプ設置場所付近 新田金山城跡~日本百名城~関東地方にある石垣の山城、築城主は岩松…
  8. 三河・今川城 (今川氏発祥地) 三河・今川城~今川氏発跡地、今川一族の足跡は常に鎌倉・室町幕府の…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 東漸寺(旭市)と木曽義昌公 水葬跡石塔~木曽義昌公と正室の真理姫の供養塔及び水葬跡石塔を訪ねました。  木曽義昌公・真理姫供養塔(東漸寺)

ピックアップ記事

  1. 有馬本城(安楽寺)(熊野市)
  2. 那須神田城
  3. 武家屋敷 塩見縄手
  4. 鞍掛山城跡(遠景)
  5. 本證寺(城郭伽藍)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP