城跡

釆女城 ~伊勢平氏の流れをくむ後藤氏15代居城で300年の栄華を極めました。

采女城(三重県四日市市)



スポンサーリンク



【釆女城】

( ウネメジョウアト )
後藤伊勢守基秀が
分応元年 (1260年)に築城し、
織田信長伊勢侵攻
永禄11年(1568年)に落城するまで、
約300年間にわたり栄華を極めました。
遺構としては9つの郭 、空堀、土疊、
深井戸、虎口があり、
三重県下では第1級の歴史的遺産と
評価されているとのことです。
采女城の由来

【歴史・築城】
采女城は藤原氏
(藤原利仁・利仁流後藤氏)を祖先とする
伊勢平氏の後藤左衛門尉基清によって
築城されたと伝わっています。
以降、後藤氏15代の居城でしたが、
後藤藤勝が城主のとき、
織田信長の侵略に対して
関家・蒲生家とともに戦いましたが、
永禄11年(1568年)に落城し、
後藤藤勝は討死しました。
矢矧橋と采女城ゆかりの地名

【登城口】
内部川の北岸を東西に走る道沿いと、
北側の南部丘陵公園に登山口があります。
ただし南部丘陵公園の
南エリア駐車場の西方から行く
登城道は迷いやすいので、
川沿いの登城口からの登城がよいかとのことです。
その場所には城の案内図があるとのことです。
采女城 登城口

<城の案内図>
采女城 案内図

<城の案内図の場所>
采女城の案内図の場所

<登城口周辺>
采女城 登城口周辺

<夏場>
虫よけスプレー必須。
蚊・ハチ・蜘蛛の巣多数とのこと・・・。

【縄張形態】
山城

【標高(比高)】
70m(50m)

【築城主】
後藤基清か?

【築城年】
文応元年(1260年)か?

【廃城年】
永禄11年(1568年)

【主な城主】
後藤氏

【遺構】
曲輪、土塁、空堀、土橋

【交通アクセス】
(電車)
四日市あすなろう鉄道内部線
「内部」駅から徒歩25~30分程度。
(車)
東名阪自動車道「四日市」ICから約20分
東名阪自動車道「鈴鹿」ICから約20分
<采女城周辺の地図>
采女城周辺の地図

【駐車場】
内部地区市民センター駐車場利用可能とのこと。
(登城口まではちょっと遠いかも)
<問合せ先>
内部地区市民センター (059-345-3951)
<所在地>
〒510-0954 三重県四日市市釆女町857−1

【采女城の登城口周辺・所在地】
〒510-0954 三重県四日市市釆女町

四日市あすなろう鉄道と日永駅について~ナローゲージの鉄道で三軌間レールの展示がある駅です。

伊勢・亀山城~伊勢平氏の流れをくむ関氏が亀山古城を築城し、岡本良勝が近代亀山城を築城しました。

織田信長について~駆け足で手短にわかる織田信長の49年の華麗で残酷な生涯

平賀朝雅~源氏門葉の一族で妻は北条時政と牧の方の娘、故に権力争いの渦中に巻き込まれていきます。

関連記事

  1. 三笠山城跡 島根 三笠山城・島根県~尼子十砦~山中鹿介が祈った三笠山の月の場所。
  2. 鶴ヶ城(田儀城)島根県 出雲・鶴ヶ城(別名は田儀城)~築城年が諸説あるも尼子36城の一城…
  3. 史跡 福山城跡 福山城~日本100名城、2022年に築城400周年を迎えます。撮…
  4. 安芸草津城 安芸草津城~古代から水運の重要拠点であり、児玉氏が城代となって毛…
  5. 小金城址 土塁跡 小金城跡~下総国、最大規模の平山城~現在は宅地開発が進むも面影は…
  6. 網代城(あきる野市) 遠景 網代城~戸倉城と高月城を結ぶ 烽火台として築城された支城の可能性…
  7. 越中・朝日山城跡 越中・朝日山城跡(氷見城跡)~築城は南北朝~畠山七頭の争いに身を…
  8. 渋谷城の石垣のひとつ 渋谷城~都会の繁華街の片隅にひっそりと存在する古城跡~城主は渋谷…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 今江城~加賀一向一揆出陣の城~時を経て織田軍との対戦し、落城する 今江城 石碑

ピックアップ記事

  1. 会津さざえ堂 (円通三匝堂)
  2. 瑞龍寺 山門と回廊
  3. 真珠院八重姫御堂
  4. 城願寺
  5. 三原城跡(広島県) 国史跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP