史跡・城跡

石見銀山資料館~大森代官所跡・世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つ

大森代官所跡



スポンサーリンク



【石見銀山資料館】

石見銀山資料館(いわみぎんざんしりょうかん)は
島根県大田市にある博物館です。

ユネスコ世界文化遺産
石見銀山遺跡とその文化的景観」の
構成遺産である大森代官所跡(国の史跡)に立地し、
石見銀山に関する歴史資料、鉱山資料・標本等を収集、
収蔵、公開する施設です。
開館は昭和51年(1976年)8月で、
平成19年(2007年)3月にリニューアルされました。

大森代官所があった当時の建物は
門番詰所や仮牢などに使用されていた
門長屋(1815年再建)が現存し、公開されてます。

大森代官所跡 門長屋

なお資料館本館は
明治35年(1902年)竣工の
旧邇摩郡役所庁舎です。

石見銀山資料館本館 旧邇摩郡役所庁舎

【大森代官所跡】
石見銀山領の行政を司った
国の史跡にも指定されている代官所跡。
門番の詰め所や仮牢などを見ることができます。
また、枯山水の様式で造られた代官所の庭は、
春は梅や桜、初夏は藤やツツジ、
秋は紅葉と四季折々の表情が観られるだけでなく、
当時、百姓一揆などが起こった時の
代官の逃げ道に使われたのではと
伝えられる「抜け穴」が2つあります。
1つは隣の城上神社、
もう1つは裏手の勝源寺に通じています。

【利用情報】
【開館時間】
午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】
年末年始(12月29日~1月4日)、
特別展の前後
12月~2月毎週水曜日

【所在地】
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ51-1

【料金】
大人:550円
小中高生:250円

【交通アクセス】
【車】
山陰自動車道 仁摩・石見銀山ICから約8分

【公共交通機関】
JR山陰本線・大田市駅からバスで26分 
バス停「大森代官所跡」から徒歩すぐ

【電話番号】
0854-89-0846

熊谷家住宅 ~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つ

山吹城 ・石見銀山遺跡に登録の城跡~石見銀山の利権で大内氏・尼子氏・毛利氏が争奪戦を繰り広げた要害山城

五百羅漢(世界遺産)・羅漢寺 (大田市) ~「石見銀山遺跡とその文化的景観」

石見銀山世界遺産センター~「石見銀山遺跡とその文化的景観」

温泉津温泉(ゆのつおんせん)~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」

鵜丸城(うのまる)・温泉津~当時の最先端技術で築城された毛利水軍の拠点~櫛島城と笹島城と連携。

石見城~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」、芋代官「井戸平左衛門正明」とは?

龍源寺間歩 ・世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つ

石見銀山の歴史・日本最大の銀山~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」

関連記事

  1. 臨済寺 三門 臨済寺~今川家の菩提寺で幼き徳川家康が教育を受けた場所、2代目住…
  2. 聖衆来迎寺 表門 聖衆来迎寺・森可成の墓~織田家の重臣で森乱丸(森蘭丸)の父~
  3. 通化寺 風景 通化寺~天野隆重夫妻の墓・天野元嘉の墓・繁沢元氏の墓(毛利元氏の…
  4. 一戦場古戦場(魚見塚一戦場公園) 一戦場古戦場 ~安房に逃れた源頼朝が奇襲にあい、合流した三浦義澄…
  5. 畠山重保邸跡 畠山重保~畠山重忠の嫡男「六郎さま」・訳も知らぬまま謀反の疑いを…
  6. 怒田城(横須賀) 怒田城・大矢部城・小矢部城~三浦一族の本拠地である衣笠城の支城で…
  7. 藤原範茂の墓 藤原範茂卿~墓所は範茂史跡公園~承久の乱の勝利で鎌倉武家政権は盤…
  8. 山崎山城遠景 山崎山城~下街道監視のための城~時流を掴み戦国後期を駆け抜けた山…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 安祥城~織田・松平・今川で激しい戦闘が幾度もあった城で三河安祥之七御普代の発祥地。 安祥城址

ピックアップ記事

  1. 明智孫十郎
  2. 武蔵・小川城 (宝清寺)
  3. 駿府
  4. 丸根砦跡
  5. 向井羽黒山城(遠景)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP