史跡・城跡

忠勝公園~本多忠勝公、正室、次男で大多喜藩の第2代藩主である本多忠朝公の墓があります。

忠勝公園 忠勝公・正室・忠朝公の墓



スポンサーリンク



【忠勝公園】

大多喜城主となった本多忠勝は、
文禄4年(1595年)に
下総小金(松戸市)東漸寺の住職
了学上人を招いて、
菩提寺良心寺を建立し、
寺領として100石を寄進しました。
墓地には本多忠勝、同夫人、
次男で上総大多喜藩の第2代藩主である
本多忠朝の墓があります。
本多忠勝は慶長15年(1610年)、
63歳で桑名、また一説には
江戸で没したともいわれており、
桑名浄土寺に葬られていましたが、
分骨して建立したものであるとのことです。
本多忠勝の正室である
於久の方(おひさのかた、阿知和玄鉄の娘。通称見星院)は
本多忠勝が桑名へ転封後も
この地に残り、慶長18年(1613年)に
大多喜城で没したと伝えられています。
次男の本多忠朝は、大阪夏の陣で
毛利勝永軍に正面から突入し、
壮烈な戦死をとげ(享年は34歳)、
大阪一心寺に葬られましたが、
分骨しここに埋め、
その法号により 良心寺は
良玄寺と寺号を改めたとのことです。

現在もこの墓所は、
町指定文化財として残っており、
平成17年3月墓所に隣接した場所に
公園が整備され、
忠勝公園として今日に至っています。
ちょっとした展望台があり、
大喜多城の天守を見ることができます。

忠勝公園 説明板

【所在地】
〒298-0214 千葉県夷隅郡大多喜町新丁(しんまち)186

【駐車場】
良玄寺の参拝者用の駐車場があります。

【トイレ】
男女別の水洗トイレがあります。

【良玄寺】 
浄土宗のお寺です。
天正18年(1590年)、
10万石の領主として
大多喜へ入城した本多忠勝は、
菩提所としてここに良心寺を建立して、
下総小金(現、松戸市)東漸寺の
僧了学を招き開山とし、
寺領に100石を寄進しました。

慶長5年(1600年)、
関ヶ原合戦の翌年に
本多忠勝は伊勢桑名へ移封となり、
次男の本多忠朝が5万石で大多喜城主になりました。
元和元年(1615年)、
本多 忠朝は大坂夏の陣で戦死し、
甥にあたる本多政朝があとをつぎ、
寺の名を忠朝の法名をとって
良玄寺と改めました。
この寺を開いた了学は、
のちに、飯沼弘経寺(現、水海道市)を再興しましたが、
本多忠勝没後、桑名に西岸寺を開いて、
再び弘経寺へ帰りました。
その後寛永9年(1632年)、
了学は、徳川秀忠に召されて
江戸に入り、芝増上寺17世となりました。
寺に伝来する紙本着色本多忠勝画像は、
特色ある武将の像として
県指定文化財になっています。
現在千葉県立中央博物館大多喜城分館に
寄託されています。
(閉館中)




スポンサーリンク



また、境内にある
本多忠勝・忠勝夫である於久の方・
本多忠朝の五輪の墓碑や
寺領寄進状などは、
町指定文化財となっています。

中央の本多忠朝五輪塔の後方にある墓碑銘に
右から縦書で次の通り刻まれています。

忠勝公・正室・忠朝公の墓

見星院殿蓮譽光信大禅定尼
大多喜城主本多中務大輔忠勝侯奥方
慶長十八年九月十四日大多喜城内に於て卒去
西岸寺殿前中書長譽良心大居士
大多喜城主本多中務大輔忠勝侯
慶長十五年十月十八日卒去行年六十三歳
三光院殿前雲州岸譽良玄大居士
大多喜城主本多出雲守忠朝侯
元和元年五月七日大阪夏の陣に於て戦死行年三十四歳
平成2年3月

【寺の所在地】
千葉県夷隅郡大多喜町新丁(しんまち)180

【本多忠勝公の銅像】
夷隅川(いすみがわ)にかかる行徳橋の欄干にあります。
<東側>
本多忠勝公銅像(夷隅川行徳橋東側)

<西側>
本多忠勝公銅像(夷隅川行徳橋西側)

【所在地】
〒298-0214 千葉県夷隅郡大多喜町新丁145
【交通アクセス】
いすみ鉄道 大多喜駅下車、徒歩約13分

【駐車場】
無し。
橋のわきに短時間であれば停めるスペースはあります。

「大喜多城址」「忠勝公園」と
併せてどうぞ。

大多喜城~築城は真里谷信清、徳川四天王の本多忠勝が城主となり今日の大多喜城となります。

本多忠勝~徳川四天王の中でも屈折の剛勇者で愛槍の「蜻蛉切」で主君を救いました。

関連記事

  1. 延命寺(坂東市) 山門 延命寺~「島の薬師」と親しまれているお寺で、平将門公持護仏の薬師…
  2. 久々利城・登城口 久々利城跡~土岐久々利氏・遺構がわかりやすい土の城~斎藤正義を暗…
  3. 一乗谷 朝倉氏館跡 一乗谷館跡と朝倉氏~一乗谷朝倉氏遺跡・国の三重指定、103年間の…
  4. 会津武家屋敷 会津武家屋敷~会津藩家老の西郷頼母邸・藩米精米所など、江戸期の会…
  5. 赤山地下壕 館山 赤山地下壕(館山海軍航空隊赤山地下壕跡)、太平洋戦争末期に造られ…
  6. 日暮八幡神社 日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮…
  7. 四万十川古戦場 四万十川の戦い~渡川の古戦場~長宗我部元親の土佐統一、一領具足と…
  8. 英勝寺 境内 英勝寺(鎌倉)太田道灌公の屋敷跡にある水戸家の尼姫たちの水戸御殿…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 朝日山城跡~岡部氏の居城~ 朝日山城跡

ピックアップ記事

  1. 平将門公本據豊田館跡
  2. 渋谷城の石垣のひとつ
  3. 頼朝の一杯水
  4. 浜松城(続日本100名城)
  5. 弓木城・稲富氏
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP