鎌倉殿の13人

由比若宮(元八幡)、河内源氏の源頼義が前九年の役の勝利で勧請したお社です。

由比若宮(元八幡)




【由比若宮(元鶴岡八幡宮)】

平安時代に河内源氏である源頼義が前九年の役の帰途、
勝ち戦に感謝するために
この地に源氏の氏神であった
京都の石清水八幡宮を
この由比郷に勧請しました。
これを移して大きくしたのが鶴岡八幡宮です。
そのため元八幡といわれています。
小さな路地に小さく建つ神社で、参拝者用の駐車場もなく、
そもそも道路も狭くて自動車では地元の方以外は
迷惑となってしまいます。
けれどもここは歴史上大きなポイントとなった場所です。

由比若宮 ご由緒

かつて鎌倉の海岸線は一の鳥居のあたりまで
あったそうです。
由比若宮の前には材木座の砂浜と
海岸線が広がっていたことでしょう。
今はすっかり埋め尽くされて、
閑静な住宅街の一角にあります。
横須賀線の踏切に近いせいか、
時々「カンカン」と踏切の警報音が聞こえてきます。

由比若宮(元八幡)お社

源頼朝の先祖で5代前の相模守であった
河内源氏の源頼義(みなもとのよりよし)は、
その子である源義家とともに
前九年の役」(1051~1062年)
において奥州の豪族である
安倍氏を討伐しました。
なお安倍氏は奥州藤原氏
初代の当主である
藤原清衡の母の実家です。
藤原清衡の孫が藤原秀衡となります。

京都石清水八幡宮に戦勝祈願をしていた
源頼義はそのお礼として1063年、
石清水八幡宮をこの地に勧請しました。
なお、永保元年(1081年)2月には、
源義家が社殿を修復しています。
時は流れて117年の後、
治承4年(1180年)10月7日、
大軍を引き連れて鎌倉入りを果たした源頼朝は
神意をもって由比若宮(元八幡)を
遥拝したとのことです。
そして同年10月12日、
由比郷から現在の鶴岡八幡宮がある
小林郷北山に遷座しました。

境内には「源義家公 旗立の松」や
「石清水の井」があります。

由比若宮(元八幡) 入り口

【ご祭神】
応神天皇
比売神
神功皇后

【例祭】
4月2日

【所在地】
〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座1丁目7

【交通アクセス】
<徒歩>
「鎌倉」駅東口下車 徒歩15分程度
<バス>
JR「鎌倉」駅東口6番バス乗り場から
九品寺方面行きで「元八幡」下車徒歩1分

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

藤原秀衡~奥州藤原三代当主にて最も平泉を繁栄させ、源義経を二度庇護した人物です。

関連記事

  1. 安楽寺(吉見観音)境内 安楽寺(吉見観音)、比企三山の一つで源範頼が身を隠したと伝わる名…
  2. 海蔵寺(広島県)からの眺め 海蔵寺・安芸の古刹~山中鹿介次女の盛江,北条氏直,東城浅野家,江…
  3. 大原観音寺 石田三成の井戸 羽柴秀吉と石田三成の運命の出会い・光秀と三成の接点とは?~三成の…
  4. 龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ) 龍源寺間歩 ・世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産…
  5. 高浜城 明鏡洞 逸見昌経(祖は甲斐源氏)が築いた高浜城・足利義満も訪れた「八穴の…
  6. 真珠院八重姫御堂 真珠院・八重姫御堂~八重姫とは?父親たちの選択によって明暗を分け…
  7. 一條神社(中村御所跡) 一條神社~土佐一条氏の中村御所跡~四万十に残る室町時代の京文化を…
  8. 北條執権館跡(宝戒寺) 北条義時~鎌倉幕府2代執権・冷酷無情なリアリスト?現実を客観視し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 頼朝一杯水~源頼朝が伊豆山への逃避中に休息し水を飲んだと伝わる場所です 頼朝の一杯水

ピックアップ記事

  1. 明智光秀公の像と南郷池
  2. 斯波義統
  3. 近江・田中城
  4. 藤原範茂の墓
  5. 尾高惇忠生家
PAGE TOP