史跡・城跡

清龍寺(浜松)~徳川信康(松平信康)の墓所となる信康廟があります。

清龍寺・信康廟



スポンサーリンク



【清龍寺】 

清瀧寺(せいりゅうじ)は、
静岡県浜松市天竜区にある
浄土宗知恩院の末寺です。
山号は信康山で院号は長安院。
本尊は阿弥陀如来です。

清龍寺・信康堂

応永12年(1405年)、
長安坊がこの地に草庵を構えたのが
始まりという浜松市天竜区二俣町にある古刹です。
戦国時代さなかの天正7年(1579年)9月25日、
徳川家康の長男である松平信康徳川信康)は、
妻である徳姫織田信長の娘)に
武田方に内通した嫌疑を掛けられ、
二俣城で自刃となりました。
その後、胴体が城下の清瀧寺に葬られて、
松平(徳川)信康の墓所となっています。

清龍寺・信康廟

【由緒】
徳川家康の嫡男でありながら、
織徳同盟の時代に徳川家康の命により
切腹させられた松平(徳川)信康の廟所として、
徳川家康によって建立された寺です。
この寺の本堂へ向う坂の途中には池があり、
その池に一筋の水が滝のように落ちています。
この水は、裏山から湧き出た水で、
未だに枯れたことがないとのことです。
織田信長に謀反の疑いをかけられ
自害となった、嫡男・松平(徳川)信康の
涙が流れ続けているのかとも云われているとか。

清龍寺・池

遠州二俣には当時、
松平家の尊崇する浄土宗の寺がなく、
草庵のあったこの地が埋葬地として
選択されたとのことです。
天正8年(1580年)9月には
徳川家の菩提寺である
三河国岡崎の大樹寺(だいじゅじ)の
一五世呑誉(どんよ)和尚を招いて
本葬が営まれています。

清龍寺・信康廟

天正9年(1581年)、
徳川家康は、寺に参詣し、
清水の湧き出るのを見て、寺名を清瀧寺と改め、
松平(徳川)信康に
清瀧寺殿と諡(おくりな)を付しています。
清瀧寺は、京・知恩院の末寺となっており、
本尊は阿弥陀如来です。

<境内の蜜柑>
清龍寺の蜜柑

境内には信康廟のほか、
殉死した吉良於初、
当時の二俣城主・大久保忠世
三方原で討死した中根平左衛門正照、
青木又四郎吉継らの墓もあります。




スポンサーリンク



井戸櫓
境内にある二俣城の井戸櫓は、
元亀3年(1572年)、
武田勝頼軍が、
天竜川に大量の筏(いかだ)を流して
二俣城水の手櫓を破壊し、
落城させた際の水の手櫓とのことです。
この建築物は再建となります。
廃城ののちに清瀧寺へ移築され、
明治時代に改築、
さらに荒廃したため現存する櫓は
昭和37年に再建されたものです。

清龍寺・井戸櫓

山門は寛文8年(1668年)に
建立された四脚門です。
江戸時代はこの門前に
「下乘」の高札が建っており、
馬をもって乗り入れることが
許されなかったとのことです。

清龍寺・山門

なお、清瀧寺に葬られているのは
松平信康の胴体で、
首塚は岡崎市にある若宮八幡宮です。
なお、若宮八幡宮は岡崎城主だった
松平信康(徳川信康)がご祭神となります。
京都新宿区にある西念寺は、
松平信康(徳川信康)の介錯人だったとされる
服部正成(半蔵)が開基した寺で、
松平信康のために服部正成
建てたとされる供養塔が現存しています。

【逸話】
「本田技研工業の創業者である
本田宗一郎が二俣尋常高等小学校
(現在の浜松市立二俣小学校)に
在学中のある日、『腹が減った』と
授業中に教室から抜け出して
裏山の清瀧寺の鐘楼に赴き、
正午前に鐘を突き、
持ってきた弁当を食べた」という実話が、
清瀧寺の歴史の一部として語り継がれています。

【所在地】
〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1405

【駐車場】
浜松市立二俣小学校の道路を挟んだ向かい側に
現在は目的をもった無料駐車場としてあります。
趣旨に沿ってご利用ください。

二俣小学校前駐車場

【トイレ】
お寺の井戸槍そばにある
本田宗一郎ものづくり伝承館の裏に
男女別の公衆トイレがあります。

現地所要時間:30分程度。

松平信康(徳川信康)~将来を有望されていた嫡男でしたが、築山殿と共に非業の死を遂げます。

徳川家康~「麒麟」を連れて戦国時代を終わらせた天下人~その生涯を手短に!

築山殿(瀬名)~徳川家康の正室で松平信康と亀姫の生母ですが、後に非業の死を遂げます。

西来院・月窟廟~徳川家康の正室である築山御前の墓所となります。

石川数正~徳川家康の懐刀として西三河の家老になるも豊臣家に出奔、その真相は如何に?

平岩親吉~徳川家康に幼年から仕え、嫡男の松平信康の傅役、名古屋城築城の総指揮官となりました。

服部正成(服部半蔵)~家柄は松平清康からの家臣で伊賀衆と甲賀衆を指揮、彼自身は忍者の頭領にあらず。

大久保忠世~家柄は松平清康からの家臣で、武功を上げ武田信玄からも称賛されたほどでした。

二俣城~水運に恵まれた街道上の要衝で武田VS徳川の激しい攻防の舞台となり、徳川信康が切腹を遂げた城です。

三方ヶ原(三方原)古戦場~徳川家康の生涯において「伊賀越え」と並ぶ人生の危機となった戦です。

見付天神社(矢奈比売神社)~東海道・見附宿の守護で霊犬悉平太郎伝説、ゆるキャン△にも登場しています。

関連記事

  1. 明王院 五重塔 本堂 明王院(広島)~歴史ある古刹で国宝の本堂と五重塔が自然の中に調和…
  2. 日暮八幡神社 日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮…
  3. 聖衆来迎寺 表門 聖衆来迎寺・森可成の墓~織田家の重臣で森乱丸(森蘭丸)の父~
  4. 名熊の二本杉(源頼朝伝説) 名熊の二本杉~源頼朝が地にさした箸が立派に成長して日本の杉になり…
  5. 高浜城 明鏡洞 逸見昌経(祖は甲斐源氏)が築いた高浜城・足利義満も訪れた「八穴の…
  6. 花岳城址(小田原) 花岳城跡~平安末期に土肥一族の小早川氏が居館、室町期に大森頼春が…
  7. 苗木城跡・石碑 苗木城と苗木遠山氏~天然の巨岩を配し木曽川を従える天空の山城~遠…
  8. 唐人墓(石垣島) 唐人墓~「ロバート・バウン号事件」の哀しい犠牲者、今は夕陽の眺め…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)~武田信虎が築城し、信玄、勝頼と3代続いた戦国大名武田氏の中心地です。 史跡 武田氏館跡(躑躅ヶ崎館跡)

ピックアップ記事

  1. 与一塚(佐奈田霊社)
  2. 明智光秀の妻子まとめ
  3. 岡崎城
  4. 源(木曽)義高の墓 常楽寺
  5. 古河公方館跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP