史跡・城跡

西来院・月窟廟~徳川家康の正室である築山御前の墓所となります。 

西来院・月窟廟



スポンサーリンク



【西来院】 

西来院 月窟廟(築山御前墓所)。
静岡県浜松市の中区、
閑静な住宅地の一角にある
西来院(せいらいいん)は、
高松山(こうしょうざん)と
号する曹洞宗の寺院です。
正長元年(1428年)、
寒厳(かんがん)十三派のうちの
月窓派(げっそうは)の拠点として、
月窓義運禅師(げっそうぎうんぜんじ)
によってに開創されました。
本尊は釈迦牟尼仏です。

墓苑には戦国時代の
悲劇の女性として知られる
徳川家康の正室である
築山御前の廟堂(月窟廟)をはじめ、
徳川家康の異父弟である
松平源三郎康俊、
江戸時代の浜松女流歌人・杉浦真崎、森繁子などの墓があります。

西来院・月窟廟

築山御前は天正7年(1579年)、
佐鳴湖岸の小藪(太刀洗の池)において、
徳川家康の家臣の手にかかり
悲劇的な最期をとげました。
築山御前の廟堂である
月窟廟(げっくつびょう、がっくつびょう)は
一時戦災のため焼失しましたが、
昭和53年の400年忌に復元されました。

西来院・月窟廟

<浜松最大最古の六地蔵尊>
参道にある六地蔵尊です。
この六地蔵尊は今から約300年前に
建立され浜松最大最古といわれています。
日本では地蔵菩薩の像を
6体並べて祀る六地蔵像が各地で見られますが、
これは、仏教の六道
(地獄道・餓鬼道・畜生道・
修羅道・人道・天道)において、
それぞれ6種の地蔵が
衆生を救うとする説から生まれたものです。

訪れた時は、夏の季節で
草木が生い茂って頭部くらいしか見えませんでした。




スポンサーリンク



<西来院の長藤>
樹齢200年以上はあるといわれている長藤です。
大正中期に「藤番付」を編んだ大蕪庵十湖翁は、
東の横綱に池田行興寺の藤を、
西の横綱に西来院の藤を挙げたとのことです。

藤棚の中央には
「咲きながら のびすすむなり 藤の花」
と詠まれた松島十湖翁の句碑があります。
藤の開花は例年4月下旬から5月上旬です。
気象条件にもよりますが、
4月29日を中心とした前後3、4日間が
見頃とのことです。

【交通アクセス】
(電車・バス)
(1)
浜松駅北口バスターミナル②のりばから
「広沢・医療センター方面」行きのバスで約15分、
「広沢一丁目」下車、徒歩約5分
(2)
JR浜松駅から遠鉄バス
「舘山寺温泉」行き「鹿谷町南」バス停下車、
徒歩15分。
※バスの運行状況など
最新の情報を必ずご確認ください。

【駐車場】
参拝者用の駐車場が
門を入った少し先の右側にあります。
門が狭いので走行にはお気を付けください。

【所在地】
〒432-8013 静岡県浜松市中区広沢2丁目10−1

現地所要時間:20分程度

松平信康(徳川信康)~将来を有望されていた嫡男でしたが、築山殿と共に非業の死を遂げます。

清龍寺(浜松)~徳川信康(松平信康)の墓所となる信康廟があります。

築山殿(瀬名)~徳川家康の正室で松平信康と亀姫の生母ですが、後に非業の死を遂げます。

石川数正~徳川家康の懐刀として西三河の家老になるも豊臣家に出奔、その真相は如何に?

関連記事

  1. 村上武吉永眠の地 村上武吉夫妻の墓(宝篋印塔)~能島村上水軍の当主で「日本最大の海…
  2. めだかの学校 水車小屋 めだかの学校~日本全国で世代を超えて親しまれている童謡はここで生…
  3. 手向山八幡宮 手向山八幡宮~かつては東大寺の鎮守神、紅葉の名所で菅原道真も詠ん…
  4. 義景史跡 朝倉義景の墓~義景清水~孤独を纏う朝倉家最後の当主・戦よりも芸事…
  5. 名熊の二本杉(源頼朝伝説) 名熊の二本杉~源頼朝が地にさした箸が立派に成長して日本の杉になり…
  6. へいほう石 パネル 広場 へいほう石と小平城(小平館)、怪力きこりの玄蕃は長沼氏家臣の後裔…
  7. 下時國家 時國家(下時国家)~能登平家の郷~ご先祖様は平大納言時忠
  8. 山崎山城遠景 山崎山城~下街道監視のための城~時流を掴み戦国後期を駆け抜けた山…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 秋山光朝~加賀美遠光の長男、甲斐源氏の勢力拡大を恐れた源頼朝に疎まれ謀殺されます。 中野城・雨鳴城(遠景)

ピックアップ記事

  1. 鶴岡八幡宮 太鼓橋
  2. 浜松城
  3. 足利公方屋敷跡(鎌倉)
  4. 新井城址碑
  5. 山崎の戦い・本陣候補
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP