明智家

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」キャスト・出演者リスト一覧表

麒麟がくる出演者




2020年1月からのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演される俳優さん・女優さんなどのキャスト・出演者一覧表リスト・配役です。
「麒麟がくる」というドラマのタイトル由来に関しては「麒麟」(きりん)は、中国の伝説で、王が仁のある政治を行うとき頭上に現れる、聖なる生き物と言われていることから、その名称にしたとの事です。
物語は明智光秀が20歳の頃から描かれると言う事です。
胴不順・敬称略となっています。
上段が役名で、下段が俳優さん・女優さんのお名前です。





「麒麟がくる」役名とキャスト・出演者

明智光秀(あけち-みつひで)
–長谷川博己

帰蝶(斎藤道三の娘・濃姫)
沢尻エリカ → 川口春奈

菊丸(きくまる)~光秀を神出鬼没で救う三河出身の農民
–岡村隆史

織田信秀~道三のライバルで織田信長の父
–高橋克典

織田信長~光秀の運命を変える
–染谷将太

(こま)~光秀と京で出会う戦災孤児で医師の望月を手伝っている
–門脇麦

望月東庵(もちづきとうあん)~京の医師
–堺正章

斎藤道三(さいとうどうさん)~美濃の守護代で明智家の主君
–本木雅弘

斎藤義龍(さいとうよしたつ)~光秀の幼い頃からの学友である斎藤道三の嫡男
–伊藤英明

明智光安(あけちみつやす)~光秀の叔父で明智家の当主
–西村まさ彦

明智牧(あけちまき)~光秀の母・お牧の方
–石川さゆり

平手政秀(ひらてまさひで)~信長の守役である織田家の家臣
–上杉祥三

土岐頼芸(ときよりのり)~かつての美濃守護
–尾美としのり

妻木煕子明智煕子(ひろこ)~明智光秀を支える妻になる女性
–木村文乃

明智岸(お岸)~明智光秀の長女
–(少女期)白鳥玉季

明智玉~次女の細川ガラシャ
–芦田愛菜

深芳野(みよしの)~斎藤道三の側室で、斎藤高政(斎藤義龍)の実母。もとは美濃守護・土岐頼芸の愛妾。そのため、斎藤義龍の父に関しては疑問がある。
–南果歩

稲葉良通稲葉一鉄(いなば-いってつ)~美濃三人衆と呼ばれる斎藤道三の重臣で、最初は土岐頼芸の家臣だった。斎藤道三の強引な手法には不満を抱いている。
–村田雄浩

藤田伝吾(ふじたでんご)~明智家に仕える家臣。実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。
–徳重聡





今川義元(いまがわ-よしもと)~3カ国を収める戦国大名。参謀・太原雪斎の後ろ盾もあり、東海最強の戦国武将と言える。
–片岡愛之助

土田御前(どた-ごぜん)~織田信秀の継室で、織田信長と弟・織田信勝(織田信行)の生母だが、弟・信勝ばかりをかわいがる。
–檀れい

木下藤吉郎(きのした-とうきちろう)~農民から織田信長の家臣として頭角を現しす、明智光秀のライバル。のちの豊臣秀吉
–佐々木蔵之介

足利義昭(あしかが-よしあき)/覚慶(かくけい)~13代将軍・足利義輝の弟で、仏門に入っていたが、室町幕府最後の将軍として擁立された。政治的手腕はあり、先見性と外交力は抜群。
–滝藤賢一

三淵藤英(みつぶち-ふじひで)~室町幕府末期の幕臣で、明智光秀の盟友・細川藤孝の義兄。将軍・足利義輝、足利義昭に仕えている。
–谷原章介

細川藤孝細川幽斎(ほそかわ-ゆうさい)~文武両道の将軍奉公衆で、室町幕府の再興に尽力した。文化人としても知られる明智光秀の盟友。
–眞島秀和

松永久秀(まつなが-ひさひで)~戦国三大梟雄の一人である畿内の戦国武将。若い明智光秀に大きな影響を与えた。
–吉田鋼太郎

伊呂波太夫(いろはだゆう)~駒が東庵に引き取られる前に預けられていた旅芸人の女座長の娘
–尾野真千子

足利義輝(あしかがよしてる)~室町幕府第13代将軍
–向井理

徳川家康(とくがわいえやす)~三河の戦国大名で織田信長と同盟を結ぶ
–風間俊介

太原雪斎(たいげんせっさい)~今川義元の軍師
–伊吹吾郎

朝倉義景(あさくらよしかげ)~越前・一乗谷城の戦国大名
–ユースケ・サンタマリア

明智左馬助(あけちさまのすけ)/ 明智秀満明智光安の嫡男である重臣
–間宮祥太朗

近衛前久(このえさきひさ)~関白
–本郷奏多

柴田勝家~織田信長の弟・織田信勝の暗殺に加担する織田家の重臣
–安藤政信

源応尼(げんおうに)/ 華陽院(けよういん)~於大の方の生母 (徳川家康の祖母)
–真野響子

芳仁(ほうじん)~駒の灸の患者で、丸薬のつくり方を教える老人
–ベンガル

毛利新介桶狭間の戦いで今川義元を討つ
–今井翼

佐久間信盛(佐久間右衛門尉信盛)~織田家で活躍する宿老
–金子ノブアキ





山崎吉家(やまざき-よしいえ)~朝倉宗滴とともに活躍した朝倉家の重臣
–榎木孝明

正親町天皇(おおまち-てんのう)~美しき帝
–坂東玉三郎

今井宗久~堺の豪商で当代一の茶人
–陣内孝則

摂津晴門~室町幕府の政所頭人で執務を取り仕切る
–片岡鶴太郎

覚恕法親王~正親町天皇の弟
–春風亭小朝

筒井順慶~大和・筒井城
–駿河太郎

二条晴良~和睦などに尽力した関白
–小藪千豊

朝倉景鏡~越前・朝倉氏の軍勢を大将として率いるも
–手塚とおる

お市~織田信長の妹で浅井家に嫁いだお市の方
–井本彩花

浅井長政~お市の方の夫で近江・小谷城
–金井浩人

足利義栄~室町幕府第14代将軍
— 一ノ瀬颯

織田信忠~織田信長の嫡男
–井上瑞稀 (ジャニーズJr HiHi Jets)

三条西実澄~伊呂波太夫を通じて、明智光秀と正親町帝の間を取り持つ
–石橋蓮司

武田信玄–石橋凌
羽柴秀吉の母・なか–銀粉蝶
斎藤利三–須賀貴匡
誠仁親王–加藤清史郎
細川忠興–望月歩





松平広忠–浅利陽介
三好長慶–山路和弘
三好義継–黒部弘康
三好長逸–宮原奨伍
岩成友通–高野弘樹
三好宗渭–岡けんじ
細川藤賢–島英臣
小宰相–原田佳奈 ※朝倉義景の側室
朝倉家侍女–嘉門洋子
毒見侍女–村中玲子
配膳侍女–伊之口陽葉
老侍女–小柳友貴美
阿君丸(子役)–森優理斗

織田信勝–木村了
細川晴元–国広富之
於大の方–松本若菜
松平竹千代–岩田琉聖
水野信元–横田栄司
鵜殿長照–佐藤誓
朝比奈親徳–山口馬木也
簗田政綱–内田健司
服部小平太–池田努
中条家忠–野添義弘
毛利長秀–竹井亮介
佐々隼人正–内浦純一
小見の方–片岡京子
斎藤喜平次–犬飼直紀
斎藤孫四郎–長谷川純
日根野備中守–山本浩貴
竹腰道鎮–セリフはあったのですがクレジットなし
土岐頼純–矢野聖人
織田信光–木下ほうか
織田信康–清家利一
佐久間盛重–室山和廣
貞永久四郎–二橋進一
前田利家–入江甚儀
佐々成政–菅裕輔
奇妙丸–加藤矢紘
一色藤長–上杉柊平





明智光綱(光秀の父)–尾関伸次
常(明智家の下女・つね)–生越千晴
与八(明智家の家臣)–鈴木信二
佐助(明智家の家臣)–植木祥平
日運(常在寺の和尚)–有福正志
木助(明智家の家来)–水野智則
明智家近習–横山恒平
幼い光秀(子役)–五十嵐陽向
称念寺の和尚–野口雅弘
宇野市兵–剣持直明
五十次–鈴木一攻
お岸–喜多紗弓





トメ吉(茶の振売)–濱津隆之
宗次郎(堺で鉄砲を扱う辻屋の店主)–大塚明夫
伊平次(国友の鉄砲職人)–玉置玲央
タケ(遊女)–町田マリー
鶴平(国友村の職人頭)–三上市朗
若い鍛冶屋(国友村の職人)–花戸祐介
三好勢の武士–池田倫太郎
物売りの男–髙頭祐樹
遊女屋の老婆–野間洋子
少女–咲希
警護の長–近藤強
公家–酒井康行
男1–大岩匡
男2–西山啓介
初老の男–細井学
祐筆–ミョンジュ
患者(針治療を受ける)–村上哲也
老婆(大和国)–三谷悦代
少女(大和国)–浅田芭路
お岸(子供)–宝辺花帆美
一乗谷の鍛冶屋の主–キンタカオ





村井貞勝–廣田高志
斯波義統–有馬自由
斯波義銀–松田周
千秋秀光(熱田神宮の宮司)–金井良信
毛利十郎–佐藤誠
若侍・斎藤家近習–湯浅浩史
織田家臣–タイソン大屋
織田家近習–鈴木翔吾
今川家家臣–中太佑
松永家家臣–坪内守
摂津家家臣–尾崎右京
役人–渡邊修一
人夫–村上和成
人夫頭1–三溝浩二
人夫頭2–竹井洋介
大工–荒谷清水
侍女–鹿野真央

若い使用人(駿府薬屋)–吉岡竜輝
質屋店主・牛蔵—-綾田俊樹
公卿(九条家)–小浦一優
頭領—-本宮泰風
長井秀元–春田純一
竹造–やべきょうすけ
ミキ(ウメの母)–安藤聖
ウメ(火事の家から救い出される娘)–苑美
三上(三淵藤英と堺にいた武士)–本田大輔
鷹匠–やべけんじ
道三の近習–近藤フク





松平元信(青年期)–池田優斗
見張りの武士–太平
薬種問屋の男–坂元健児
深芳野の侍女–鈴木たまよ
荒れくれ者の男1–児玉純一
荒れくれ者の男2–鎌田栄治
太助–久保田武人
平太–きづき
末吉–松川大祐
宿の主–川守田政人
薬売り–松澤仁晶
山伏–野村たかし
侍女頭–岩井堂聖子
年長の侍女–広山詞葉
土田御前の侍女–藤松祥子
商人–椎名泰三
一座の男–ねんど大介
信長の若侍–三濃川陽介
武士–白畑真逸
斎藤家若侍(稲葉山城)–南圭介
弥平–ウダタカキ
行商人–佐藤正浩
幼い娘–金子乃彩
僧侶–一本気信吾
職人風の男–針原滋
初老の男–細井学
若い医者–鳥谷宏之
駒(幼少期)–田中乃愛
頭目–天乃大介
武士–白畑真逸
護衛の若侍(帰蝶の護衛)–石田尚巳
近習–森一生
侍女–今野杏南
煕子(幼少)–古川凛
明智光秀(幼少)–五十嵐陽司

語り・ナレーション
–市川海老蔵

他にもたくさんご出演されますが、まだ発表されていません。
発表がありましたら、随時、追加予定です。





時代考証:小和田哲男
衣裳デザイン:黒澤和子
風俗考証:佐多芳彦
建築考証:三浦正幸
医事考証:星野卓之
古文書考証:大石泰史
時代考証補:小和田泰経
所作指導:花柳寿楽
芸能指導:友吉鶴心
殺陣武術指導:久世浩
馬術指導:田中光法

音楽:John R. Graham(ジョン・グラム)





作:池端俊策、前川洋一、岩本真耶
脚本:池端俊策
主演:長谷川博己
制作統括:落合将
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
プロデューサー:藤並英樹

明智光秀とは?数奇なその生涯
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
美濃・明知城と千畳敷砦にある光秀産湯の井戸~明智光秀誕生の地なのか?
斎藤義龍 1分でわかりやすく紹介
明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

関連記事

  1. 明智光継 明智光継とは 明智光秀のおじいさん?美濃・明智城主
  2. 坂本城跡 明智光秀 石像 坂本城・要所かつ豪壮華麗な明智光秀の居城~琵琶湖の浮城~
  3. 比叡山延暦寺 根本中堂 明智光秀・織田家臣初の築城許可の功績~比叡山延暦寺焼き討ち~
  4. 桔梗塚 明智光秀の墓と産湯の井戸~桔梗塚~もう一つの光秀生存説、生誕地伝…
  5. 金ケ崎城 小道 織田信長の撤退戦である金ケ崎退き口・古墳もあり平安時代から繰り返…
  6. 天橋立・九世戸 天橋立~九世戸~明智光秀が細川藤孝・細川忠興の招きで訪れた日本三…
  7. 光秀と信長 お妻木~明智光秀の妹(義妹の説あり)~明智光秀と織田信長を結んで…
  8. 明智光秀の妻子まとめ 明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 玄葉尾城~賤ケ岳の戦いの柴田勝家の本陣~築城は柳ヶ瀬氏?朝倉方?佐久間盛政?朝倉家大敗の刀根坂のそば 玄蕃尾城

ピックアップ記事

  1. 今江城 石碑
  2. 斎藤三存
  3. 膳所城
  4. 戸定邸
  5. 湯船城跡
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP