その他

日運 常在寺の住職になった美濃守護代・斎藤利藤の末子

日運




日運(にちうん)は、戦国時代の僧侶で、美濃国守護代・斎藤利藤の末子として1484年に生まれました。
幼名は斎藤毘沙童、別名は南陽坊、日護坊とも言い、兄に長井利隆がいます。
父が石丸利光らと蜂起し船田城の戦いとなりますが、1495年に没した際、兄・長井利隆と毘沙童は、父と親しかった船田城主・石丸利光が引き取ったようです。
しかし、体制を保てなくなった石丸利光らは六角氏を頼って逃れました。
1496年、石丸利光が城田寺城に戻って反撃にでましたが、斎藤利国(斎藤妙純)に攻められて降伏・自刃しました。
この時、13歳だった毘沙童は助命されて、僧侶になったと言う事になります。





のち、京の妙覚寺にて日善上人から修行しますが、このとき、2歳年上の兄弟子には法蓮房(斎藤道三の父)が同僚だったとされます。
教養が高かったため高僧になると、1516年、長井利隆(長井豊後守利隆)の招きを受けて、美濃に戻り稲葉山城下にある常在寺の住職となって「日運」と改名しました。
常在寺は妙覚寺の末寺です。
そして、若き松波庄五郎は、日運を頼って美濃にやってきたともされ、やがて長井家を掌握して行ったと推測されます。
日運の没年は不詳です。

なお、岐阜・常在寺は、斎藤道三など斎藤家の菩提寺で、斎藤道三が長良川の戦いにて討死した際の遺言で、4男・日饒、5男・日覚は、仏門に入り、それぞれ常在寺第5世、第6世となっています。

斎藤道三の供養塔 岐阜・常在寺
斎藤道三(斎藤利政) 権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
小見の方 (おみのかた)  斎藤道三の正室になった明智家の女性
道三塚 長良川の北側にある斎藤道三の墓

関連記事

  1. 夕方の岐阜(稲葉山)城 斎藤喜平次~斎藤道三の三男~斎藤道三に溺愛されるがゆえに兄・義龍…
  2. 足利宅跡 足利氏館跡~日本百名城~鑁阿寺について
  3. 一乗谷 朝倉氏館跡 一乗谷館跡と朝倉氏~一乗谷朝倉氏遺跡・国の三重指定、103年間の…
  4. 佐和山城跡 丹羽長秀~米五郎左~及び石田三成が城主となった佐和山城跡・龍潭寺…
  5. 八上城・遠景 波多野三兄弟と八上城~七度の攻防戦があった城~光秀によって陥落、…
  6. 大谷寺 入り口 大谷摩崖仏~日本のシルクロード~国の特別史跡及び重要文化財、宇都…
  7. 氏家直元 氏家直元(氏家卜全)~西美濃三人衆~美濃国人衆の中で最大の勢力、…
  8. 土岐頼武・頼純VS頼芸 土岐頼武・土岐頼純VS土岐頼芸~美濃守護土岐氏~度重なる家督争い…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 北条氏綱~小田原北条2代目~北条氏を名乗り、小田原北条氏の礎を築き、先進的な領国経営をした当主。 小田原城 常盤木門への橋

ピックアップ記事

  1. 藤田行政
  2. 神岡城 模擬天守
  3. 駿河・田中城
  4. 諏訪盛直
  5. 大伴家持の像
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP