その他

芳仁とは「麒麟がくる」俳優はベンガルさん

芳仁




芳仁(ほうじん)は、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する老人で、俳優のベンガルさんが演じられます。
ベンガルさんの大河ドラマ出演としては、功名が辻(2006年)にて、有岡城主・荒木村重役、龍馬伝(2010年)では岡本寧浦、軍師官兵衛(2014年) では別所賀相、いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)では田島錦治と言う、日本が初めて出場したストックホルムオリンピックの開会式に参加した人物を熱演されています。
このように、大河ドラマでは、欠かせないベテラン俳優とも言えるベンガルさんですが、麒麟がくるでは、門脇麦さんが演じるヒロイン「駒」にとって、重要な役柄となるようです。





なんでも、駒から「お灸」で治療を受ける患者なのですが、その縁で、丸薬の作り方を、駒に教えて、駒の運命を変えることになる老人と言う設定です。

丸薬(がんやく)と言うのは、薬の成分を練り合わせて玉(球状)にした飲み薬です。
何が違うかと申しますと、戦国時代の頃、薬(クスリ)と言えば「粉薬」(こなぐすり)だったらり、水に溶かした煎薬(ぜいやく)が主流だったのですが、薬は苦い物がほとんどですので、苦手な患者さんも多い訳です。
そのため、丸く固めたクスリであれば、水でゴクンと飲むだけですので、子供などでも飲みやすいのが丸薬でした。
現代においては、錠剤・カプセル剤として普及していますが、正露丸のように昔ながらの形状の医薬品もあります。

そんな、飲みやすい薬「丸薬」の製法を、ベンガルさん演じる芳仁が、駒に教えてあげると言う事ですね。

なお、芳仁(ほうじん)と言う御仁に関しては、実在しない、フィクション(架空)の人物のようです。

麒麟がくる キャスト・出演者一覧リスト【NHK大河ドラマ】
望月東庵 駒・菊丸 実在したのか?
菊丸の正体とは?~滝川一益?服部半蔵?石川五右衛門?
伊呂波太夫(いろはだゆう) 「麒麟がくる」にて尾野真千子さんが配役
明智光秀とは?数奇なその生涯【麒麟がくる】
岡村隆史さん演じる「菊丸」は何者になるのか?
駒について 今後の展開を考えてみた!

関連記事

  1. 三好長慶像 三好長慶~最初に天下統一を成し遂げた武将~大阪一帯を見渡せる飯盛…
  2. 一乗谷 朝倉氏館跡 一乗谷館跡と朝倉氏~一乗谷朝倉氏遺跡・国の三重指定、103年間の…
  3. 筒井順慶墓所 筒井順慶・松永久秀のライバルで、与力であり友人でもあった明智光秀…
  4. 木俣守勝 木俣清三郎守勝 三河出身~明智光秀と徳川家康に仕えた武将、その正…
  5. 肥田城跡 肥田城・野良田の戦い~浅井長政の華々しい初陣と六角氏衰退のはじま…
  6. 土岐高山城 土岐高山城跡(土岐高山城跡の森)・甲斐や尾張との境界を巡っての攻…
  7. 信貴山城跡と朝護孫子寺 松永久秀~三好長慶に忠義を誓った人物~官僚であり武将として時代の…
  8. 上杉謙信像 上杉謙信について~越後の龍・49年の生涯~駆け足で超手短に!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 一色義定と一色義道・義清~かつての幕府の四職~明智光秀に味方し丹後一色氏は散りゆく 弓木城・一色氏

ピックアップ記事

  1. 深芳野
  2. 佐和山城跡
  3. 織田信秀
  4. 興禅寺
  5. 今川義元
  6. 花輪城址公園
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP