平安時代

藤原公任~藤原北家小野宮流で政治的・芸術手的にも名門の出で「お坊ちゃま」、藤原道長とは同い年で四納言。

春日大社



スポンサーリンク



藤原公任

藤原 公任(ふじわら の きんとう)は、
平安時代中期の公卿・歌人。
藤原北家小野宮流、関白太政大臣・藤原頼忠の長男です。
官位は正二位・権大納言。
小倉百人一首では大納言公任。
「和漢朗詠集」の撰者としても知られています。

【生誕】
康保3年(966年)

【死没】
長久2年1月1日(1041年2月4日)

【別名】
号:四条大納言

【官位】
正二位、権大納言

【主君】
円融天皇⇒花山天皇⇒
一条天皇⇒三条天皇⇒後一条天皇

【氏族】
藤原北家小野宮流

【父】
藤原頼忠

【母】
厳子女王(代明親王の娘)

【兄弟】
源重信室、遵子、公任、
諟子、頼任、最円

【妻】
正室:昭平親王の娘(藤原道兼の養女)

【子】
定頼、良海、任入、藤原教通正室、
藤原遵子養女

【生涯と経歴】
【名門の出】
祖父の藤原実頼、父の藤原頼忠ともに
関白・太政大臣を務め、
母(醍醐天皇の孫)・
妻(村上天皇の孫)ともに二世の女王です。
また、いとこに具平親王、
右大臣藤原実資、書家藤原佐理がおり、
政治的にも芸術的にも名門の出となります。
関白の子として、天元3年(980年)に
清涼殿にて円融天皇出御の元で元服して、
異例の正五位下に叙せられるなど、
将来が期待されていました。
理髪は藤原遠度、
加冠は左大臣・源雅信が務めましたが、
天皇自ら加冠したともされています。
同年7月に侍従に任ぜられます。




スポンサーリンク



【順調な昇進ゆえの失言】
天元4年(981年)従四位下、
天元5年(982年)従四位上と順調に昇進し、
同年には姉の遵子が
円融天皇の皇后に立てられています。
遵子の立后後初めての参内に従った
藤原公任は、藤原兼家の邸宅(東三条殿)
の前を通り過ぎる際に、
女御のままであった
藤原兼家の娘の詮子のことについて
「この女御は、いつか后にはたちにたまふらむ」
との失言を放っています。
その後も、永観元年(983年)左近衛権中将、
寛和元年(985年)、
正四位下に叙任されるなど、
円融朝から花山朝にかけて昇進を続けました。

【政治の実権が小野宮流から九条流へ】
けれども寛和2年(986年)、
一条天皇の即位に伴って、
父の藤原頼忠は関白を辞任して
藤原兼家が摂政となり、
政治の実権が小野宮流から九条流に移ります。
同年7月には一条天皇の生母として
皇太后となった藤原詮子の参内に
藤原公任が供奉していたところ、
進内侍に「御妹の素腹の后は、
いづくにかおはする」と揶揄され、
以前の失言の仕返しをされています。
また、藤原兼家の息子で
同い年となる藤原道長
この時点で従五位下の位階にありましたが、
翌年の永延元年(987年)には
一挙に従三位まで昇進し、
藤原公任は瞬く間に位階を
追い越されてしまっています。

【三船の才】
なお、寛和2年(986年)10月に行われた
円融上皇の大井河遊覧では、
大堰川に漢詩・和歌・管弦の3艘の舟に
名人を乗せて芸を競わせましたが、
藤原公任は源相方と共に
3舟に併せ乗る名誉を得たのでした。

【昇進の停滞】
永延3年(9899年)蔵人頭(頭中将)に
任ぜられますが、この頃には
藤原公任の昇進は相当に停滞しています。
同時期に蔵人頭を務めた藤原懐忠(1年4ヶ月)・
藤原道頼(1年3ヶ月)・
藤原伊周(5ヶ月)らが早々に
参議として公卿に昇っていく中で、
藤原公任は3年半の間も
蔵人頭に留め置かれたのでした。

【相当の不満で事件を起こす】
正暦2年(991年)9月には
参議の欠員が発生したにも関わらず
藤原公任の任官は見送られ、
翌年の正暦3年(992年)8月に
ようやく参議として公卿に列しましたが、
一方で近衛中将を免ぜられています。
このような昇進状況に対して
藤原公任は相当の不満が
溜まっていた模様です。
正暦4年(993年)、
関白・藤原道隆を始め
藤原氏の公卿ほぼ全員が供奉した
一条天皇の大原野神社への行幸に
不参する事件を起して、
一時勅勘を蒙り参内を止められています。




スポンサーリンク



【道隆には不満、道兼とは親密】
このように藤原公任は
執政の藤原道隆に対して不満を持つ一方、
同じく藤原道隆に反発していた
藤原道隆の弟の藤原道兼とは親密であり、
正暦5年(994年)には
藤原道兼の養女(実は昭平親王の娘)と
結婚しています。

【歌壇の第一人者に】
なお、長徳年間(996年~999年)頃には
私撰和歌集「拾遺抄」を撰していますが、
「拾遺抄」は花山上皇が
将来勅撰和歌集(「拾遺和歌集」)を編纂する
際の目安として、公任に編纂を命じられたと
想定されています。
当時、和歌の大家であった
清原元輔・平兼盛・大中臣能宣・
藤原仲文らは既に他界し、
生存中の藤原長能・源重之は
地方に下っているなど、
歌壇は極度の人材不足に
陥っていました。
そこでまだ30歳前半であった
藤原公任が撰者を
命じられたと見られています。
が、結果的にこのことが
藤原公任を歌壇の第一人者に
のし上げることになったのでした。

【執政の座は藤原道長に】
長徳元年(995年)の
赤斑瘡の大流行や長徳2年(996年)の
長徳の変を経て執政の座は
藤原道長に移ります。
長徳5年(999年)、
藤原公任は14年ぶりに昇叙されて
従三位になりますが、
この頃より藤原公任は藤原道長に
接近するようになります。
具体的には以下のような
記録が残っています。

<5月6日>
藤原道長邸の改築に伴う祝宴に参加。
当日藤原公任が詠んだ漢詩は「本朝麗藻」に、
和歌は「拾遺和歌集」に残っています。

<9月12日>
藤原道長に随行して
西山に紅葉を尋ねます。
この際に詠んだ和歌が
「小倉百人一首」に採録されています。

<10月27日>
藤原彰子入内に際して、屏風歌を詠進します。

これらの活動が奏功してか、
長保3年(1001年)8月、
上席の参議3名
(藤原懐平・菅原輔正・藤原誠信)
を越えて中納言に任ぜられ、
10月には正三位に叙せられました。




スポンサーリンク



【ショックを受けたので辞めます】
長保6年(1004年)10月、
一条朝の四納言の一人で
藤原公任の1歳年下であった藤原斉信
官職は権中納言ながら
従二位に叙せられ、
藤原公任は位階の上で
越えられてしまいます。
公私共に密接な交流のある
親しい友人であった藤原斉信に
先を越されたことは
藤原公任にとっては
かなりのショックで
あったようで、
ただちに出仕をやめてしまい、
12月になって
中納言左衛門督の辞表を
藤原道長に提出したのでした。
この辞表に関しては、
まず当時の有名な文人であった
紀斉名や大江以言に
書かせましたが藤原公任は満足できず、
大江匡衡が妻である
赤染衛門の知恵を借りて
ようやく作成したとの
逸話が残っています。

【昇進したので再開します!】
結局、7ヶ月の不参を経て、
翌年の寛弘2年(1005年)7月に
従二位に叙せられ、
藤原公任は再び参内を再開しました。
同年末頃より、藤原公任は
藤原道長邸を訪問することが
多くなるなど、
藤原公任は藤原道長へさらに接近し、
迎合の度合いを深めていきました。

【歌壇における藤原公任の影響力】
寛弘年間前半には、
勅撰和歌集「拾遺和歌集」が
編纂されていますが、
藤原公任の和歌は
現存歌人中最多の15首が
採録されています。
この和歌集には藤原公任が
以前編纂した「拾遺抄」の和歌が
全て採録され、さらにはこの和歌集は
「拾遺抄」の盛名に押されて
当時の歌壇にそれほど
迎えられなかったなど、
歌壇における藤原公任の影響力が
極めて大きかったことが
窺われるとのことです。

【小野宮流の時代が去ったことを悟る】
その後、寛弘6年(1009年)に
藤原斉信と共に権大納言に昇進しますが、
この間の寛弘5年(1008年)に
藤原斉信が、寛弘7年(1010年)には
同じく四納言の一人である
源俊賢が先に正二位に昇進して
位階面で先を越されています。
一条天皇の子女を次々産んでいた
中宮・藤原彰子に
中宮(権)大夫として
仕えていた両名と異なって、
皇太后宮大夫のみを兼ねて
姉の皇太后・藤原遵子に
仕えていた藤原公任は、
官位を進めるような
要務に任ぜられることも
ありませんでしたが、
かつてのように人事に
反発することもなく、
小野宮家の時代が
既に遠くへ去ったことを
悟っていたかもしれません。




スポンサーリンク



【道長の子息に娘を嫁がせる】
寛弘9年(1012年)4月に
長女を藤原教通(母は源倫子)に
嫁がせました。
執政である藤原道長の子息を
婿に望む公卿は多かったので、
藤原公任はこの結婚が
よほど自慢であった模様です。
藤原道長に反発を持つとされている
同じ小野宮流の大納言・藤原実資に
対してこの婚儀のことを長々と喋って、
藤原実資を閉口させたとのことです。
一方で、藤原公任は経済的に
不如意だったようで、
藤原実資から婚儀のための衣裳を借り、
新婦のための女装束を
贈られています。
なお、この結婚の引き出物として
贈られたのが「和漢朗詠集」でした。
同年11月に三条天皇の大嘗会が行われ、
悠紀国司賞として
近江守を兼ねていた藤原教通に
叙位の沙汰がありましたが、
藤原教通はこれを舅に譲り
藤原公任が正二位に昇叙されました。

【昇進の限界】
寛仁5年(1021年)、
左大臣・藤原顕光の薨去により
大臣の席が2つ空き、
下座の権大納言であった
婿の藤原教通が内大臣に昇進し、
大納言であった藤原実資が
右大臣に昇ったため、
正官の大納言が藤原斉信のみとなりました。
けれどおも筆頭の権大納言であった
藤原公任は欠官のある
大納言への昇進が叶わず、
大臣の座はおろか
昇進の限界へ来ていることが
明らかになっていたのでした。

【娘たちを次々と亡くし出家】
さらに、治安3年(1023年)次女(遵子の養女)を、
翌年の治安4年(1024年)長女(藤原教通室)を
次々と亡くしていしまいます。
藤原公任は娘たちの若くしての死に
精神的にかなりの痛手を
受けてしまいます。
この頃より出仕をしなくなり、
同年12月には権大納言の官職を辞任。
万寿2年(1025年)正月に
邸宅の四条宮が焼亡したため
一時延期するものの、
翌年の万寿3年(1026年)正月4日に
弟である最円がいる洛北長谷
(現在の京都市左京区岩倉長谷町)の
解脱寺で出家を果たしました。
戒師は三井寺の別当文慶僧都。

【「朗詠谷」】
出家した藤原公任は解脱寺から
北に1町ほど離れた平地に
山荘を営んで居住しました。
山荘の跡は現在も「朗詠谷」と
称されているとのことです。
藤原公任の出家はまもなく
都に知れ渡り、その反響は大きく、
早速既に出家していた藤原道長から
和歌に添えて法衣一領が贈られます。
そして婿の教通や子・定頼を始め
大勢の人々が次々と訪れたとのことです。
少し落ち着くと今度は同じ
四納言の藤原斉信の訪問を受けます。




スポンサーリンク



【同じ境遇の藤原斉信と語り合う】
公任と同じく藤原道長の子息(長家)に
嫁がせた娘を若くして
失っている藤原斉信は、
亡くなった娘のことを
縷々と云い続け、一方で
出家の決心も付かない真情を
吐露したとのこと。
これに対して藤原公任は
自らの経験を語って藤原斉信を慰めます。
藤原斉信は時間になっても
辞去する気になれず、
二人して泣き続けたということです。

【源俊賢・藤原道長と藤原行成の死去】
万寿4年(1027年)になると
6月に源俊賢が、
12月には藤原道長と
藤原行成が同日に他界し、
藤原道長とその政権を支えた
四納言は藤原公任出家後の
僅か2年ほどの間に、
藤原公任と藤原斉信の二人を
残すのみとなりました。

【有職故実の教授や和歌を詠む】
藤原公任は俗世間と離れますが、
源経頼の依頼を受けて
有職故実を教授したり、
藤原定頼が月見で
人々が詠んだ和歌を詠草にして
藤原公任に送ったところ、
藤原公任が当時まだ無名であった
藤原範永の詠んだ和歌を見つけて絶賛し、
これを伝え聞いた藤原範永が
その詠草をもらい受け、
錦袋に入れて家宝にした、などの
話が伝わっています。

【四納言でだた一人】
長元8年(1035年)、
最後まで官界に残っていた
藤原斉信も大臣任官を果たせぬまま没し、
結果的に四納言は藤原公任が
最後まで生き残ったのでした。

【薨去】
長久元年(1040年)の年末より
瘡湿にかかって10日ほど患ったのち、
翌年の長久2年(1041年)1月1日薨去。
享年は76歳でした。




スポンサーリンク



【人物】
<多彩な才能>
和歌の他、漢詩、管弦にも
優れた才能を見せました。
藤原道長に対して
自らの才能を誇示した
「三舟の才」の逸話は、
小野宮流の嫡男として
芸術面での意地を見せたともいわれています。

<名門の出らしく誇り高い>
また、藤原道長には迎合していましたが、
自らの門地に対する誇りは高く、
四納言の一人である
藤原斉信に位階を越された際は
半年間出仕を止めた上に、
当時文人として有名であった
大江匡衡に作らせた辞表を
提出したこともありました。

<著作物>
家集「大納言公任集」、
私撰集「金玉和歌集」、
歌論書「新撰髄脳」「和歌九品」などがあり、
「和漢朗詠集」や
三十六歌仙の元となった「三十六人撰」は
藤原公任の撰によるものです。
勅撰歌人として「拾遺和歌集」(15首)以下の
勅撰和歌集に88首が入首しています。
また引退後著したと見られる
有職故実書「北山抄」は
摂関政治期における
朝廷の儀式・年中行事の詳細が
分かる貴重な史料となっています。

<青年時代から共に行動する貴族たち>
藤原道長が藤原公任に対して
対抗意識を燃やしたという
逸話もあるとのことですが、
実際には寛和2年(986年)の
内裏歌合で若手貴族の代表として
藤原道長・藤原斉信ともに選ばれるなど、
青年時代から共に行動することが
多かったのでした。

<四納言で唯一>
なお、実際に四納言の中で唯一、
藤原道長が政権の座に就く以前に
参議に昇進しています。
(正暦3年(992年)8月)




スポンサーリンク



【逸話】
<三舟の才>
「大鏡」に見えます。
三船の才ともいわれています。
藤原道長が大堰川に
漢詩の舟、管絃の舟、和歌の舟を出し、
それぞれの分野の名人を乗せた際、
乗る舟を尋ねられた
藤原公任は和歌の舟を選び、

「小倉山嵐の風の寒ければ
もみぢの錦きぬ人ぞなき」

と詠んで賞賛されました。
ところが藤原公任は、
漢詩の舟を選んでおけば、
もっと名声が上がったはずだと悔やみ、
藤原道長に舟を選べと言われたときに、
すべての分野で認められていると
うぬぼれてしまったと
述懐したとのことです。

なお、記録上大堰川において
三舟の遊興が開かれたのは
寛和2年10月10日
(986年11月14日)に
円融上皇臨席の下開催されたもので、
藤原道長や藤原公任も
これに参加したとみられています。
なお、この時に舞と笛の演奏が称賛された
源時中は直後に褒賞として
参議に昇進したとのことです。

<着鈦勘文>
この時代、強盗・窃盗・私鋳銭の
3つの罪については検非違使が
裁判を行うことになっていました。
長徳2年(996年)11月に
検非違使の最高責任者であった
検非違使庁別当である
藤原公任の別当宣によって、
初めて着鈦勘文(判決文)に
徒(懲役)年数が
書かれることになりました。
それまでは、被害額の総額に応じて
徒の年数は定められていましたが、
その年数が罪人に示されることは無く、
罪人は釈放されて初めて
自分がどんな刑罰を受けたのかを
知ったということでした。
藤原公任はその矛盾を指摘して
これを改めさせたのでした。
この時、左衛門志であった
明法家(法律家)の惟宗允亮は、
藤原公任の意向に沿って
素晴らしい着鈦勘文を書き上げ、
法律家としての名声を高めたということです。

<「源氏物語」の話題>
寛弘5年(1008年)11月1日、
土御門殿で催された
敦成親王(後一条天皇)の
誕生祝いの宴で、
酔った藤原公任が
紫式部に対して
「この辺りに若紫は居られませんか」
と声をかけた、ということです。
紫式部は
光源氏似の人も居ないのに、
どうして紫の上が居るものかしらと思い、
その言を聞き流し相手にしなかった、
と「紫式部日記」に見えます。
なお、この逸話の条が、
本文以外で「源氏物語」に
触れられた記録の初見と
されているとのこと。

<実は恋人だった?>
上記の逸話には
もう一つの見方があるとのことです。
酔った藤原公任が
「この辺りに若紫は居られませんか」
といったのですが、
そのなかの「若紫」とは実は
紫式部のことで
「我が紫」だったというのです。
そこから藤原公任と紫式部は
恋仲だった説もあるとのことです。

恋人だからこそ紫式部が
身分の高い藤原公任に対して
つれない態度を取ることが
できた、という解釈となっているとのこと。

紫式部は藤原道長との関係も
ささやかれているほどで
実はモテモテだったかもしれませんね。




スポンサーリンク



<宇治拾遺物語に見える逸話>
宇治拾遺物語 巻第十二 二一(一五六)
「ある上達部中将の時召人に逢ふ事」の末尾には、
悪法師の恨みを買って攫われ、
助け出された思い出を語る貴人を指して
「四条大納言(公任)の事と申すは誠やらん」
とあるとのことです。

うるまの島
「権記」、「本朝麗藻」などに、
寛弘元年(1004年)、
新羅(高麗)迂陵島人の
因幡漂着と送還が記述され、
言葉の通じぬ異邦人の来訪が
当時の話題となっていました。
この島は現在の鬱陵島(ウルルンド)とのこと。
この時期に藤原公任の詠んだ歌が
千載和歌集に収録されています。

「詞書」
うるまのしまの人のここにはなたれきて、
ここの人のものいふをききしらてなんあるといふころ、
返ことせぬ女につかはしける

<説明>
うるまの島の人が日本に漂流してきて、
日本人の言葉を聞いてもわからないでいるという
評判の頃に、返歌をしない女に送った歌

おほつかなうるまの島の人なれやわかことのはをしらぬかほなる

<現代語訳>
心もとないことだ。
うるまの島の人だからだろうか、
わたしの贈った和歌に知らぬ顔をしているのは

「千載和歌集 巻第十一 六五七」

島の名は「狭衣物語」の文中にも
取り入れられました。
詞書は初出の「大納言公任集」に
「しらぎのうるまの島の人」
とあったのですが、
千載集では国名が
省略されてしまったため、
何処とも知れぬ
異邦の島の呼び名として
広まったとのことです。
後の室町時代に、
当時の琉球国が室町幕府に遣使、
交易を行ったあたりから、
異邦の辺境の島としての
「うるま」が沖縄を
指すようになったとのことです。
沖縄 黒島の海

【代表歌】
小倉百人一首(55番)
滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ

<現代語訳>
滝の流れる水音は、聞こえなくなってから
もうずいぶんになるけれども、
その名声だけは流れ伝わって、
今でも人々の口から聞こえていることだ。

2024年NHK大河ドラマ
光る君へ」では
町田啓太(まちだ けいた)さんが
演じられます。

円融天皇~政治に関与し兼家と疎隔・対立するも、藤原詮子との間に後の一条天皇が誕生します。

花山天皇~藤原氏の策略で19歳で出家、独創的な発想の持ち主で好色、観音巡礼が後に「西国三十三所巡礼」として継承。

一条天皇~「叡哲欽明」と評された賢王は笛の名手で皇后との「純愛」を育み、やがて平安王朝文化が開花。

藤原頼忠~従兄弟の兼通とは親しく兼家とはライバル、天皇の外戚になれず失意のうちに世を去る。

藤原実資~藤原北家嫡流の小野宮流の家領を継ぎ「賢人右府」と呼ばれ、貴重な資料である「小右記」を残す。

藤原道長~初めは目立たずも後に政権を掌握、「一家立三后」をなし「この世をば わが世とぞ思ふ」と詠む。

藤原頼通~藤原氏の栄華の象徴である平等院鳳凰堂を造営、摂関政治から院政と武士が台頭する時代へ。

藤原教通~同母兄の頼通への卑屈なまでの従順と確執、やがて藤原摂関家の衰退を招いていきます。

藤原斉信~藤原道長の従兄弟で当初は道隆に仕えるも後に道長の腹心へ、清少納言との交流があり「枕草子」に登場します。

藤原行成~世尊寺流の祖、実務に高い能力を発揮し人徳高く当代の能書家として後世「権蹟」と称されました。

源俊賢~一条朝の四納言の一人、父の源高明が政変で失脚するもバランス感覚に優れ権大納言まで昇進します。

藤原彰子~真面目で努力家で控えめな少女は成長して国母となり政治力を発揮し「賢后」となりました。

藤原道兼~父は藤原兼家、兄は藤原道隆、弟は藤原道長、待望の関白に就くも数日でこの世を去る。

紫式部~世界最古の長編小説とされる「源氏物語」を執筆した女流小説家で平安時代きっての才女。

和泉式部~和歌の才能にあふれた恋多き自由奔放な女性、娘への哀傷歌が有名です。

赤染衛門~理知的で優美な諷詠の女流歌人、おしどり夫婦であり良き妻良き母、「栄花物語」正編の作者とも。

伊勢大輔~「小倉百人一首」にもある「いにしへの」の歌が有名な平安時代の女流歌人です。

大弐三位(紫式部娘・藤原賢子)~母からは和歌や文才を、父からは明朗で自由快活な気性を受け継ぎ、行動力溢れ長寿を全うしました。

藤原為時~漢詩の才能に長け、人格形成で紫式部に影響を与えたとされており、子らに先立たれる。

藤原惟規~紫式部の兄弟で和歌の才能があったが、越後にて父より先に亡くなる。

藤原兼家~熾烈な権力闘争に勝ち、のちの藤原氏最盛期を築いた人物です。

藤原道隆~藤原道長の長兄、容姿端正、明朗で豪快、気配り上手な優れた跡継ぎでしたが病で急逝します。

藤原伊周~藤原道隆の嫡男、急速に出世するも叔父・道長との政争に敗れ失意のうち世を去る。

藤原隆家~藤原道隆の四男、「刀伊の入寇」で武勇を挙げ政敵・道長も一目置いた気骨ある人物です。

源雅信~皇室の血筋で源倫子の父、藤原兼家にとっては邪魔な存在、宇多源氏の始祖で子孫は近江源氏・出雲源氏へと繋がっていく。

源倫子~6人の子供に恵まれ、夫である藤原道長の外戚政権を 実質的に完成させた女性です。

源明子(源高明の娘)~藤原道長の妾妻で源俊賢の異母妹、明子の家系はやがて五摂家に繋がっていくのです。

藤原穆子~源倫子の母親で藤原道長の才能を見抜き結婚を勧めた女性で紫式部とは遠縁です。

藤原詮子~藤原道長の姉、国母となりやがて日本最初の女院となって、権力を握り政治に介入する。

藤原時姫~藤原兼家の妻で藤原道隆・道兼・道長・超子・詮子の生母、一条・三条両天皇の祖母です。

春日大社~藤原氏の氏神を祀る全国の春日神社の総本社で世界遺産に登録されています。

高階貴子~身分は高くないが和歌と漢詩に秀でた才媛で藤原道隆の嫡妻、百人一首54番の情熱的な和歌が有名。

清少納言~末娘で父親からとても可愛がられて育ち、定子に仕え世界最古の随筆である「枕草子」を執筆します。

藤原宣孝~性格も女性関係も華やかで20歳以上も年上であった紫式部の夫。

関連記事

  1. 御門御墓(桜川市) 御門御墓(平将門居館?)~平将門の供養塔とされる五輪塔があり付近…
  2. 伝・平良兼館(竜ケ井城・竜崖城) 伝・平良兼館(竜ケ井城・竜崖城) ~平良兼は平将門の叔父にあたり…
  3. 三人官女 紫式部~世界最古の長編小説とされる「源氏物語」を執筆した女流小説…
  4. 昇仙峡 源明子(源高明の娘)~藤原道長の妾妻で源俊賢の異母妹、明子の家系…
  5. 海 太陽 鏡 さわ~紫式部(まひろ)の友人、史実では平維将の娘である従姉妹の筑…
  6. 牛車(雛道具) 藤原道兼~父は藤原兼家、兄は藤原道隆、弟は藤原道長、待望の関白に…
  7. 后神社(桜川市) 后神社(桜川市)~平将門の妻で平真樹の娘とされる「君の御前」を祀…
  8. 御殿雛 源倫子~6人の子供に恵まれ、夫である藤原道長の外戚政権を 実質的…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 藤原定子~朗らかで才気に満ち華やかで美しい女性、父道隆の死で状況は一変し若くして散る。 内裏雛

ピックアップ記事

  1. 木俣守勝
  2. 願成就院
  3. 伊勢崎城址の裏
  4. 豊国神社(中村公園(秀吉清正公園)
  5. 口留番所跡 木戸 (檜原村)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP