平安時代

御門御墓(平将門居館?)~平将門の供養塔とされる五輪塔があり付近には妻を祀る后神社があります。

御門御墓(桜川市)



スポンサーリンク



【御門御墓(平将門居館?)】

「みかどおはか」と読みます。
別名は将門塚です。

平将門の供養塔とされる
4基の五輪塔があります。
向かって一番左から水輪と風輪、
他の3つは風輪がない状態とのことです。
敷地内は手入れが
されているとのことですが、
草木生い茂る季節はできれば
避けたほうが良いと思います。
実際に8月に行き、
足を踏み込むのに躊躇しました。

造られたのは鎌倉時代初期とのことです。
土地に残る伝承では、
かつてこの地に平将門の居館があり、
平将門の霊を粗末にすると
祟りがあると信じられたために
造られたとされています。
御門御墓(桜川市)

【名称と地名】
「御門御墓」という名称は、
平将門が乱を起こした際に「新皇」と
称したところから付けられたものであり、
さらに「三門」という地名も
そこから派生した物であると
考えられているそうです。
当地の地名(字名)である
「三門(みかど)」は、
将門が「新皇」と自称し、
「帝」⇒「御門」⇒「三門」と
変化したものとか。

平真樹の治める土地】
この辺りは、平将門の乱の頃、
平真樹(たいらのまさき)の治める土地でした。
平将門の妻であった「君の御前」の父であり、
平将門の同盟者であるとのことです。
「君の御前」こそ正妻ともいわれています。
当時の風習では通い婚が通例でした。
足繁く通う平将門のために館が
設けられていたものと考えられています。
この付近には君の御前を祀る后神社があります。
この4基の五輪塔はちょうどその神社と
向かいあう形で置かれています。
これもこの五輪塔が
平将門にまつわる伝承を持つもの
であるとする証拠とされています。
当地の南東、約1km(直線距離)のところに
ある「后神社」の地名は(字名)は
「木崎(きさき)」=后で、
「三門(みかど)」=帝と対を
なしているというとのことです。
もともと、その領地をめぐって
常陸大掾・源護と対立し、
平将門は平真樹側につくことになります。
「御門御墓」は平真樹の供養塔でもあると
見られているとも言えます。

【平将門の本拠地】
平将門の本拠地が
どこであったかということについては
諸説あるとのことです。
通説では現在の茨城県坂東市岩井周辺とのことです。




スポンサーリンク



【所在地】
〒309-1244 茨城県桜川市大国玉三門
〒309-1244 茨城県桜川市大国玉3803付近

【交通アクセス】
JR水戸線「岩瀬」駅(タクシー約15分)

桜川・筑西IC約15分

<場所>
(ご参考まで)
茨城県道148号線(東山田岩瀬線)
「前原十字路」から北東へ約1.2km、
「大国郵便局」のある道路へ入る。
約240m進んだところで左折(西~北西へ)、
約400m進んで左折(西へ)、
狭い道路を約200m、突き当りの直ぐ左側。

<目印>
「光明寺」という寺院の反対側
(西へ直線距離で約280m)辺り。

【駐車場】
ありません。
付近は狭いです。

伝・平良兼館(竜ケ井城・竜崖城) ~平良兼は平将門の叔父にあたりこの地は「弓袋山の対陣」の舞台です。

平将門~困っている人を放っておけない面倒見の良い大将は東国に新国家を創ろうとした。

大国玉神社 (桜川市)~平将門の妻「君の御前」の父である平真樹の館がありました。

后神社(桜川市)~平将門の妻で平真樹の娘とされる「君の御前」を祀っています。

平将門公本據豊田館跡~平将門誕生の地と伝わる場所、後に豊田氏の向石毛(向石下)城址となりました。

國王神社~平将門公終焉の地に三女如蔵尼によって創建されたと伝わる古社です。

大宝城(茨城県)~関東最古の八幡宮である大宝八幡宮境内にあり下妻氏によって築城された城です。

築土神社と世継稲荷~平将門信仰の象徴的神社と徳川秀忠が称賛した神社です。

兜神社~平将門公にまつわる言い伝えがあり証券界の守り神でもある東京のお社です。

鎧神社~日本武命や平将門公にまつわる伝承があり人々の崇敬を集めてきた東京のお社です。

将門塚~平将門公の首を祀る塚で大都会の超一等地に鎮座し、現在も静かに見守っています。

石井の井戸跡(坂東市岩井)~平将門が拠点である石井営所を決めた伝説がある古井戸です。

伝・源護館跡陣営~平将門の乱の始まりの戦と嵯峨源氏である源護という人物について。

延命寺~「島の薬師」と親しまれているお寺で、平将門公持護仏の薬師如来像が祀られています。

岩瀬城~茨城県桜川市にある城で詳細や歴史は不明、益子氏或いは笠間氏の支城の可能性あり。

常陸・富岡城~坂戸城主小宅氏の家臣である稲川土佐氏が城主とされています。

坂戸城(常陸国)~宇都宮氏家臣の小宅氏の居城、この城を巡り宇都宮氏と小田氏で激戦が繰り広げられました。

真壁城~大掾氏の一族である真壁氏が支配、江戸時代に浅野長政が真壁藩5万石を与えられます。

谷貝城~築城は室町時代でその後は真壁氏の家臣である藤田氏の居館でした。

関連記事

  1. 桃林寺(石垣島) 本堂 桃林寺~八重山列島で最古の仏教寺院、山門の仁王像は津波で流された…
  2. 大樹寺山門 大樹寺~徳川将軍家及び松平氏の菩提寺で歴代将軍の位牌が安置、岡崎…
  3. 河津桜 トンネル 大弐三位(紫式部娘・藤原賢子)~母からは和歌や文才を、父からは明…
  4. 大桑城の遠景 大桑城~美濃国守護である土岐氏の最後の居城~
  5. 浜田歴史公園 上浜田中世建築遺構群(浜田歴史公園)、渋谷一族の大谷館の可能性が…
  6. 興禅寺 興禅寺~黒井城の下館~明智光秀の重臣・斎藤利三が治めた春日局の生…
  7. 瀬田城址 瀬田城~琵琶湖の浮城~甲賀衆を祖とする山岡景隆。本能寺の変後、光…
  8. 英勝寺 境内 英勝寺(鎌倉)太田道灌公の屋敷跡にある水戸家の尼姫たちの水戸御殿…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 相模沼田城~波多野氏の一族の沼田氏が築城し、後に大森氏の所領となる。 相模・沼田城跡入り口

ピックアップ記事

  1. 曹洞宗 清涼山 光鏡院
  2. 竹 小路
  3. 薬師寺 壁
  4. 京都と線路
  5. 相模・沼田城跡入り口
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP