幕末・維新

筑波山神社~万葉集にも登場する「筑波」~山頂からの眺め良し!日本史を見守ってきた山。

筑波山




筑波山神社

筑波山神社(つくばさんじんじゃ)は、
茨城県つくば市筑波にある神社です。

【位置】
関東平野北東部、
茨城県南西にそびえる筑波山を
神体山として祀る神社であり、
主要社殿は次の3箇所に形成されています。

<男体山本殿>
西峰頂上(男体山<なんたいさん>、標高871メートル)。
男体山(筑波山)

<女体山本殿>
東峰頂上(女体山<にょたいさん>、標高877メートル)。

<拝殿>
山腹(標高270メートル)。
両本殿を遥拝します。
筑波山は西峰・東峰からなる双耳峰であり、
筑波山神社本殿は
その両山頂に1棟ずつ鎮座しています。
境内は広大で、
筑波山南面の
海抜270メートルの線(拝殿)以上を社地とし、
その面積はおよそ
354ヘクタールにも及ぶとのことです。

南面中腹にある拝殿周辺には、
門前町が形成されています。
一般に「筑波山神社」という場合は、
この拝殿周辺を指すことが多いとのことです。
拝殿の西には筑波観光鉄道の
筑波山ケーブルカーの宮脇駅があるほか、
登山口も設けられており、
参拝客のみならず登山客によっても
賑わいを見せています。

筑波山神社・拝殿への階段

<筑波山・登山口ルート>
筑波山・登山口ルート

【信仰篤い神社】
筑波山は「常陸国風土記」に見える頃より
神の山として信仰が深く、
その神霊を祀る筑波山神社は
公家・武家から崇敬が深い神社でした。
また文化財では、太刀(銘吉宗)が
国の重要文化財に指定されているほか、
社殿数棟が、
茨城県及びつくば市指定有形文化財に
指定されています。





【ご祭神】
主祭神は次の2柱です。

<筑波男ノ神(つくばおのかみ、筑波男大神)>
男体山の神。
人格神を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)としています。
<筑波女ノ神(つくばめのかみ、筑波女大神)>
女体山の神。
人格神を伊弉冊尊(いざなみのみこと)としています。

本殿の神体は神衣(かんみそ)で、
御座替祭で取り替えられるとのことです。
なお、「明治神社誌料」では
神鏡としているとのことです。

伊弉諾尊・伊弉冊尊2神は結婚し、
多くの神々を産みまた国産みをしたことから、
縁結び・夫婦和合・家内安全・子授け・
子育て等のご利益があるとして信仰されています。
また交通安全、工事安全等の
ご利益があるともされています。

【祭神について】
筑波山は男体山・女体山からなる双耳峰で、
その両峰にそれぞれ神があてられています。
2峰が相並ぶ山容から、
自然と男女2柱の祖神が
祀られるようになったともいわれています。

「常陸国風土記」によりますと、
筑波山について、西峰(男体山)は険しく、
神の峰として登山が禁じられていたそうです。
一方、東峰(女体山)は険しいながら
夏冬絶えず泉が流れ、
春秋には男女が集い歌垣が
行われたということです。
このように男体山は禁足地、
女体山は開放地とされており、
風土記編纂当時にはすでに
2峰の性格が大きく異なっていました。
祭祀遺物も、
女体山付近において、
7世紀末から12世紀に渡って
多数発見されています。

<女体山頂からの眺め>
女体山頂からの眺め

【歴史】
【創建】
創建は不詳です。
筑波山は「常陸国風土記」でも
富士山と対照されるほどの山容を
持っていることから、
関東平野に人が住み始めた頃から
崇められてきたともいわれています。

<筑波山>
筑波山

社伝(「筑波山縁起」)によりますと、
「古事記」にある
伊弉諾尊・伊弉冊尊による国産みで
産み出された「おのころ島」が
筑波山にあたるということです。
また「詞林采葉抄」(南北朝時代)では、
筑波山は天照大神が降臨した神山とのことで、
文化年間(1804年-1818年)の
「筑波山私記」でも
同神の筑波から伊勢への遷座を伝えています。

祭祀氏族については、
「常陸国風土記」に見える
筑箪命(つくばのみこと、筑波命)が
初代筑波国造に任じられて以来、
筑波国造が祭政一致で奉仕したということです。
筑波山麓には多くの古墳が残っており、
そのうち八幡塚古墳(つくば市沼田)は、
筑波国造の墓に比定されています。

なお、現在の筑波山神社主要部は
拝殿周辺にありますが、
拝殿はあくまで明治8年(1875年)に
中禅寺跡地に造営されたものです。
そのため「元来の筑波山神社」は、
「男体山頂祠・女体山頂祠」
を指すものとされています。
また創建時期は不明ではありますが、
つくば市臼井の六所神社跡(現在は廃社)が
両祠の里宮であったそうです。





【奈良時代から平安時代】
奈良時代の「万葉集」には
筑波の歌25首が載せられています。
このことからも筑波山は
常陸国を代表する山であったといわれています。
また奈良時代末から平安時代初め頃には、
法相宗僧の徳一が筑波山寺、
のちの筑波山知足院中禅寺を開きました。
これにより神仏習合が進み、
筑波山は有数の修験道の道場に発展していきます。
この神仏習合の時代には
「筑波両大権現(両部権現)」とも
称されていたそうです。

国史では、
古くは弘仁14年(823年)に
従五位下の筑波神を官社と為す
という記事があるそうです。
その後の神階叙位により、貞観13年(871年)に
筑波男神は従三位、
貞観16年(874年)に
筑波女神は従四位上(または正四位下)
まで上ったそうです。

延長5年(927年)成立の「延喜式」神名帳では
常陸国筑波郡に
「筑波山神社二座 一座名神大 一座小」
と記載され、
筑波郡では唯一の式内社に列しています。
うち名神大社が筑波男神、
小社が筑波女神とされています。
その後、治承4年(1180年)には
正一位に達したということです。

鎌倉時代から江戸時代】
鎌倉時代初期には、
常陸国守護の八田知家小田氏祖)の
子である八郎為氏が
筑波国造の名跡を継ぎ、
筑波別当となったとのことです。
この筑波為氏(明玄)の子孫は、
以後筑波氏を称し、
筑波神奉斎者かつ
中禅寺別当を担ったとのことです。
中世の動向は明らかではありませんが、
慶長5年(1600年)に
徳川家康により筑波氏が外されるまで、
筑波神・中禅寺は筑波氏の統率下に
あったと見られているとの事です。

江戸時代に入ると、
幕府は中禅寺を篤く保護したそうです。
中禅寺境内には多くの堂塔が建立され、
筑波山は神仏共立から
仏教中心の霊地へと性格を変えていきました。
こうした中禅寺に対する庇護の一方で
筑波神の影は薄くなり、
この間の筑波神の奉斎形態は
明らかではない、とのことです。

筑波山事件
幕末には、
元治元年(1864年)に
天狗党が当地で挙兵し、
天狗党の乱の舞台ともなったそうです。

【明治維新以後】
明治維新後、
神仏分離によって中禅寺は廃寺とされました。
これにより伽藍の多くが破壊されました。
けれども数棟のみ破壊を免れて
現在に文化財として残っているそうです。
また、この神仏分離により
筑波山神社が復興されました。
その主要部は、
中禅寺の跡地を踏襲して形成され、
現在に至っているとのことです。

【境内】
筑波山神社の境内は
筑波山南面海抜270メートル以上であり、
その敷地は354ヘクタールに及びます。
本殿は筑波山の男体山・女体山両山頂に鎮座し、
山腹にそれらを遥拝する拝殿が立っています。

【筑波山中】
男体山本殿は昭和30年(1955年)、
女体山本殿は昭和54年(1979年)の改築です。
男体山頂には筑波大学との共同観測所である
筑波山神社・筑波大学計算科学研究センター共同気象観測所
(なお、施設と土地は筑波山神社が所有)があります。
また、女体山頂には守札授与所、
天の浮橋(平成21年(2009年)4月再建)があります。

<女体山頂から見える日光及び赤城山>
女体山頂から見える日光及び赤城山

<女体山頂からの霞ケ浦>
女体山頂からの霞ケ浦

両山頂間の鞍部は
「御幸ケ原(みゆきがはら)」と呼ばれています。
男体山まで約300メートル、
女体山までは約600メートルです。
筑波山ケーブルカーの筑波山頂駅があり、
土産物屋や食堂等が集積しています。

<ケーブルカーの線路>
筑波山 ケーブルカー線路

また、山中には
小倉百人一首の陽成院の歌の題材として有名な
「男女川(みなのがわ)」の源流があるほか、
「紫峰杉(しほうすぎ)」の名のある
推定樹齢800年のスギ(男女川源流の近く)や
「弁慶七戻り」・「母の胎内くぐり」・「ガマ石」など、
霊石・奇岩・名木が多数あります。
これらの岩場はかつては
修験道の道場として使用されていました。
そして現在でも神事として
筑波山禅定が行われています。





【拝殿】
拝殿は明治8年(1875年)の造営です。
この場所には明治以前には
中禅寺の本堂(大御堂)がありました。
しかし神仏分離で大御堂が廃され、
新たに建てられました。
拝殿前には礎石が残り、
中禅寺の寺勢をしのばせています。
なお、大御堂は拝殿の南西方に
真言宗豊山派大御堂教会の大御堂として
再建されています。

<拝殿>
筑波山神社 拝殿

【随神門】
拝殿前に建てられている随神門(ずいしんもん)は、
間口5間2尺、奥行3間の楼門です。
これは茨城県内では随一の規模であるそうです。
古くは寛永10年(1633年)に、
3代将軍徳川家光により
寄進されましたが、
宝暦4年(1754年)に焼失しました。
其の後、再建されましたが、
明和4年(1767年)に再度焼失しました。
現在の楼門は、その後の
文化8年(1811年)の再建によるものです。
神仏習合時代には「仁王門」として
仁王像(金剛力士像)を安置していました。
神仏分離後は「随神門」とされました。
仁王像は神仏分離の際、桜川から筏で流され、
つくば市松塚の東福寺に運ばれました。
このことから同時では
現在「流れ仁王」と呼ばれています。
現在の随神門では、
拝殿向かって左側に倭健命(やまとたけるのみこと)、
右側に豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)
の随神像を安置しています。
この随神門は
つくば市指定文化財に指定されています。

<随神門>
随神門

<豊木入日子命>
豊木入日子命

<倭健命>
倭健命

【光譽上人五輪塔】
随神門の脇には、
光譽上人五輪塔(こうよしょうにんごりんとう)
があります。
これは、明治初年の廃仏毀釈において
破却移転を免れた、
筑波山神社に残る唯一の寺院関係の堂塔です。
光譽は一説には、
徳川秀忠の乳母の子息とされる人物とのことです。
慶長16年(1611年)に
筑波山別当知足院に入山したということです。
大坂夏の陣・冬の陣の際には従軍し、
戦勝を祈願したといわれ、
寛永元年(1624年)12月19日に他界したとのことです。

【神橋】
(茨城県指定文化財)
拝殿周辺には門前町が形成され、
筑波山神社の主要部を成しています。
参道に建てられている神橋(しんきょう)は、
切妻造小羽葺屋根付、間口1間、奥行4間で、
安土桃山時代の様式の反橋(そりはし)です。
寛永10年(1633年)、
3代将軍徳川家光による寄進とされています。
元禄15年(1702年)、
5代将軍徳川綱吉により改修されました。
春秋の御座替祭の際には、
神輿と従者がここを渡ります。
参拝者の渡橋は通常は禁止されています。
但し、春秋の御座替祭と
2月の年越祭の時のみ許されるとのことです。
この神橋は茨城県指定文化財に指定されています。

<神橋>
筑波山神社 神橋

参道入口そばには、
藤田小四郎の銅像が建てられています。
藤田小四郎は藤田東湖の四男で、
元治元年3月27日(1864年5月2日)、
筑波山で挙兵した天狗党筑波勢のリーダーです。

また、中禅寺の鎮守社として建てられた
春日神社・日枝神社・厳島神社が、
現在は筑波山神社末社として残っています。
春日・日枝神社そばには、
つくば市指定天然記念物のクスノキの
変種であるマルバグス(丸葉楠)が、
楼門そばには樹齢約800年、
樹高32メートルの大杉が立っています。

<筑波山神社の大杉>
筑波山神社の大杉

そのほか、
境内には楠木正成の孫の楠木正勝の墓や、
国際科学技術博覧会(科学万博)で
展示された宇宙の卵があるそうです。
また、「万葉集」に載る
筑波の歌25首の歌碑が、
筑波山神社をはじめとして
筑波山周辺に建てられています。

筑波山事件・天狗党の乱について~幕末の水戸藩の大悲劇~水戸幕末争乱

関連記事

  1. 明智城 石碑 明智城址と天龍寺と明智一族、築城主の明智頼兼(土岐頼兼)とは?
  2. 朽木氏岩神館跡 興聖寺と足利庭園~朽木氏岩神館跡~室町幕府12代将軍義晴、13代…
  3. 瀬田城址 瀬田城~琵琶湖の浮城~甲賀衆を祖とする山岡景隆。本能寺の変後、光…
  4. 敦賀城 眞願時 蜂屋頼隆~美濃出身、信長の天下布武に貢献した家臣~大谷吉継も城主…
  5. 大溝城跡 大溝城・打下城~城主は津田信澄(織田信澄)、岳父は明智光秀 京極…
  6. 土岐高山城 土岐高山城跡(土岐高山城跡の森)・甲斐や尾張との境界を巡っての攻…
  7. 大原観音寺 石田三成の井戸 羽柴秀吉と石田三成の運命の出会い・光秀と三成の接点とは?~三成の…
  8. 大桑城の遠景 大桑城~美濃国守護である土岐氏の最後の居城~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 内藤如安~明智光秀の丹波攻め~ナゾに包まれた八木城と丹波内藤氏の栄枯盛衰 内藤ジョアン碑

ピックアップ記事

  1. 大胡城跡 本丸へ
  2. 三好長慶像
  3. 足利学校
  4. 大溝城跡
  5. 尾高惇忠生家
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP