史跡・城跡

英勝寺(鎌倉)太田道灌公の屋敷跡にある水戸家の尼姫たちの水戸御殿と呼ばれたお寺です。

英勝寺 境内




【英勝寺】

英勝寺(えいしょうじ)は、
神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある
浄土宗の寺院です。
現在、鎌倉唯一の尼寺となっています。
山号は東光山。
寺域は、開基英勝院尼の祖先であり、
扇谷上杉家の家宰であった
太田道灌邸跡地とされています。

太田道灌邸跡地

【歴史】
徳川家康の側室で、
太田道灌4代の太田康資の娘とされる
お勝の方は、徳川家康との間に生まれた
市姫が幼くして亡くなった後、
徳川家康の命により、
後に初代水戸藩主となった
徳川頼房の養母を務めました。
徳川家康の死後は落飾して
英勝院と称しましたが、その後、
3代将軍の徳川家光より
父祖の地である
扇ガ谷の地を賜り、
英勝寺を創建したとのことです。

創建にあたっては、
徳川頼房の娘である小良姫を
7歳の時に玉峯清因と名付け得度(出家)させ、
これを門主に迎え開山としました。
英勝院尼は寛永19年(1642年)に没し、
英勝寺裏山に葬られました。
寛永14年(または15年)に
寺領朱印地として
池子村(現逗子市池子)420石を与えられたほか、
裏山にあたる源氏山(旗立山)も与えられています。

【水戸御殿】
創建の経緯から、その後も
代々の住持は水戸家の姫が務め、
このため英勝寺は「水戸御殿」や
「水戸の尼寺」とも
呼ばれていたとのことです。
高貴な姫である住持は
人前に出ることはなく、
折々の法要は芝増上寺や、
鎌倉材木座光明寺の僧が
勤めていたということです。

けれども明治維新を機に
水戸家からの住持は絶え、
寺勢は衰えていきました。
その後、明治28年(1895年)に
松平家より住持を迎え、
さらに大正8年(1919年)以降は
東京青山善光寺より住職を招請し、
今日に至っているとのことです。

【関東大震災】
大正12年(1923年)の
関東大震災では山門、庫裏、蔵が
倒壊するなど大きな被害を受け、
山門はそのまま
鎌倉市内山王ヶ谷(小町3丁目)の
資産家に売却されました。
その後、有志による復興事業により
旧地の礎石上に復興され、
2011年5月16日に落慶式が行われました。

【境内】
仏殿、山門、鐘楼は
寛永20年(1643年)の建立です。
祠堂、祠堂門も同じ頃の建立と推定されています。
各建物は本格的な禅宗様になり、
仏殿、山門、鐘楼は屋根を
反りのない直線で
構成する点に共通点がみられます。





【仏殿】
<国の重要文化財>
方三間、裳階付の禅宗様仏堂。
屋根は寄棟造、瓦棒銅板葺きです。
棟札には寛永13年(1636年)に
英勝院が建立とありますが、
殿内梁牌には
「寛永二十年八月 
正三位権中納言源朝臣頼房敬立」の銘があります。
これは当初英勝院が建立し、
これを徳川頼房が
現在の形に改築したものと
考えられています。
扁額は後陽成天皇の弟である
曼殊院良恕法親王の揮毫です。
粽(ちまき)付きの円柱、
貫(ぬき)の多用、
詰組の組物、桟唐戸、花頭窓、
石敷きの床など本格的な禅宗様になります。
ただし、屋根の隅棟や
軒先の線に反りがなく、
屋根の形を直線のみで
構成するのは独特の
意匠であるとのことです。
軒下の蟇股は十二支の彫刻で
飾られています。
堂内は身舎小壁に瑞鳥、
天井に迦陵頻伽の彩絵を施すほか、
水戸徳川家の三つ葉葵、
太田家の桔梗などの
装飾が施されています。

英勝寺 仏殿 紫陽花

【本尊】
仏殿内部の本尊、
阿弥陀三尊像は徳川家光の寄進です。

【祠堂】
<国の重要文化財>
宝形造、銅瓦葺き。方三間。
英勝院の位牌を祀る建物で、
徳川頼房の子、徳川光圀によって
建立されたと言われています。
内外は日光東照宮を思わせる
鮮やかな彩色装飾が施されています。
現在、祠堂は保護のため
外側をさや堂によって覆われています。

【祠堂門(唐門)】
<国の重要文化財>
平唐門、銅瓦葺きです。
祠堂に至る石段下の小門で、
祠堂と共に建てられたと考えられています。
欄間には精巧な
牡丹等の透彫りが施されています。

英勝寺 祠堂門(唐門)

【鐘楼】
<国の重要文化財>
入母屋造、瓦棒銅板葺きです。
近世の鎌倉では唯一とされる
袴腰形式の鐘楼で、
梵鐘は寛永20年の林羅山撰文の銘を持っています。

英勝寺 鐘楼

【山門】
<国の重要文化財>
三間一戸二重門です。
屋根は入母屋造、瓦棒銅板葺きです。
上層には釈迦如来と十六羅漢像を安置しています。
英勝院尼一周忌の直前に、
水戸光圀の兄である
高松藩主松平頼重により造営され、
「奉敬立相州英勝寺山門 
従四位下侍従源頼重朝臣」
の棟札を持ちます。
関東大震災後に売却され
鎌倉市小町の私有地に移築されましたが、
2011年、旧部材を用いて復興されました。

英勝寺 山門

【聖観世音菩薩】
聖観世音菩薩

【三霊社権現】
この通路の一角にあるとのことです。
暗くて見落としてしまいました・・。
三霊社権現が祀られている通路

<入り口>
三霊社権現 入り口

<出口>
三霊社権現 出口

【竹林】
英勝寺 竹林

金毘羅宮
英勝寺 金毘羅宮

【阿仏尼卵塔】
十六夜日記の作者、
阿仏尼の墓と伝えられています。
もともと英勝寺境内でしたが、
現在は英勝寺の塀を
北鎌倉方面に越えた崖下の
やぐら内にあります。
なお、阿仏尼の息子である
冷泉為相の墓も、
近隣の浄光明寺境内にあります。

【智岸寺稲荷】
阿仏尼卵塔の隣に祀られている稲荷社。





【太田道灌の墓】
北鎌倉から源氏山に抜ける
ハイキングコースの途中にあります。
文政9年(1826年)に、
英勝寺住職が太田道灌の墓を再建したものです。

太田道灌公の墓(源氏山公園)

【文化財】
<重要文化財>
◆英勝寺(建造物)5棟
◆仏殿(附:棟札4枚、扁額1面、梁牌2枚)
◆山門(附:棟札2枚、扁額2面)
◆鐘楼
◆祠堂(附:英勝院墓)
◆祠堂門
◆木造阿弥陀如来及両脇侍像龕(鎌倉国宝館に寄託)

【所在地】
鎌倉市扇ガ谷1-16-3

【電話番号】
0467-22-3534

【拝観料】
大人:300円
高校生:200円
中学生以下:100円

【拝観時間】
午前9時~午後4時(木曜は休み)

【花の情報】
<春>
ツバキ、フジ
<夏>
アジサイ、キキョウ
<秋>
ヒガンバナ、紅葉
<冬>
スイセン、ウメ

【交通アクセス】
「鎌倉」駅西口から徒歩15分程度

杉本寺(鎌倉)鎌倉最古のお寺で創建は天平時代で源頼朝寄進の十一面観音が安置されています。

海蔵寺(鎌倉)鎌倉奥の静かな佇まいの花と井戸、そして数々の伝説を秘めた寺です。

常栄寺(鎌倉)通称は牡丹餅寺、むかし源頼朝が「千羽鶴の放生会」を展望するための桟敷がありました。

関連記事

  1. 朽木谷城跡 朽木元網~信長の窮地を助けた武将~高島七頭の一族の名門、現在も系…
  2. 小浜城跡 小天守 京極高次から酒井忠勝へ~八百比丘尼伝説の場所~小浜城
  3. 清水谷製錬所跡と山吹城 石見銀山の歴史・日本最大の銀山~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化…
  4. 筑波山 筑波山神社~万葉集にも登場する「筑波」~山頂からの眺め良し!日本…
  5. 深草館跡 山梨県 深草館跡~武田氏家臣の逸見光長の居館と伝わるが平安時代築城説もあ…
  6. 江馬氏城館跡・江馬氏下館 江馬氏館跡公園~国の史跡~中世武家館の様相がわかります。
  7. 四万十川古戦場 四万十川の戦い~渡川の古戦場~長宗我部元親の土佐統一、一領具足と…
  8. 葛見神社 大樟 葛見神社~神の手のような巨大なクスノキが鎮座する伊東家守護の古社…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 佐藤忠能・佐藤忠康父子と娘の八重緑と加治田城攻防~織田信長の東美濃攻略~琵琶湖・百足退治も 佐藤忠能

ピックアップ記事

  1. 土岐頼武・頼純VS頼芸
  2. 織田信勝(織田信行)
  3. 斎藤三存
  4. 権現山城 神奈川
  5. 大桑城の遠景
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP