鎌倉殿の13人

1分でわかる比奈(姫の前)~北条義時の正室、源頼朝お気に入りの女官で絶世の美女だが、比企一族の乱で離縁。

鎌倉 大倉御所跡



スポンサーリンク



姫の前

姫の前(ひめのまえ、
生年不詳⇒ 承元元年3月29日
(1207年4月27日))は
鎌倉時代初期の女性です。
鎌倉幕府の御家人である比企朝宗の娘です。
鎌倉幕府第二代執権・北条義時の正室でした。
子に北条朝時(名越流祖)、
北条重時(極楽寺流祖)、
竹殿、
源輔通、源輔時。

【姫の前は絶世の美女】
源頼朝の大倉御所に勤める女官であった
姫の前は「吾妻鏡」に
「比企の籐内朝宗が息女、
当時権威無双の女房なり。
殊に御意に相叶う。容顔太だ美麗なり」
と記されており、
源頼朝のお気に入りであったとのことです。
たいへん美しく、並ぶ者のない権勢の女房でした。

【鎌倉版・バリキャリ女子で家柄も良し】
現代風に言えば、
丸の内か霞ヶ関のバリキャリ女子、
といったところでしょうか?
加えて絶世の美女、ですからね。
北条義時は一年あまりの間、
姫の前に恋文を送っていたそうですが、
姫の前は一向になびくことがありませんでした。
姫の前は勿論、父親の比企朝宗は
天皇の身辺警護を担当していた内舎人で、
鎌倉にとってはエリートでした。
身分も家柄もこの当時は、
北条義時より、姫の前の方が
高かったのでしょう。
故に「ふさわしくなくてよ」
といった感じだったのでしょう。

【源頼朝、恋のキューピッドになる】
それを見かねた源頼朝が
北条義時に
「絶対に離縁致しません」という起請文を書かせて
(貴殿がそれを書かせる?)
二人の間を取り持ったということです。
こうして建久3年(1192年)9月25日、
姫の前は北条義時に嫁ぎ、
建久4年(1193年)に
北条義時の次男である北条朝時、
建久9年(1198年)には
三男である北条重時を産みます。




スポンサーリンク



比企能員の変で離縁】
けれども幸せな時は長く続かずで
建仁3年(1203年)9月、
比企能員の変が起こり、
実家である比企氏が夫である
北条義時率いる軍勢によって滅ぼされました。

【姫の前、再婚する】
「吾妻鏡」ではその後の姫の前の
消息については不明ですが、
「明月記」嘉禄2年(1226年)
11月5日条によりますと、
「源具親(みなもと の ともちか)の子である
源輔通(みなもと の すけみち)は
北条朝時の同母弟で、
幕府から任官の推挙があった」と記されており、
源輔通は元久元年(1204年)
生まれである事から、
姫の前は比企の乱の直後に、
北条義時と離別して上洛し、
源具親と再婚して
源輔通を生んだものと見られています。
また天福元年(1233年)に、
北条朝時の猶子となった
源具親の次男の源輔時も
姫の前所生と見られています。

【姫の前、亡くなる】
「明月記」承元元年(1207年)3月30日条に、
前日に源具親少将の妻が
亡くなった事が記されており、
姫の前は再婚後3年ほどで京都で死去しているとのことです。

2022年NHK大河ドラマ
鎌倉殿の13人」では
堀田真由(ほったまゆ)さんが演じられます。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕府創立の陰の功労者。

比企掃部允~比企尼の夫、ナゾ多き人物で居住していた三門館跡にもナゾがあります。

比企朝宗~比企一族で源頼朝と朝廷に仕えており才色兼備である姫の前の父親です。

北条義時~鎌倉幕府2代執権~冷酷無情・現実を客観視して行動できる理想家なのか?

比企能員~源頼朝を支え有力御家人として権勢を握るも北条氏に嵌められ1日で滅ぶ。

源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。

比企能員の妻~渋河刑部丞兼忠の娘・「鎌倉殿の13人」では道、二つの渋河氏、比企氏と源氏の深い関係と安房国

北条泰時~道理の人~北条執権政治の中興の祖で御成敗式目を制定した。

北条氏常盤亭跡と北条政村について~鎌倉幕府第7代執権、連署も務め北条得宗家を支えた人物。

伊賀の方~北条義時の継室で7代執権の北条政村の生母、伊賀氏の変は政子との女性の戦か?

関連記事

  1. 法隆寺 敷地内 門 桜 土御門通親~村上源氏の嫡流で九条兼実を失脚させ、やがては朝廷政治…
  2. 伊呂波太夫 伊呂波太夫(いろはだゆう) 2020年NHK大河ドラマ「麒麟がく…
  3. 山木判官平兼隆館跡 山木判官平兼隆館跡~伊豆目代平兼隆の襲撃~源氏再興の狼煙はここか…
  4. 女塚史跡公園 女塚史跡公園~八重姫の5人の侍女たちの終焉の場所と伝わる処です
  5. 御殿雛 藤原穆子~源倫子の母親で藤原道長の才能を見抜き結婚を勧めた女性で…
  6. 蒲郡 三河湾 お葉(西郡局)~家康の次女で北条氏直及び池田輝政の妻となった督姫…
  7. 興福寺 三重塔 桜 伊勢大輔~「小倉百人一首」にもある「いにしへの」の歌が有名な平安…
  8. 泉中央公園の泉 泉親衡(泉小次郎)~泉親衡の乱は和田一族の炙り出し?泉小次郎館跡…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 摂津晴門(せっつはるかど)~足利義輝と足利義昭に仕えた幕府政所執事(頭人)。 興聖寺

ピックアップ記事

  1. 能満寺
  2. 史跡 赤木城跡(三重県熊野市)
  3. 若獅子神社 九七式中戦車(チハ車)
  4. 信貴山城跡と朝護孫子寺
  5. 清道院(武田信成館跡・赤甲城)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP