鎌倉殿の13人

牧宗親~北条時政の継室である牧の方の兄(もしくは父)、源頼朝と北条時政に仕えており板挟みでツライよ?

相模湾 遠くに材木座




牧宗親

牧 宗親(まき むねちか、生没年未詳)は、
平安時代末期の
駿河国大岡牧(沼津市)の豪族です。
大舎人允。
北条時政の継室である牧の方の父
もしくは兄となります。
通称は三郎です。
子に大岡時親がいます。

【牧宗親とは?】
平家一門である平頼盛に長年仕えていました。
平頼盛の所領で北条氏の本拠に近い
駿河国大岡牧を領有していました。
「尊卑分脈」に記載されている、
藤原宗兼の子で
平頼盛母である藤原宗子(池禅尼)の兄弟に
宗親なる人物があり、
池禅尼と牧宗親が兄弟である
可能性があるとの事です。

源頼朝北条時政に仕える】
「愚管抄」によりますと、
牧の方の父として、かつて平頼盛に仕え
駿河国大岡牧(沼津市)を知行していたとのことです。
「武者ニモアラズ、カヽル物ノ中ニカヽル果報ノ出クル」
と評されており、
現代語では、牧氏は「武者にもあらず」とのことです。
なお「吾妻鏡」では、牧宗親は
六位の武者所であったとされています。
平頼盛の叔父とする説があります。
「武者所」という通称で
源頼朝に仕えるほか、
北条時政の家人としての
活動もしばしばみられていました。

一例を挙げますと、
1185年には、
壇ノ浦の戦いでの捕虜となった
平宗盛を連れた、
源義経鎌倉へ戻るところ、
北条時政が酒匂宿(小田原)にて
出迎えていますが、
この時、北条時政の主従として
「武者所宗親」が随従したとあります。

また源頼朝が南御堂供養に
出向いた際の従者のなかに、
牧武者所宗親の名があるとのことです。

【髻を切られる恥辱】
北条政子の命で
源頼朝の愛妾である亀の前が匿われていた
伏見広綱邸を破壊したことから
源頼朝の怒りを買い
髻を切られる恥辱を受けました。
この事件で源頼朝の岳父であり、
牧宗親の婿でもある北条時政が
源頼朝への抗議として
一族を率いて伊豆国へ
引き上げる騒動になっています。
またこの事件で伏見広綱は遠江に
流罪になっています。

なお、子の大岡時親は牧氏事件で出家しています。





【牧宗親の屋敷】
牧宗親の鎌倉での屋敷は「浜の家」と称され、
1192年に火災で焼失してしまったそうです。
「浜の家」がどのあたりにあったのかは不明ですが、
名前からして海の近くでしょうか?
何だか海水浴場にある「海の家」みたいなネーミングですね。
訪問したら焼きサザエとか出てきそうな・・・。

【史料に残る牧宗親の最後の記述】
1195年に源頼朝が
東大寺の供養のため赴いた随行の兵士に、
牧武者所の名があり、
これが史料としての最後の記述となるとのことです。

2022年NHK大河ドラマ
鎌倉殿の13人」では
山崎 一(やまざき はじめ)さんが演じられます。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

北条時政~先見性を持ち才腕を振るって幕府の実権を掌握するが暴走して寂しく去る。

牧の方~北条時政を操り?陰謀を巡らせジャマな将軍や御家人たちを消したヤバすぎる人

北条政子~いちずに恋した乙女は幾多の悲しみと困難を乗り越え尼将軍となった。

亀の前~頼朝が流人時代から寵愛していた女性~そして政子の諸事情について

伏見広綱~源頼朝の有能な右筆、のハズが頼朝の兄嫁への恋文の使いと亀の前を匿って遠江に流罪となりました。

関連記事

  1. 大見城跡 伊豆 大見城跡(伊豆)~鎌倉御家人の大見氏はやがて越後に行き、水原氏か…
  2. 和田義盛 旧里碑 和田義盛と和田合戦~三浦一族~鎌倉幕府創始の功臣だが北条義時に嵌…
  3. 上時国家 出入り口 時国家(本家・上時国家)~能登平家の郷~祖先は平大納言時忠。源義…
  4. 源実朝の歌碑 十国峠 源実朝~3代将軍にて天才歌人~繊細で思慮深く秘めた志あり、やがて…
  5. 藤原範茂の墓 藤原範茂卿~墓所は範茂史跡公園~承久の乱の勝利で鎌倉武家政権は盤…
  6. 日暮八幡神社 日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮…
  7. 高部屋神社 糟屋有季~糟屋(糟谷)氏の所領は伊勢原市一帯で横山党とも繋がりが…
  8. 奉安殿 文覚~元は北面の武士だが恋する女性を殺めて19歳で出家、源頼朝に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 文覚~元は北面の武士だが恋する女性を殺めて19歳で出家、源頼朝に挙兵を促した型破りな怪僧 奉安殿

ピックアップ記事

  1. 黒井城址
  2. 英勝寺 境内
  3. 賀儀(がぎ)城 
  4. 東大寺 大仏殿
  5. 夕方の岐阜(稲葉山)城
PAGE TOP