史跡・城跡

能満寺(遠州臨済の三名寺)と能満寺の大ソテツ~国の天然記念物で日本三大ソテツ(蘇鉄)

能満寺




【能満寺(のうまんじ)】

本尊は釈迦牟尼如来です。
能満寺は、鎌倉建長寺を開山した
蘭渓道隆尚の法孫定門(ちんもん)が、
弘長2年(1262年)にはじめて開いたお寺です。
元寇(げんこう)の役が起ると、
勅願寺として戦勝祈願が行われました。
元応年間(1319年~1320年)、
伏見天皇は詔を下して、七堂伽藍(がらん)を造営し、
片岡荘墾田五十一町歩を寄進されました。
後亀山天皇より
南朝第4代天皇・在位:1383年~1392年)は
自ら書かれたという「吉祥山能満寺福智禅寺」の
勅額を賜っています。
その後、度々の大井川洪水で
伽藍宝物等すべてを流失。
けれども武田・徳川両家の力により隆盛しました。
伊井谷の龍潭寺、小笠郡の貞永寺と共に、
遠州臨済の三名寺とされています。 

【能満寺の大ソテツ(蘇鉄)】

能満寺にある樹齢1000年のソテツは、
高さが約6メートル、枝数約90本あり
日本三大ソテツ」のひとつに数えられており
大正13年(1924年)に
国指定の天然記念物となっています。
ちなみにあとの二つは
◆大阪の妙国寺のソテツ、
◆静岡市清水区の龍華寺のソテツ

能満寺のソテツは、995年ごろに
陰陽師として有名な安倍晴明が、
能満寺に植えたと伝えられています。

能満寺の大ソテツ

南方向に、高さ3.20m・長さ7.50m・小枝14~15本・枝もとの周囲1.70m
北方向に、高さ2.00m・長さ5.00m・小枝10本・枝もとの周囲1.70m
中央に、高さ6.00m・長さ4.60m・小枝不詳・枝もとの周囲1.70m
(大正13年測量)
 西 昭和54年(1979)の台風で折れる。
 東 この方向に高い枝ほとんどなし。

南高北低型の樹形で約80平方メートルに拡がる。
なお能満寺の調査によれば、

天保年間で、高さ2丈2尺・廻り1丈1尺・東西2丈8尺・南北2丈7尺
明治年間で、高さ2丈3尺・廻り1丈2尺・東西3丈・南北2丈9尺
平成6年で、高さ5.60m・廻り6.80m・東西7.50m・南北10.50m

(引用元:吉田町公式サイトより)

とのことで現在もすくすくと成長中とのことです。

【能満寺の大ソテツの伝説】
【1】
その昔、陰陽師の安倍晴明が
大井川をながれてきた大蛇を見つけて葬り、
その上にそこにソテツを植えたところ
ソテツは、大蛇の精をうけて大きく大なり
蛇のような姿になったそうです。
そこで、安倍晴明は、
人々に害を与えないように、
大蛇の精を封じたとのことです。

・・・確かに大きな蛇のようでもありますな。

能満寺と大蘇鉄

【2】
駿府城にいた徳川家康
ある時、能満寺を訪れ、ソテツのみごとさに驚いて、
このソテツを大変気に入り、持って帰りたくなったそうです。
そこで海から船を使い苦労して
駿府城へ移植しました。
・・・するとその日から夜になるたび
「いのう・・(帰ろう)いのう・・・(帰ろう)」
と泣く声が聞こえるようになったのでした。
このため徳川家康は
これは可哀そうなことをしてしまった、と思い、
故郷が恋しくて泣いている
大ソテツを能満寺へ帰してあげたのでした。
こうして能満寺に戻った大ソテツは泣くのをやめて
すくすくと成長したということです。

(参考:吉田町の公式サイトより)





【所在地】
静岡県榛原郡吉田町片岡2517-1

【交通アクセス】
【公共交通機関】
<島田駅>
島田駅(北口)から
「しずてつジャストライン」島田静波線・静波海岸入口行きに乗車
⇒片岡北吉田特別支援学校で下車、徒歩5分

<藤枝駅>
藤枝駅(南口)から
「しずてつジャストライン」藤枝相良線・相良営業所行きに乗車
⇒片岡北吉田特別支援学校で下車、徒歩5分

【車】
◆東名吉田IC⇒県道34号((主)島田吉田線)を右折
⇒約1.8km南下(国道150号方面へ)⇒
案内看板を右折し、約400m

◆国道150号⇒
国道150号の「片岡」交差点を北上(島田方面へ)、
約400m

【駐車場】
能満寺山公園として町営の駐車場があります。

能満寺山公園 案内図

小山城跡(こやまじょう)(遠江国)~武田VS徳川家康との激戦の地・赤い口の蛙伝説

勝間田城跡~かつての名門一族の支配地は茶畑が広がる丘陵地

横地城跡・横地氏城館群として~初代は八幡太郎義家の庶子~「横地」様の発祥の地 国の指定史跡で桜の名所です。

静岡鉄道駿遠線とB15形蒸気機関車

朝日山城跡~岡部氏の居城~

田中城(田中城下屋敷)~円形輪郭式の縄張をもつ徳川家康が鯛の天ぷらを食した城です。

御前崎の灯台と静岡県最南端(島しょ除く)~ウミガメの産卵地の日本最北限の地

寸又峡温泉・美人湯~青緑色の湖にかかる夢の吊橋

南アルプスあぷとラインに乗りました~動画あり、中部100選の秘境駅もあります。

大井川鐡道に乗りました~桜とSLの動画あり~「合格」駅がある路線

三保の松原(三保松原)、羽衣伝説のある景勝地~日本三大松原&日本新三景

関連記事

  1. 毛受の森 毛受勝照(毛受兄弟)・柴田勝家の身代わりとなって若き命を散らす~…
  2. 佐藤忠能 佐藤忠能・佐藤忠康父子と娘の八重緑と加治田城攻防~織田信長の東美…
  3. 近江八幡 八幡堀 豊臣秀次が築いた八幡山城と八幡堀~近江八幡~
  4. 竹之下合戦古戦場碑 竹之下合戦古戦場~足利尊氏が新田義貞に大勝した地~時代は南北朝へ…
  5. 福知山城 福知山城~初代城主は明智光秀~領民に慕われた証の御霊会、城代は婿…
  6. 長井道利 長井道利~中濃衆~義龍に父との決別を促し明智を滅ぼす・出自も最期…
  7. 瀬田城址 瀬田城~琵琶湖の浮城~甲賀衆を祖とする山岡景隆。本能寺の変後、光…
  8. 泉中央公園の泉 泉親衡(泉小次郎)~泉親衡の乱は和田一族の炙り出し?泉小次郎館跡…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 武蔵坊弁慶~紀伊国出身の荒法師だったが源義経の郎党となり、多くの創作や伝説を生んだ人物。 源義経公と武蔵坊弁慶

ピックアップ記事

  1. 金山城(城山)
  2. 西教寺 総門
  3. 斎藤利康
  4. 花岳城址(小田原)
  5. 日牟禮八幡宮
PAGE TOP