徳川家臣

本多忠真~本多忠勝の叔父で甥の本多忠勝を最強の武士に育て上げ、三方ヶ原の戦いで散ります。

ジオラマ 大高城・鷲津砦



スポンサーリンク



【本多忠真】

本多 忠真(ほんだ ただざね)は、
戦国時代の三河国の武将です。
松平氏(徳川氏)の家臣です。
本多忠勝の叔父となります。

【生誕】
享禄4年(1531年)、
または天文3年(1534年)

【死没】
元亀3年12月22日(1573年1月25日)

【別名】
肥後守

【主君】
松平清康、松平広忠徳川家康

【氏族】
藤原北家兼通流・本多氏

【父】
本多忠豊

【母】
不詳

【兄弟】
忠高、忠真

【妻】
不詳

【子】
菊丸

【生涯】
本多忠豊の次男として生まれました。
兄に本多忠高がいます。
槍の名手として知られています。

本多忠勝を教育】
天文14年(1545年)の三河国安祥城攻め
(第三次安祥合戦)において
父である本多忠豊、
天文18年(1549年)の安祥城攻め
(第四次安祥合戦)で
兄である本多忠高が討死すると、
兄嫁とその子・鍋之助(のちの本多忠勝)を
欠城(岡崎市欠町)に保護し、
読み書きから武士としての心得など、
甥の鍋之助を教育しました。

【甥の本多忠勝を補佐】
永禄3年(1560年)、
桶狭間の戦いの前哨戦である
鷲津砦での攻防戦で、
初陣の本多忠勝を補佐しました。
この際、本多忠勝が織田方の武将である
山崎多十郎に討ち獲られそうになったときに、
槍を投げつけて窮地を救っています。
その後も本多忠勝の補佐的な役割として、
数々の合戦に従軍しました。
特に永禄4年(1561年)に
尾張国石瀬で水野信元との合戦で戦功を立て、
永禄6年(1563年)に
三河一向一揆の際には
徳川家康方として岡崎城に赴いています。

三方ヶ原の戦いで討死】
元亀3年(1572年)12月、
三方ヶ原の戦いで、退却の際に
自ら殿(しんがり)を買って出て、
旗指物を左右に突き刺し、
「ここから後へは一歩も退かぬ」といって、
追走する武田軍に斬り込み、討死しました。

なお、本多忠真の嫡男であった菊丸は
父の命で徳川家康を援護しつつも
無事に浜松城に退却出来ましたが、
後に父を三河に葬ったあとに
出家したと言われています。

2023年NHK大河ドラマ
どうする家康」では
波岡 一喜(なみおか かずき)さんが演じられます。

三方ヶ原(三方原)古戦場~徳川家康の生涯において「伊賀越え」と並ぶ人生の危機となった戦です。

本多忠勝~徳川四天王の中でも屈折の剛勇者で愛槍の「蜻蛉切」で主君を救いました。

夏目広次(吉信)~三方ヶ原の戦いで家康の身代わりとなり戦死、夏目漱石のご先祖様でもあります。

大高城~松平元康(徳川家康)が兵糧を届け守備につき、本多忠勝が初陣及び元服しました。

鷲津砦~織田信長が今川方の大高城と鳴海城の往来を遮断するために築いたとのこと。

桶狭間古戦場伝説地~国指定史跡、「桶狭間の戦い」の合戦が繰り広げられた伝説地です。

桶狭間古戦場公園~桶狭間の戦いの中心地の一つ、合戦当時の地形、城、砦がジオラマ化されています。

大多喜城~築城は真里谷信清、徳川四天王の本多忠勝が城主となり今日の大多喜城となります。

忠勝公園~本多忠勝公、正室、次男で大多喜藩の第2代藩主である本多忠朝公の墓があります。

関連記事

  1. 岡崎城 松平昌久~元々は岡崎城を領し、松平清康に敗れた大草松平家の4代当…
  2. 中山家範館跡 中山家範館~武蔵七党の丹党、中山家範は八王子城で戦死、子の中山信…
  3. 井伊直政 井伊直政~徳川四天王の最年少、小柄で容顔美麗ながら井伊の赤鬼とし…
  4. 姫路城 池田輝政~徳川家康の婿殿で寡黙ながら大活躍し、姫路城を現在ある姿…
  5. 相模湾 三浦半島 富士山 本多正信~一度は袂を分かつも盟友として家康を支え、徳川政権樹立の…
  6. 大樹寺 服部正成(服部半蔵)~家柄は松平清康からの家臣で伊賀衆と甲賀衆を…
  7. 高天神城址 高天神社 榊原康政~徳川四天王、部隊の指揮に優れ能筆家で、井伊直政・本多忠…
  8. 岡崎城 鳥居元吉~岡崎譜代の忠臣で徳川家康を支え「三河武士の鑑」と称され…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 小笠原長清~弓馬四天王と称され、武家の有職故実を伝える小笠原一族の始祖です。 小笠原長清館跡

ピックアップ記事

  1. 掛川城と桜
  2. 逗子
  3. 神岡城 模擬天守
  4. 上総・笹子城
  5. 満願寺城 松江
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP