女性

督姫~徳川家康の次女、和睦の為に北条氏直に嫁ぎ、その後は池田輝政と再婚して5男2女を授かりました。

駿府城



スポンサーリンク



督姫

督姫(とくひめ、永禄8年(1565年)
あるいは天正3年11月11日(1575年12月13日)⇒
慶長20年2月4日(1615年3月3日))は、
安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性です。
徳川家康の次女となります。
母は家康の側室である西郡局(鵜殿長持の娘)です。
実名はふう。
別名は富子、播磨御前、良正院です。

【出自】
三河国の生まれです。
松平信康結城秀康徳川秀忠
松平忠吉松平忠輝らは異母兄弟、
亀姫、振姫は異母姉妹にあたります。

天正壬午の乱と婚姻】
天正10年(1582年)、
本能寺の変により父の同盟者だった
織田信長が死去して甲斐国や
信濃国が無主状態となると、
父と北条氏直による
甲信地方を巡っての領土争いが始まります。
当時の徳川氏と北条氏を比較しますと、
国力面や動員兵数においては
北条氏が上回っていましたが、
黒駒の戦い、信濃豪族の取り込みでは
徳川氏が有利という状況でした。
このまま戦えば手痛い打撃を
受けると考えた両者は、
旧織田領の甲斐と信濃を徳川氏が、
上野国を北条氏が治めることを
互いに認めて和睦しました。
この時の和睦条件の一つとして
天正11年(1583年)8月15日、
督姫が北条氏直の正室として嫁ぎました。
督姫は北条氏直との間に2女を産みます。

小田原城 常盤木門への橋

【北条氏の滅亡と氏直の死去】
天正18年(1590年)、
豊臣秀吉小田原征伐
戦国大名としての北条氏は滅亡しました。
この時、北条氏直は義父である
徳川家康の助命嘆願で豊臣秀吉から
助命されて高野山に流されました。
督姫は後に赦免された
北条氏直の下に赴きましたが、
翌年の天正19年(1591年)に
北条氏直が死去したため、
父の下へ戻りました。

【北条氏直との子供たち】
なお、北条氏直との間の2人の女子は、
一人が文禄2年(1593年)に没し
摩尼珠院殿妙勝童女の戒名が付けられ
(実名は不明)、
もう一人の万姫は
慶長7年(1602年)11月20日に
亡くなっています。
慶長8年(1603年)3月1日に、
百箇日の法事の御供養米が
京都の本禅寺へと送られています。
摂津河辺郡中筋村(現:兵庫県宝塚市)
の村民が年貢の米に困り
本禅寺から御供養米を分けてもらうため、
日蓮宗に改宗し万姫の法名にちなんだ
妙玄寺を建てているとのことです。

池田輝政との再婚】
文禄3年(1594年)12月27日、
豊臣秀吉の肝煎りで池田輝政に再嫁しました。
この時、北条氏に伝来していた
「酒呑童子絵巻」
(狩野元信筆、現在はサントリー美術館所蔵)と
「後三年合戦絵詞」
(重要文化財、東京国立博物館所蔵)
を持参しています。
池田輝政との夫婦仲は良く、
5男2女を産みました。




スポンサーリンク



【徳川家康との面会】
慶長14年(1609年)4月2日に、
息子の池田忠継、忠雄、輝澄を連れて
駿府の徳川家康に会いに行っています。
総勢5千人余りの大行列だったということです。
3人の息子はこのとき、
8歳の徳川頼宣と共に能楽を演じたそうです。
そのまま督姫と息子たちは
5月5日まで滞在したとのことです。
このとき督姫は母である西郡局のために、
自分が徳川家康と同じ浄土宗に
変わることを条件に、
輝澄を日蓮宗にすることを
徳川家康に願い出て認められたとのことです。

【池田輝政の死去】
慶長18年1月25日(1613年3月16日)に
夫の池田輝政が死去しました。
5月27日には、池田輝政の死去に伴う
相続の処理のためか駿府に到着しています。
6月22日には帰国しましたが、
徳川家康の配慮で池田輝政を亡くした
督姫を慰めるためにそれまで
留めていたということです。

【大坂冬の陣】
慶長19年(1614年)の
大坂冬の陣では池田忠継が出陣し、
その家臣の菅権之佐から
戦況や池田忠継の活躍についての
手紙をやり取りしていたことがわかっています。

【督姫の死去と墓所】
慶長20年(1615年)、
徳川家康と会うため滞在していた
二条城で疱瘡にかかり、
そのまま死去しました。
享年は41歳または51歳です。
法名は良正院殿隆譽智光慶安大禅定尼、
華光院殿妙春日厳。
墓所は知恩院の
塔頭・良正院(京都市東山区)です。
墓は知恩院山腹の墓地内にあります。
東京国立博物館には
法体後の姿を描いた「良正院像」が
所蔵されています。

【長男の死】
元和2年(1616年)、
池田輝政の長男である池田利隆は
継母の督姫の後を追うように死去しています。
池田利隆の遺児である
池田光政は岡山藩主となり、
後に本多忠刻千姫
(徳川秀忠の娘で督姫の姪にあたる)
の長女である勝姫を正室に迎えています。




スポンサーリンク



【子女】
前夫の北条氏直との間にも2女がいます。
<摩尼珠院>
文禄2年(1593年)に夭折。

<万姫>
慶長7年(1602年)11月20日没。
法名は宝珠院殿華庵宗春大禅定尼、
縁了院殿秀真妙幻。
京都本禅寺塔頭の心城院の
祖母である西郡局の墓の左隣の墓が
万姫の墓であるとのことです。
また鳥取市の正栄山妙要寺に
肖像画があるとのことです。

以下は池田輝政との間の子となります。
<千姫(茶々姫)>
慶長元年(1596年)8月3日出生。
叔父の徳川秀忠の養女として
京極高広に嫁ぎました。

<池田忠継>
慶長4年(1599)2月18日、
伏見の池田屋敷で生まれました。
幼名は藤松丸。

<池田忠雄>
慶長7年(1602年)10月18日、
姫路城で生まれました。
幼名は勝五郎。

<池田輝澄>
慶長9年(1604年)出生。
幼名は松千代。

<池田政綱>
慶長10年(1605年)出生。
幼名は岩松。

<振姫>
慶長12年(1607年)4月21日出生。
夭折した叔母の市姫に代わり伊達忠宗に嫁ぎました。

<池田輝興>
慶長16年(1611年)1月15日出生。
幼名は小七郎。

【督姫の生年について】
生年を永禄8年とする史料と
天正3年とする史料が両方存在しています。
永禄8年説の場合、
末子の輝興を出産したときの
督姫の年齢が47歳になります。

天正3年説でも北条氏直と
結婚したときの年齢は9歳になり、
北条氏直と死別した17歳前後までに
2女をもうけたことになります。

現時点では生年を検証するような
論考がありませんが、
督姫の没年に「督姫が疱瘡を患ったが
四十餘歳なので以ての外大儀である」
という旨の記述があるとのことで、
享年を41歳とする
天正3年説と合致しています。
義演が督姫の年齢を
勘違いしていた可能性もありますが、
義演は池田輝政の没後に
督姫から池田忠継の身上のための
祈祷を依頼されており、
督姫とも交流があるため
年齢も把握していたと
見る方が自然であるとのことです。




スポンサーリンク



【毒饅頭事件の伝説について】
16歳で亡くなった
池田忠継の死には以下のような伝説があります。
池田忠継の母である督姫が
実子の池田忠継を姫路城主にすべく、
継子で姫路城主であった
池田利隆の暗殺を企て、
岡山城中で池田利隆が池田忠継に対面した際、
饅頭に毒を盛って池田利隆に勧めようとしました。
女中が掌に「どく」と書いて見せたため、
池田利隆は手をつけませんでしたが、
これを察知した池田忠継は池田利隆の
毒入り饅頭を奪い取って食べ、死亡しました。
こうして身をもって長兄で
正嫡の利隆を守ったということです。
また、督姫もこれを恥じて
毒入りの饅頭を食べて死亡したとされています。

【史実としての池田忠継の死因】
史実として池田忠継は、
慶長20年(1615年)2月23日に
岡山城内で疱瘡で死去し、
督姫は同年2月4日に二条城で死去しているため、
死亡した場所や順番、
死亡原因全てにおいて異同があります。
池田家は利隆系と忠継系に分かれ、
それぞれの子孫が岡山藩と
鳥取藩の藩主となっていきますが、
両方の藩の史料で毒殺は否定されています。
加えて池田利隆の嫡男である池田光政は
池田忠継の跡を継いだ池田忠雄が死去した際に、
親密な関係を窺わせる追悼歌を残しており、
上記のような経緯があったとは考えにくい、とのことです。

さらに昭和53年(1978年)、
池田忠継廟の移転の際に
発掘調査が行われ、
その際に毒死疑惑検証のため
遺体の調査が行われました。
その結果でも毒物は
検出されることはなかったとのことです。

西郡局~家康の次女で北条氏直及び池田輝政の妻となった督姫の生母で姉妹にはお田鶴の方(椿姫)がいます。

徳川家康~「麒麟」を連れて戦国時代を終わらせた天下人~その生涯を手短に!

池田輝政~徳川家康の婿殿で寡黙ながら大活躍し、姫路城を現在ある姿にしました。

結城秀康~徳川家康の次男、父から冷遇され兄の信康の計らいで対面を果たし、秀吉、結城氏の養子となる。

北条氏直~小田原北条家最後の当主~30年の短き人生は戦国後期、激動の関東と共に。

羽柴秀吉(豊臣秀吉・木下藤吉郎)下層民から天下人の生涯を手短に!

関連記事

  1. 小坪 小忠太光家の宅 亀の前~頼朝が流人時代から寵愛していた女性~そして政子の諸事情に…
  2. 桶狭間古戦場公園 大高城ジオラマ たね(築山殿侍女)~結城秀康生母の小督の局か、西郷局暗殺疑惑の侍…
  3. 木曽義仲公と巴御前(義仲館) 巴御前~強弓の名手で荒馬乗りの美貌の女武者、常に木曾義仲の傍にい…
  4. 法善護国寺 二天門 大弐局 ~加賀美遠光の娘で兄弟には小笠原氏・南部氏がおり、源頼家…
  5. 板額塚 板額御前~鎌倉時代初期に実在した女武将、後に弓の名手の浅利与一の…
  6. お雪供養塔 お雪供養塔~一条兼定の想い人~
  7. 虎女(虎御前)住庵の跡 虎御前~曽我兄弟の兄・曽我十郎祐成の愛妾、山下長者屋敷(住吉要害…
  8. 宗悟寺 比企一族顕彰碑 比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 深芳野とは 斎藤道三の側室になった稲葉家の女性 みよしの 深芳野

ピックアップ記事

  1. 伝通院 於大の方墓所
  2. 慶元寺(喜多見城・喜多見陣屋跡)
  3. 明智光秀公の像と南郷池
  4. 班渓寺
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP