史跡・城跡

早乙女坂古戦場~那須氏と宇都宮氏が争い那須氏が勝利した古戦場跡です。

早乙女坂古戦場



スポンサーリンク



【早乙女坂古戦場

那須氏宇都宮氏が争った戦場跡です。
宇都宮氏の大将である
宇都宮尚綱が討たれ、那須氏が勝利しました。
お堂前の階段脇に宇都宮尚綱を射殺した
鮎瀬弥五郎の墓碑、
階段上のお堂の中に
宇都宮尚綱の供養塔がありました。

昔は早乙女坂(そおとめざか)と
いわれていました。
天文18年(1549年)に
2000余騎の宇都宮尚網の軍と
500余騎の喜連川城主塩谷氏とが戦い、
宇都宮尚綱が鮎瀬弥五郎の矢で戦死、
大将を討たれた宇都宮軍は敗退しました。
坂の名は、この鮎瀬弥五郎にちなんで
「弥五郎坂」と呼ばれるようになりました。
早乙女坂古戦場 付近
<合戦の時期>
 合戦の時期は2説に分かれているとのことです。
1つは1546年5月13日説。
そしてもう1つは1549年9月27日説。
多数の史料では、1549年9月27日に
早乙女坂の戦いが起こったとされています。

<合戦の原因>
宇都宮氏の領土拡大、
古河公方足利晴氏の命によって
宇都宮氏が那須氏を攻撃、
宇都宮尚綱に殺害された
芳賀高経の子高照と
那須氏が結びついての那須氏の挙兵等々と
原因は多岐にわたるとのことです。

早乙女坂のある場所は、
宇都宮氏と那須氏との境目に
あたっているため、
この地では両者の攻防戦が
幾度か起こっていました。

<合戦の様子>
宇都宮軍の兵力は2000余騎、
これに対し那須軍の兵力は300余騎。
両軍とも、領内各地から総動員しての出陣でした。
合戦は宇都宮軍の優勢でしたが、
那須一族伊王野氏の家臣である
鮎ヶ瀬弥五郎実光の弓矢によって
宇都宮尚綱は戦死。
尚綱の戦死によって形勢は逆転し、
宇都宮一族の上三川城の
横田兄弟5人も戦死したとのことです。
早乙女坂古戦場 手前

strong>【所在地】
〒329-1414 栃木県さくら市早乙女1761

※訪れた時期は9月でした。

宇都宮城~800年の歴史を誇る関東七名城~宇都宮氏が築城し本多正純が築いた城下町

烏山城~下那須氏が築城した北関東有数の巨大城郭で国の史跡、蛇姫伝説があります。

那須神田城~那須氏最初期の居城であり、那須与一宗隆の生誕の地とされています。

白旗城(本城山)~「白旗」の地名は源頼義の前九年の役の戦揃えが由来、築城者の大関氏について。

黒羽城~大関高増が戦国期に築城し、黒羽藩として明治まで存続、松尾芭蕉も城下に滞在しました。

大田原城~武蔵七党・丹党の一族である大田原氏が築城、326年間外様城主大名として存続。

上三川城~多功城と共に宇都宮城の南方の防衛の支城で現在は城址公園です。

下野・横田城~宇都宮一族の横田氏の居城、のちに上三川城に移りました。

飛山城~宇都宮氏の家臣である芳賀氏の居城で築城は鎌倉時代、国指定の史跡です。

祖母井城(芳賀城)~代々宇都宮氏の家臣であった祖母井吉胤が築城、往時は大城郭だったとのこと。

古河公方館跡~古河公方とは?関東における戦国時代の幕開けの存在

大蔵ヶ崎城(喜連川城)~平安時代の末期に塩谷氏が築城し400年統治後は足利氏の後裔である喜連川氏の居城。

関連記事

  1. 若き長宗我部元親像 戸ノ本古戦場 (長浜の戦い)・長宗我部元親の初陣
  2. ペリー上陸記念碑(久里浜) ペリー上陸記念碑の建設とペリー一行が久里浜に上陸した経緯について…
  3. 椎の木屋敷(愛知県刈谷市) 椎の木屋敷~徳川家康の生母である於大の方が松平広忠との離縁後に住…
  4. 藤ノ木古墳 藤ノ木古墳~国の史跡、盗難にあわず大切に守られてきた円墳で被葬者…
  5. 鎌刃城遠景 鎌刃城跡~攻防の境目の城~最後の城主は堀秀村、家老は樋口直房。
  6. 武田義清 甲斐源氏旧蹟之碑 武田義清(源義清 (武田冠者))~常陸国出身で配流となった先の土…
  7. 阿弥陀寺御三階 阿弥陀寺御三階~かつては若松城(鶴ヶ城)本丸にあった殿様密談の場…
  8. 日向薬師(神奈川県伊勢原市) 日向薬師~日本三大薬師の一つで開山は奈良時代、薬師如来の霊場とし…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 源義朝の墓(鎌倉)、忠臣の鎌田政家(政清・政長)と共に眠るもう一つのお墓。 源義朝と鎌田政家(政清)の墓

ピックアップ記事

  1. 晴明橋公園 筑西市 生誕地
  2. 三沢秀次 溝尾茂朝
  3. 山崎山城遠景
  4. 河津さくらと川
  5. 武田信義館跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP