城跡

岡本城(安房国)~里見氏城跡として国の史跡に指定、里見水軍の拠点として改修されています。

岡本城(安房国) 安房里見氏



スポンサーリンク



【岡本城【安房国)】

岡本城(おかもとじょう)は、
千葉県南房総市富浦町豊岡にある日本の城です。
安房里見氏の居城でした。
国の史跡に指定されています。

里見氏は、
戦国時代から
江戸時代初頭にかけて
10代170年にわたり
房総半島南部
(上総国・安房国)を支配した一族です、
「房総里見軍記」などの軍記物のほか
「南総里見八犬伝」など
後世の伝奇小説のモデルになったことでも
知られています。

岡本城は、里見氏家臣である
岡本通輔の築城と伝えられていますが、
里見氏第7代里見義弘が
小田原北条氏に対抗する
水軍拠点とするため、
岡本安泰より譲り受け、
元亀3年(1572年)に改修しました。

岡本城(安房国)そばの海

里見義弘の死後は、天正8年(1580年)に
嫡男の梅王丸と後継を争って
勝利した弟の里見義頼の本拠となりました。
天正19年(1591年)
里見義頼の子である里見義康
本城を館山城に移したことで廃城となりました。

岡本城(安房国) やや遠景

城跡は東京湾を望む
標高66mの丘陵にあり、
城域は東西600m、
南北300mに及んでいました。
山頂を中心とする8つの曲輪と
腰曲輪からなり、
山頂から北東に広がる曲輪は
港としても機能していたと
考えられています。
発掘調査では、
中国製陶磁器等の遺物や、
高層掘立柱建物跡の
可能性がある遺構が
検出されたとのことです。

岡本城(安房国)

明治31年、
城域東側の聖山の松の木を
「里見公遺愛の松」として碑が建立されました。
明治44(1911年)には、
聖山を「里見義頼公ノ創建セラル岡本城跡」として、
里見大権現が奉祀されており、
地元の人々から特別な場所として
崇拝されていたとのことです。
聖山の松の木は大正末年に
枯れてしまったとされ、
写真も現存しないとされていましたが、
2011年に、この松の木が写っている
戦前の絵葉書の存在が確認されました。

2012年(平成24年)1月24日、
里見氏城跡 稲村城跡 岡本城跡」として、
稲村城とともに国の史跡に指定されました。

岡本城(安房国) 登城口

【縄張形態】
平山城(海城

【標高(比高)】
56m(45m)

【築城主】
岡本氏か

【主な改修者】
里見義弘

【主な城主】
岡本氏、里見義頼、里見義康

【遺構】
空堀、石塁

【所在地】
〒299-2402
千葉県南房総市富浦町豊岡字宮ノ台1番1 他

【交通アクセス】
(電車)
JR内房線「富浦」駅から徒歩10~20分
(車)
館山自動車道「鋸南富山」ICから20分程度

【駐車場】
専用の駐車場はありません。

白浜城 (安房国)~安房里見氏の始まりの城、里見義実が拠点としました。

三舟山(三船山)古戦場~北条氏政VS里見義弘の激闘の結果、里見氏の勝利で勢力挽回の契機 

稲村城 (安房国)~天文の内訌の舞台の城、古代以来安房国内で 最も生産性の高い地域。

安房勝山城~里見水軍の本拠地の海城、安房に逃れた源頼朝を迎え入れた安西氏の出城との伝承有り。

造海城~真里谷氏が築城、里見水軍の拠点として活用、灯籠坂大師の切通しトンネルは必見です。

勝浦城~築城は真里谷氏、後に正木氏の城で、最後の城主はお万と三浦為春の父の正木頼忠。

金谷城~上総と安房の国境の城、天文の内訌で謀殺された里見実堯が在城していたと云われています。

鹿野岡城~鴨川富士に築かれ、近年になって城址と判明された城跡で登山道整備。

館山城と八遺臣の墓~安房里見氏最後の城であり、南総里見八犬伝のモデルとなった8人の家臣が眠っています。

佐貫城~室町中期から幕末まで 城主が替わりながら存続、経済交通の重要地でもありました。

関連記事

  1. 平将門公本據豊田館跡 平将門公本據豊田館跡~平将門誕生の地と伝わる場所、後に豊田氏の向…
  2. 高幡城跡  高幡城跡~新選組・土方歳三の菩提寺である高幡不動尊~分倍河原の戦…
  3. 勝間田城跡 説明 勝間田城跡~かつての名門一族の支配地は茶畑が広がる丘陵地
  4. 神岡城 模擬天守 神岡城跡(東町城)~築城は飛騨の国人である江馬氏~父は武田、子は…
  5. ウエンベツチャシ ウェンベツチャシに行ってきました。
  6. 小館稲荷神社(黒川西館) 黒川西館~会津若松城下町の発祥の地にあった伊達政宗が母と弟に毒殺…
  7. 安芸・鎮海山城 鎮海山城、能島村上氏の当主である村上武吉の城、嫡男の村上元吉の墓…
  8. 史跡 福山城跡 福山城~日本100名城、2022年に築城400周年を迎えます。撮…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 西山本門寺・織田信長公の首塚~感銘を受けた富士山の麓で眠っています。 西山本門寺 梵鐘と大銀杏と本堂

ピックアップ記事

  1. 伊東祐親公の像
  2. 神宮寺城跡(常陸国)
  3. 明智光秀 桔梗
  4. 望月東庵
  5. 鎧神社
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP