史跡・城跡

最誓寺(伊東市)~伊東家のお墓及び千鶴丸の菩提寺として~伊東七福神巡りは寿老人です。

最誓寺(伊東市)



スポンサーリンク



【最誓寺】

宝珠山最誓寺(さいせいじ)。
創建は鎌倉時代初期で、
江間小四郎と八重姫の発願により
開基されたと伝えられております。
源頼朝との間にもうけた千鶴丸を
八重姫の父親である伊東祐親に
よって殺され、
その菩提を弔うために建立されたとのことです。
その時の寺の名前は西成寺で真言宗であったそうです。

慶長元年(1596年)に宗銀が曹洞宗に改修し、
その時に寺号も最誓寺(さいせいじ)と改めたそうです。

最誓寺 山門

本尊は阿弥陀如来で、
八重姫が奉納した千鶴丸地蔵菩薩像が
安置されているそうです。

境内には伊東家のお墓があります。
この伊東家のお墓は元々東光寺にあったそうです。
その東光寺は伊東氏の衰えと共に、
江戸時代末期には廃寺となり
一族の宝篋印塔や五輪塔などが
東林寺を経て最誓寺に移されたそうです。
五輪塔10基あります。

伊東家のお墓

伊東家の墓は伊東の歴史を語る貴重なものとして
昭和34年(1959年)に伊東市指定史跡に指定されました。

境内にある大ソテツ(推定樹齢600年)も
伊東市指定天然記念物に指定されました。

【伊東七福神】
寿老人
頭の長い、短身の老人。
つえ、うちわを持ち、鹿を連れています。
長寿を授ける神様とのことです。

【所在地】
〒414-0032 静岡県伊東市音無町2−3

【交通アクセス】
JR「伊東」駅より徒歩15分程度。
音無神社の道路1本隔てたお隣です。

葛見神社~神の手のような巨大なクスノキが鎮座する伊東家守護の古社で樹齢は全国第2位!

真珠院・八重姫御堂~八重姫とは?父親たちの選択によって明暗を分けた娘たち。

女塚史跡公園~八重姫の5人の侍女たちの終焉の場所と伝わる処です

音無神社~源頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた伝承の地~ひぐらしの森で待ちわびて音無の森で密会♪

日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮遺跡(弥生時代)の場所でもあります。

稚児ケ淵~頼朝と八重姫の子・千鶴丸が沈められたと伝わる場所~松川の上流です。

頼朝一杯水~頼朝が伊豆山への逃避中に休息し水を飲んだ場所

蛭ヶ小島~源頼朝が20年間過ごし北条政子と夫婦となった配流地~

伊豆山神社~頼朝が伊東祐親より逃げ込み、政子との逢瀬を重ねた伊豆の地名の発祥の地

伊東佑親~源頼朝の配流地の監視役で八重姫の父であり、北条義時・曽我兄弟・三浦義村の祖父。

伊東佑清~八重姫の兄で曽我兄弟の叔父、親交のあった源頼朝を父から助けるが平家方につく。

関連記事

  1. 金時神社・金時公園 金時公園~伝・坂田金時の誕生の地、静岡県駿東郡小山町~源頼光に見…
  2. 新田義貞公と勾当内侍の墓 新田義貞公と妻の勾当内侍の墓~花見塚神社~つつじに見守られてひっ…
  3. 鎌刃城遠景 鎌刃城跡~攻防の境目の城~最後の城主は堀秀村、家老は樋口直房。
  4. 渋谷氏長後居跡(長後天満宮) 渋谷氏長後居跡~河崎基家が館を構え、その子である河崎重家、さらに…
  5. 長井道利 長井道利~中濃衆~義龍に父との決別を促し明智を滅ぼす・出自も最期…
  6. 佐藤忠能 佐藤忠能・佐藤忠康父子と娘の八重緑と加治田城攻防~織田信長の東美…
  7. 名熊の二本杉(源頼朝伝説) 名熊の二本杉~源頼朝が地にさした箸が立派に成長して日本の杉になり…
  8. 仁右衛門島 仁右衛門島~源頼朝が身を隠し潜んだ場所で、頼朝一行を洲崎から案内…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 文覚~元は北面の武士だが恋する女性を殺めて19歳で出家、源頼朝に挙兵を促した型破りな怪僧 奉安殿

ピックアップ記事

  1. 鈴垂城跡(遠景)
  2. 新田義貞公と勾当内侍の墓
  3. 東大寺南大門金剛力士像
  4. 青木城跡 横浜
  5. 賀儀(がぎ)城 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP