鎌倉殿の13人

日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮遺跡(弥生時代)の場所でもあります。

日暮八幡神社



スポンサーリンク



日暮八幡神社
創建は不明ですが、
地域住民の氏神として信仰されている八幡宮です。
伊東市街を流れる松川(音無川)の西岸にあります。

<ご祭神>
誉田別命(ほむだわけのみこと)

<例祭>
9月15日

<ご利益・パワースポット>
五穀豊穣、家内安全、安産の守護神として
人々に崇敬されてきました。

<日暮遺跡>
この周辺からは
弥生時代前期から古墳時代前期にかけての
集落遺跡が発掘され、日暮遺跡と名づけられました。
壷や甕、勾玉や石斧などが出土したとのことです。
一部は、竹の台にある
伊東市文化財管理センターに収められ、
展示されているとのことです。

日暮八幡神社 石碑と祠

源頼朝が日暮れまで過ごした森>
伊豆に流されていた源頼朝
伊東の「北の小御所」と呼ばれる地で暮らしていた頃、
伊東祐親の娘である八重姫と恋仲となり、
近くの音無の森で逢瀬を重ねていました。
彼女に会える日暮れまでの時間を
この鎮守の森で過ごしたのが、
日暮八幡の名の由来と言われているそうです。

<日暮神社 ひぐらしの森 由来>
日暮神社 ひぐらしの森由来

【所在地】
〒414-0013 静岡県伊東市桜木町1丁目2−10

【交通アクセス】
JR「伊東」駅より徒歩15~20分程度。

【駐車場】
専用の駐車場はありません。
車で来られた方はコインパーキングに駐車して
伊東市内を巡られてはいかがでしょうか?
見どころがたくさんあります。

源頼朝の生涯~武家政治の創始者~武家源氏の主流の御曹司でイケメンだったそうです。

伊豆山神社~頼朝が伊東祐親より逃げ込み、政子との逢瀬を重ねた伊豆の地名の発祥の地

音無神社~源頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた伝承の地~ひぐらしの森で待ちわびて音無の森で密会♪

最誓寺(伊東市)~伊東家のお墓及び千鶴丸の菩提寺として~伊東七福神巡りは寿老人です。

真珠院・八重姫御堂~八重姫とは?父親たちの選択によって明暗を分けた娘たち。

女塚史跡公園~八重姫の5人の侍女たちの終焉の場所と伝わる処です

稚児ケ淵~頼朝と八重姫の子・千鶴丸が沈められたと伝わる場所~松川の上流です。

頼朝一杯水~頼朝が伊豆山への逃避中に休息し水を飲んだ場所

蛭ヶ小島~源頼朝が20年間過ごし北条政子と夫婦となった配流地~

関連記事

  1. 常楽寺 仏殿 北条泰時~第3代執権で道理の人~北条執権政治の中興の祖で御成敗式…
  2. 島根県の海 後鳥羽院(後鳥羽上皇)、承久の乱を起こし文武両道多芸多能で怨霊伝…
  3. 宗悟寺 比企一族顕彰碑 比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕…
  4. 稲毛重成と枡形城~秩父一族で畠山重忠とは従兄弟、相模川の橋を架橋…
  5. 相模湾 遠くに材木座 牧宗親~北条時政の継室である牧の方の兄(もしくは父)、源頼朝と北…
  6. 法善護国寺 二天門 大弐局 ~加賀美遠光の娘で兄弟には小笠原氏・南部氏がおり、源頼家…
  7. 名熊の二本杉(源頼朝伝説) 名熊の二本杉~源頼朝が地にさした箸が立派に成長して日本の杉になり…
  8. 筑波山 筑波山神社~万葉集にも登場する「筑波」~山頂からの眺め良し!日本…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 設楽城跡~鎌倉時代初期に設楽氏が築城した愛知県で最も古い城跡であるそうです。 設楽城跡

ピックアップ記事

  1. 逗子
  2. 反町館跡
  3. 本多忠勝像(岡崎城)
  4. 蛇苦止堂 蛇苦止明神
  5. 東伊豆の海 豆州
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP